rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北欧のシンプルで素敵な暮らし方をご紹介!
この夏に取材したお仕事の本が出来上がりました!

b0119705_5242645.jpg


シンプルを楽しむ北欧の幸せのつくり方-スウェーデンで見つけた心地よい暮らしのレシピ- エディシォン・ドゥ・パリ社出版

ジャーナリストの友人yukaさんからお声がかかり、
KIKIのオーナーでもあるナオさんと
3人で仕上げた素敵な北欧の暮らし方を紹介させていただきました。
長期にわたりストックホルムに滞在されたカメラマンの
加治枝里子さん
、思いもかけずストックホルムでおめにかかれた
デザイナーのセキユリヲさん、東京で頑張ってくださった編集の方々、
全員女性(だったかな?)の女だらけで頑張りました!

取材させて頂いたかたがたの自然体でナチュラルなライフスタイルに触れ
私自身も、北欧流幸せのつくり方を改めて学ぶことができました。

日本からは遠く離れた国ですが、
どこか日本人に似た感覚やセンスのあるスウェーデン。
日本のみなさまにも、きっと幸せつくりのヒントがみつかると思います。

リサーチ、ロケハンから取材、そして原稿書きまで、
大変だったけれど、
そんな苦労も吹っ飛んでしまうほど
素敵な本にしあがりました。


是非、手にとってごらんください!
[PR]
by roriecocco | 2011-09-23 18:30 | イベント | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://roriecocco.exblog.jp/tb/16324109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mauna_lani at 2011-09-24 01:34 x
おつかれさま!早速、シェアしました(*^^)v 
Commented by roriecocco at 2011-09-24 05:38
*mauna_laniさん
早速、ありがとうございました!!!
Commented at 2011-09-28 11:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roriecocco at 2011-09-28 21:05
*09-28のカギコメさん
コメントありがとうございます!
これからも、食を中心にスウェーデンの色々なシーンを発信していきたいと思います。よろしくお願いしま〜す。
また覗きにいらして下さいね!
Commented by naotan at 2011-10-07 18:03 x
遅ればせながら出版記念、おめでとうございます。
早速、アマゾンでお取り寄せし、見させて頂きました。
ステキステキ、本の形も写真の色合いも、レイアウトも、デザインも…。ハートをわしづかみにされましたぁ〜♪
(帯の形もこだわってるぅ〜)

特に疲れている日の夜に似合う本です。(日中、心穏やかに過ごせない日にぴったりだわ)
Commented by roriecocco at 2011-10-10 05:46
*naotanさん
お買い上げ、ありがとうございます!
デザイナーさん(セキユリヲさん)が素敵なデザインに仕上げてくださいました。
ナチュラルなライフスタイル、日本の皆様にも生きるヒントになるとうれしいです。