rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
stockholmで観光客になる…その4
b0119705_6184314.jpg

* 鰯のオープンサンド

北欧料理と言えばサーモン、鰯に甘海老、そして忘れてはならないミートボール。
ということで、今日はスウェーデン料理の紹介です。

上の鰯のサンドは色々とバリエーションもあるようですが、今回は「美味しい!」と噂の鰯サンドです。
これも長年この地にすんでいながら今まで食べたことのなかった、Slussen(スルッセン)の駅前広場にある屋台の鰯サンド。
噂に聞いたとおり、期待を裏切らない美味しさで、大満足。
我が家の観光客(妹達)と一緒に2回も食べに行きました。

これはknäckis(クネッキース)というもので乾燥ライ麦パン(knäckebröd クネッケブロードという)の上に、パン粉(小麦粉かな?)をつけてステーキした鰯をのせてあるだけなのですが、きゅうりの塩ピクルスの酸っぱさと、紫玉葱の辛さが妙にマッチしていてナ〜イスな組み合わせ。Stockholmに来られる方、これは是非お試しあれ!
他に、薄いパン(ピタパンにような)にマッシュポテトと共に巻いてある、確かStrömmingroll (ストロミングロール)とかいうのと、ハンバーガーのパンにはさんである鰯バーガーもあります。




b0119705_620441.jpg

*Toast Skagen(トースト・スコーゲン)

こちらでは生の甘海老を入手するのは難しいのですが、茹でてあるのはどこのお店にいっても手にはいります。Skagenというのはデンマークのある土地の名前ですが、どうしてSkagenなのか・・・名前の由来ははっきりとしていないようです。
実は先日まで私はこの名前をSkogen(スコーゲン)森という意味だと勘違いしていて、どうして海老なのに森なんだろう「(゚ペ) ・・・って思ってましたがー
調べてみてビックリ!お恥ずかしい・・・

で、どんなのかっていうと

茹でた甘海老をマヨネーズ、Crème fraiche(クレームフレッシュ)、にディルとチャイブレモン汁を混ぜあわせてパンの上にのせるだけの簡単料理(さーっすがスウェーデン料理!)
これはトーストしたパンですが、バリエーションとしてはライ麦パンのもあるようです。

今回我が家の観光客と行った市場では他のものを食べたので、これは家でつくったもの。

Östermalmshallen(オステルマルム市場)にある魚屋さんに隣接したレストランのSkagenは海老が飽きるほど一杯乗っていて食べごたえ有りのお勧めです。


そして、こちらはお馴染みの
b0119705_61021100.jpg

*スウェーデン風ミートボール

どこがスウェーデン風なのかというと…

ミートボール自体は家庭により色々とレシピが異なるようですが、
基本的にはハンバーグと同じような材料で、ミンチ肉、玉葱みじん切り(炒めたのでも生のままでも)もしくはすりおろしたのも(これは義母のレシピ)パン粉に牛乳少々、卵は入れたり入れなかったり。味付けは塩とホワイトペッパー、ナツメッグ。ソース無しでもそのまま食べられるくらい、塩分は結構強め。
そして、形はかなり小さめのボール状にするところがスウェーデン風。
お店によってはかなり大きめのミートボールが出てくる事もあります。一度テニスボールほどの大きさのものを食べた事もありますが、焼くのは難しいだろうな〜。
それから、生クリームがたっぷり入ったグレービーソースとlingonberry(リンゴンベリー・日本名はコケモモ)のジャムで頂くのもスウェーデン風。

上の写真はDrottningholmのレストランで食べたもの。
自家製の(であろう…)まだ酸っぱさが一杯のコケモモのさらっとしたジャムと塩漬けピクルスとグレービーソースを新ジャガとミートボールにからめて頂いた上級の味でした。
こちらもお勧め!


デザート部門ではやはりこの時期、なんといっても摘みたてのベリー類が最高!

b0119705_6204147.jpg

*ラズベリーとカシスのチーズタルト

一般的にはバニラクリーム(カスタードクリームのようなもの)をタルト生地にフィリングするのだけど、これは我が家流です。
お馴染みダイジェスティブを砕き、バターを加えた生地のチーズタルトにレモンカードをたっぷり塗り、摘みたてのラスベリーとカシスをのせて作りました。
甘酸っぱさがなんともいえません。。。
P様作ですが、レモンカードは母の初挑戦もの。

最初いつものように、見知らぬものは一応全て否定する主義のP様が「レモンカードは嫌い(食べた事無いくせに…)だからつかわないよー。」っていってたのに、出来上がったタルトにはちゃんと使用されていた。
しかも...
「これ美味しいじゃん!」だって、、、さっすがーP様!


あっ、サーモン料理がないー( ̄Д ̄;;

ということで、サーモン料理はまた次回に・・・


今日は美味しいものいっぱい紹介させていただきましたよ〜
ごっくんと、生唾の出た方は是非、こちらのクリックをよろしく!☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
5PHOTO 写真&イラスト投稿
[PR]
by roriecocco | 2009-08-20 07:16 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://roriecocco.exblog.jp/tb/11756164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。