rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ちょっと前に行ったローゼンダールの収穫祭
b0119705_5593227.jpg

8月最後の週末にRosendalsträdgård(ローゼンダール園)で行なわれた収穫祭

ローゼンダールの庭で採れたお野菜を使って
有名シェフさんたちが腕をふるってくれるという
ストックホルムの旬のレストランとローゼンダールがコラボしたイベントです。

参加レストランは
Gastrologik,
Oaxen
Mathias Dhalgren,
Mistral,
Svartengrens

どこも屈指の高級レストランで、普段はなかなか行けないところばかり…
この日はちょっとカジュアルなロケーションで、ちょっとカジュアルなプライス、
またとないチャンスです!

会場はローゼンダール城の前に広がった、普段はお花やお野菜が栽培されている所です。

スウェーデン人って、どこまで野外がすきなんでしょう。。。

だけど流石!
テントの張り方や、入り口のアーチにつるされたお野菜にもセンスのよさが伺われます。

調理も野外で行なわれるので、
シェフの手さばきを目の前でみれ、これもちょっと面白い。

b0119705_603726.jpg

テーブルセッティングは穫れたてお野菜でアレンジ

b0119705_605944.jpg

b0119705_61632.jpg

ローゼンダール自家製のバターとパン

ただひとつ、残念だったこの日のお天気。。。

雨…
b0119705_613380.jpg


時々、豪雨のように降ったりもしましたが…

b0119705_614213.jpg


お肉の焼ける香りと勢いよく上がる炭火の炎で、気分は上々。



b0119705_615418.jpg

100人分のお料理が準備されています。
左上はOaxenのオーナーシェフ

これから調理されるお花やお野菜がさりげなくおかれているのも素敵!
b0119705_622257.jpg

b0119705_6431426.jpg

石盤の上におかれているのも前菜に使われる食材
っていうのは、後で分かったのですが…

ウェルカムドリンクは緑がチリが効いたキュウリのジュース
赤いほうは、レッドビーツ。ほんのり甘いです。

さてこれから始まるお料理の紹介は次回に続きます。
[PR]
by roriecocco | 2012-10-14 07:19 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://roriecocco.exblog.jp/tb/19226122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。