rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イースターの夕餉 Påskmat
b0119705_3265993.jpg

イースターには欠かせない卵料理の代表はこれ
スタッフドエッグ。(スェーデン語ではfyllda äggで同じ意味)
詰め物はエシャロット、マヨネーズ、crème fraiche、塩、こしょう、レモン汁、パセリ。
トッピングはオーブンでドライにした生ハム、キャビア、チャイブ、ディルと紫玉葱。
巣にみたててアルファルファを下に敷きました。

でも…
実はこれ、ちょっと前から今年はこれでいこう!と考えていたにもかかわらず、
当日すーっかり忘れてしまい  ( ̄Д ̄;;
食べ終わってから気がついた!
相当に抜けていた私でした。
写真はその翌日の昨日、意地でつくったもの。

来年は卵の殻付きでつくろう!
もっと巣っぽく見えてストーリーを感じるもの。
忘れていいなければ・・・


こちらがイースターイヴの日の食卓に上がったもの。

b0119705_3272063.jpg

な〜んか物足りないな…って思っていましたが… 泣


それからスウェーデン料理を代表するこの1品
b0119705_3274198.jpg

ニシンの酢漬け(スウェーデン語ではsill/シルといいます)
普通は茹でたてのジャガイモと一緒にお皿に盛りつけますが、
一口で食べやすいよう、小ぶりのジャガイモを半分に切ってそのうえに全部のっけちゃいました。
gräddfilというサワークリームとヨーグルトの中間くらいのクリームをかけ、
ゆで卵と一緒にいただきます。

ニシンの酢漬けも種類はいっぱいありますが、一番のお気に入りはこちら
b0119705_328075.jpg

Matjessill(マッチェシル)
こちらも種類はいくつかありますが、
この日はスパイシーバージョンしかなかったので。


そして、今年初めてみかけたのはこちらの話題のハーブトーン入り
b0119705_328886.jpg

カチアさんのハーブトーンシルだって。
ハーブトーンとは木の実の一種で、ビタミンが豊富に含まれていて、抗酸素効果があるそうです。
瓶の中にみえるオレンジ色の実がそうです。

うちはあまり消費しないのでいつも市販のものをつかいますが
自家製だともっと美味しいかもね・・・



それから今年はこんなのもつくりました。

b0119705_32959.jpg

レシピではパルメザンチーズをおろして作るとかいてあったけど、
うちにあったスウェーデンのチーズの王様västerbottensostでつくりました。

粗く削ったチーズをフライパンで焦げ目が付く直前まで焼いて少しさまし、グラスを逆さにした上にのせ型をつける。


この容器に詰めてできた1品はこちら

b0119705_3285926.jpg

茹でた甘海老(こちらでは冷凍で売っています)の皮を剥き、
スモークサーモンとキャビアと一緒にcrém fraiche とマヨネーズ、レモン汁、塩、ディルを混ぜたクリームで合える。
要はこっちでつくったToast skagenをちょっとアレンジしたもの。

さて、メインは普通ラム肉なのですが、
我が家はサーモン(また・・・)

b0119705_3292450.jpg

塩こしょうしたサーモンにマヨネーズをぬり、アーモンドをくっ付けて焼く。
ちょっと焦げてしまったけど…

b0119705_3291485.jpg

付け合わせのポテトサラダはスウェーデン風。
マヨネーズであえるのではなく、またあのcrém fraicheも一緒にまぜま〜す。
レモン汁を搾ってシンプルにポテトと紫玉葱だけでつくります。
付け合わせには味が主張していなくてちょうどいいかも。


ちなみに…
一昨年とその前はサーモンバーガーでした。



しかし…
春はまだかいな「(゚ペ)
[PR]
by roriecocco | 2012-04-10 04:01 | food | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://roriecocco.exblog.jp/tb/18110130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼぶりん at 2012-04-10 08:37 x
いつも素晴らしいお料理に感心させられます。工夫次第で変身できるんですよね。。。感服いたしました。
私もお料理は好きなので とても参考になりますが とてもrieさんのようにはできません。今回 夫がそばにいたので 見せた所 「勿体なくて 食べられない」と 申しております。 私のてんこ盛りに馴れているせいです(笑
Commented by naotan at 2012-04-10 11:53 x
相変わらずアイデア満載のお料理の数々。
そして今回、私が一番気になったのは、
ポテトサラダを入れてらっしゃる器。ドット柄のテーブルクロスにぴったりの器ですね。どこの器なのかな〜?
Commented by roriecocco at 2012-04-11 23:18
*ぼぶりんさん。
いつもお優しいコメント、ありがとうございます!
いつもと少し違うお皿を使ったり、テーブルクロスやちょっとしたセッティングで随分お料理もひきたつものです。
一度お試しになってみてください。
お料理も目で食べるともいいますから...^ ^
Commented by roriecocco at 2012-04-11 23:37
*naotanさん
ポテトサラダの器は、昨年蚤の市でみつけたビンテージものです。
スウェーデンGustavsberg窯で1965-1970年に製造されたものでLinnea(リネア)というシリーズものです。
モチーフは植物学者Linnè(リネ)が発見した植物です。
可愛いでしょ!?
Commented by naotan at 2012-04-27 16:59 x
rieさん、ありがとうございます。
早速グスタフスベリ調べました。どのシリーズもステキですね♪
お値段、ビックリしました。
蚤の市、行ってみたいです。
Commented by roriecocco at 2012-05-02 04:34
*naotanさん
こちらにいらっしゃった時はどっさりと買い込んで行って下さい(笑)