rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イースター前の木曜日
b0119705_7245022.jpg



今日は聖木曜日と呼ばれ、復活祭前の木曜日はイエスが弟子たちと最後の晩餐を祝った日。
この日イエスは弟子たちの足を洗ったと記されている事から『洗足木曜日』ともいわれるそうです。
スウェーデン語ではSkärtorsdag(シェールトーシュダーグ)といいます。

今日の午後から復活祭の休暇にはいります。
学校も明日から1週間おやすみです。

スウェーデンではイースターバニーよりも
イエスが死から甦った日をお祝いするということで、
新しい生命の誕生を象徴する卵とひよこがモチーフになります。

私も今日はこんなかわいいひよこのお菓子をいただきました!
b0119705_6435174.jpg

去年飾っていた卵の飾りと一緒のショット。

街の中は卵だらけ…
b0119705_6442837.jpg

こんな卵形のケースにお菓子をいっぱい詰めてプレゼントします。

この時期はお菓子の消費が半端でないという…
本当にこちらの人は甘い物がお好きなようです。

当然、お菓子やさんのディスプレイにも、この時期『力』が入ってます。
b0119705_6451738.jpg

b0119705_6452975.jpg

b0119705_6453927.jpg


そして
お花屋産は黄色一色!
b0119705_646077.jpg

b0119705_6445255.jpg

b0119705_6445670.jpg

b0119705_6443630.jpg


冬が長いこの国の『春』は、やっぱり特別なもの。
心の底から春の到来をお祝いします。

今年はあいにくのお天気で、春がまた遠くへ行ってしまったようなここ数日ですが、
気持ちはすっかり春です!

ルン、ルン、ルン。。。


昨年のイースターの様子はこちら


みなさん、たのしいイースターをお過ごしくださ〜い!

Glad Påsk!
[PR]
by roriecocco | 2012-04-06 07:31 | グリーティング | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://roriecocco.exblog.jp/tb/18088516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-04-06 20:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by チャッピー at 2012-04-06 20:38 x
復活祭・・・日本だと、どうしてもクリスマスに気分が集中(?)するけれど、クリスチャンにとってはむしろ復活祭のほうが大きな意味があるのかもしれませんね。
『やかましむら』でイースターの描写が出てきて、子供だった私はなんて楽しそうなんだろう!!とワクワク気分を疑似体験していました。写真を拝見していると、それが現実になったみたいな感じです(*^^)v
Commented by roriecocco at 2012-04-11 23:14
*チャッピーさん
コメントのお返事が遅くなってしまってごめんなさい!
『やかまし村』の雰囲気は今でも自然野外博物館のSkansenに行けば充分味わえます。いつかきっと、いらしてくださいね^ ^

子どもたちは幾つになっても母として親としての気苦労は絶えませんよね...