rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

今年も素敵な夏のスウェーデン!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今年も華やかなノーベル賞授賞式
b0119705_01243427.jpeg
                       Copyright © Nobel Media AB 2013

アドベントのキャンドルも3本目に火が灯り、
いよいよあと1週間でクリスマスですね。

スウェーデンでは12月に入ると色々とクリスマス関係のイベントが目白押し。
日本と同じやはり慌ただしい月です。

ノーベル賞授賞式はクリスマスとは全く関係がなく、ノーベル財団主催で国の行事ではないのですが、世界でも最も話題に上る国をあげての行事です。
毎年12月10日のアルフレッド・ノーベル(スウェーデン語ではノベールと発音しますが…)の命日に賞授賞式と晩餐会が開催されます。
授賞式はコンサートホールで行われ、その後晩餐会は市庁舎が会場となるため、ストックホルムは各国の報道陣が増え騒がしくなります。
昨年からはイギリス国営放送BBCが宮殿の1室で受賞者を招き討論会が開かれるようになり、報道番組も充実してきました。
日本では受賞者がでない年は、まるで何もなかったかのように、
ほとんどニュースを聞く事もありませんね。

幸いスウェーデン国営放送SVTでは世界中に無料で発信していますので、日本からでも視聴できます。
残念ながらスウェーデン語のみですが、インタビューなどは英語で行っていますので、興味のある方は下のリンクからご覧ください。

こちらのリンクからどうぞ!

この日着飾った参加者のファッションも話題にあがりますが、今年はビクトリア王女がマンデラ大統領の葬儀出席のために欠席。 今年結婚された次女のマデレーンは妊娠中の身体を労ってという理由で欠席。
そのせいか少し華やかさに欠けた感じもしました。

会場を飾るお花は今年もGunnal Kaj(グンナル・カイ)氏
ファンとしては残念ですが、14年目の今年が最後になるそうです。

そして、毎年私が一番気になるのは晩餐会のメニューです。
このメニューは会場のデコレーションやエンタテーメントとともに全て、当日までテーマも極秘で内容は全く発表されません。
日本のように予測、憶測して週刊誌がすっぱ抜くというような事はなく、みんなおとなしく発表されるまでの楽しみにしています。

随分前置きがながくなってしまいましたが…
さて、今年のノーベル賞授賞受賞晩餐会のメニューはこちら!



先ずは前菜から
b0119705_01214029.jpeg
                      Copyright © Nobel Media AB 2013

・ホロホロ鶏のモザイク仕立て
・ゴットランド産の人参のテリーヌ、同じくゴットランド産トリュフ入りマヨネーズ、カンタレッル茸デュクセル添え(デュクセルとは細かく刻んだタマネギの種類だそう)


そしてメインデッシュは


b0119705_01182722.jpeg
                      Copyright © Nobel Media AB 2013


・海のザリガニ(英語ではロブスターとなっていましたが…)が詰まった、ヒラメのドーム

・ほうれん草とチーズクリームのタルト、海のザリガニのせ

・とんがりキャベツのテリーヌ、海のザリガニソースとアーモンドポテトのピュレ


*海のザリガニってこんな感じです。

http://roriecocco.exblog.jp/16127922/



デザートはノーベルの頭の中を再現


b0119705_01215156.jpeg
                  Copyright © Nobel Media AB 2013


・チョコレートシルエット ノーベルの横顔をチョコレートでかたどったもの。

・ミニミニブラウニーとハーブトーンソルベ(ここ数年話題のベリー、ハーブトーンが使われていますね)

・筒状のものはノーベルの発明したダイナマイトをチョコで再現したもの。中にはヘーゼルナッツ入りヌガーと塩キャラメルが入っているそうです。

今年のテーマ『アルフレッド・ノーベル』そのものを表現した締めくくりでした。


以前日本の報道陣が「たったの3品です!」と驚いたように報道していたのが、今でも印象的ですが…

スウェーデンでは前菜、メイン、デザートの3品が一般的なディナーメニューになります。
このような晩餐会でも質素で堅実なスウェーデン気質が出ている気がしますね。
質素とはいえ、国内でとれた食材を生かした手の込んだお料理だと思います。
出席者350人分を作る事を思えば、一大事業です。
73人のコックが4日掛かりで調理するそうです。
やはり、こころの籠ったお料理と言えるでしょう。

パフォーマンスはそれぞれのお料理の合間に披露され、晩餐会は延々3時間半にも及びます。

今年のパフォーマンスはノーベルと同じ時代に力強く生きた3人の女性を描いたオペラでした。


今年もこれがおわると、いよいよクリスマスだなと感じます。






[PR]
by roriecocco | 2013-12-17 18:46 | イベント | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://roriecocco.exblog.jp/tb/21664727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-01-02 14:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。