rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
茸のクリームパスタ

b0119705_7494575.jpg


カンタレラ茸

この黄色い茸が市場やスーパーに並ぶと、夏もおわりかな…って感じます。
スウェーデンで一番ポピュラアーな茸かな。
香りも味も独特で日本では杏茸と呼ばれているようです。

b0119705_934420.jpg




先日森で収穫した茸と
茸を見つけている間に、摘み取らずにはいられなかった…ブルーベリー

b0119705_934947.jpg


Mandelkremla アーモンド茸の笠の裏側。 
ひだがとっても綺麗ですが、触るとぽろぽろとすぐに崩れてしまいます。



b0119705_7495462.jpg



見かけはちょっと怪しげだけど…
なかなか美味しい、Sandsopp 砂茸

b0119705_7504282.jpg



裏側のスポンジ状の部分は取り去ってしまいます。


そして、収穫した茸を使って
クリームパスタを作りました!

b0119705_7494949.jpg



だいたいのつくり方… 
アバウトなレシピで失礼致します。。。

1)茸は丁寧にブラシで汚れを落とし(採れにくい汚れは濡れたキッチンペーパーで拭き取る)

2)ベーコンを細かく切って、カリカリなるまで焼きキッチンペーパーで脂を取っておく。

3)パスタのお湯を沸かしている間に・・・
ガーリックとポロネギをみじん切りにして、オリーブオイルとバターで水分が無くなるくらいまで、よく炒める。

4)白ワインを回し入れ、更に生クリームをたっぷり入れ、パルメザンチースも入れ、少し煮詰める。

5)塩胡椒で味を整える。
*お好みで最後にお醤油を少々垂らしても美味しいです。

6)お皿に盛ったら、カリカリにしたベーコンをトッピングする。

*パセリのみじん切りもたっぷりと入れると美味しいですが、
この日はパセリを切らしていたので、代わりに葱の小口切りをトッピングしました。

色々な茸の味が混ざっていてブイヨンなんか必要ない、味わい深いソースになりました。
自然の恵み、思う存分に楽しませて頂きました!

続いて茸を使ったお料理もう一品は、明日のおたのしみ〜。



今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-09-05 07:47 | food | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://roriecocco.exblog.jp/tb/20955398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Cindra at 2013-09-05 14:44 x
Sandsoppは乾燥させるとうまみがぐっと出るといわれています。Stenmurkla(シャグマアミガサタケ)というすごく美味しいけれど、毒抜きにかなりの処置を必要とするきのこがあるんですが、乾燥させたSandsoppは Stenmurklaの代用品になるとまで言われています。私はStenmurklaを食べた事がないので、判断しかねますが・・・。
ちなみに、Stenmurklaは処理をしっかりしても、毒を取り除くのが難しいとされていて、きのこの専門家達は食べるのは控えた方がいいというのが大方の意見のようです。ネットで見るとフィンランドではマーケットで売っているようですけどね。
Commented by roriecocco at 2013-09-05 15:54
*Chindra さん
sandとstenの違いで、随分違うのですね。茸の判断は素人ではやはりかなり難しく、むやみに食べるのも怖いですね。。。
フィンランドで売られているStenmurklaは毒を処理して売っているのでしょうか、それとも皆さん毒処理に長けていらっしゃsるのかしら?
Commented by Cindra at 2013-09-06 03:26 x
SandsoppはStenmurkla見た目も勿論なのですが、季節が全く違うので間違える事はないです。が、確かにStenとSand・・・、この言葉だけだと同じ種類みたいに聞こえますね。
フィンランドで売られているのは毒処理はどうでしょう?
「毒性の明示と調理法とに関する説明書きの添付とを条件に、例外的に販売が許可されている。しかし、多くの外国人は正しい調理方法を知らず、興味本位で購入して中毒する恐れが高いため、フィンランド食品安全局(Evira)では、外国人向けの数ヶ国語のパンフレットを配布し、正しい食べ方の周知を呼びかけている」とWikiには載ってます。だから、毒抜きなしで売られているような気がしますが・・・。

このきのこの毒は水溶性で、アク抜きのために茹でているとその蒸気でも毒にやられると言うので、私は怖くて買えないです。100%毒抜きできる保証もないし。でも、かなり普通にフィンランドでは売られているようなので、フィンランド人は毒抜きのプロなんだと思います。
Commented by roriecocco at 2013-09-06 17:25
*Cindraさん
そうなんですか。。。ちょっと怖いですよね。
普通に市場で売られていると、大丈夫だと思ってしまいますものね。
でもStenmurklaって画像を観る限りでは、おどろおどろしくて食べる気がしないです。。。あ、でもちょっとキクラゲにも似てるかな(・・;)