rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

今年も素敵な夏のスウェーデン!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:food( 322 )
茸のグラタン
b0119705_742175.jpg

森で採った茸を使ったもう1品は
『ライスグラタン』

b0119705_7421422.jpg



b0119705_742860.jpg


<アバウトなレシピ> ですみません。。。

1)玉葱、人参、ガーリック、残っていたズッキーニはみじん切りにし、
茸はスライスまたは大きめのみじんぎりにして、パスタの時とおなじように、オリーブオイルとバターで水分が少なくなるまで炒める。

2)暖かいご飯を投入し塩、ブラックペッパーで味つける。(これで充分ですが、物足りない方は野菜のブイヨンか、クレイジーソルトも入れて下さい)
茸風味の海塩、岩塩などでもいいでしょう。

3)そのままプラフふうに頂いてもいいし、ゆるめのベシャメルソースをかけていただいてもいいです。
写真ように、オーブンで数分焼き色をつけてグラタン風にしても食欲をそそります。

素材がいいと、こてこてと味付けするよりシンプルに美味しさを楽しむのが一番ですね!


そして、茸を採る合間に摘んで来たブルーベリーは

b0119705_7422278.jpg

ミューズリー(シリアル)とヨーグルトと一緒にそのまま頂きました。

ミューズリーとヨーグルトは朝食の定番ですが、
おやつとして頂いてもおいしいですね。




今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-09-05 21:01 | food | Trackback | Comments(0)
茸のクリームパスタ

b0119705_7494575.jpg


カンタレラ茸

この黄色い茸が市場やスーパーに並ぶと、夏もおわりかな…って感じます。
スウェーデンで一番ポピュラアーな茸かな。
香りも味も独特で日本では杏茸と呼ばれているようです。

b0119705_934420.jpg




先日森で収穫した茸と
茸を見つけている間に、摘み取らずにはいられなかった…ブルーベリー

b0119705_934947.jpg


Mandelkremla アーモンド茸の笠の裏側。 
ひだがとっても綺麗ですが、触るとぽろぽろとすぐに崩れてしまいます。



b0119705_7495462.jpg



見かけはちょっと怪しげだけど…
なかなか美味しい、Sandsopp 砂茸

b0119705_7504282.jpg



裏側のスポンジ状の部分は取り去ってしまいます。


そして、収穫した茸を使って
クリームパスタを作りました!

b0119705_7494949.jpg



だいたいのつくり方… 
アバウトなレシピで失礼致します。。。

1)茸は丁寧にブラシで汚れを落とし(採れにくい汚れは濡れたキッチンペーパーで拭き取る)

2)ベーコンを細かく切って、カリカリなるまで焼きキッチンペーパーで脂を取っておく。

3)パスタのお湯を沸かしている間に・・・
ガーリックとポロネギをみじん切りにして、オリーブオイルとバターで水分が無くなるくらいまで、よく炒める。

4)白ワインを回し入れ、更に生クリームをたっぷり入れ、パルメザンチースも入れ、少し煮詰める。

5)塩胡椒で味を整える。
*お好みで最後にお醤油を少々垂らしても美味しいです。

6)お皿に盛ったら、カリカリにしたベーコンをトッピングする。

*パセリのみじん切りもたっぷりと入れると美味しいですが、
この日はパセリを切らしていたので、代わりに葱の小口切りをトッピングしました。

色々な茸の味が混ざっていてブイヨンなんか必要ない、味わい深いソースになりました。
自然の恵み、思う存分に楽しませて頂きました!

続いて茸を使ったお料理もう一品は、明日のおたのしみ〜。



今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-09-05 07:47 | food | Trackback | Comments(4)
真夏の自家製 Fläderblom soda
b0119705_551860.jpg

昨日に引き続き今日も信じられない暑さの一日でした。

そんなときには…

そうそう、先日仕込んでおいたアレがあった〜!

ニワトコの花の濃縮ジュースです。
Fläderblom フレーデル・ブロームとは、スウェーデン語でニワトコの花のこと。

一昨年はいっぱい作ったのにイマイチだったのか、あまり消費されないままで、
少々、めげてしまい…昨年は作りませんでした。
そこで、今年は再度別レシピで挑戦しました!

因みに、一昨年のはこちら

先ずは、ニワトコのお花を15輪(っていうのかな?)ほど
b0119705_552444.jpg

今年も、
ニワトコのお花はお散歩途中にその辺で頂いてきました〜。

お家にこの木が無い人は結構こうして取っているようで、
どの木も下のほうの手の届くところのお花は少なくなっています。

お花に虫がついていることがあるので、良くふるい落とし
お水で綺麗に洗います。
ザルにあげ、水気がきれたら
b0119705_552626.jpg

輪切りにしたレモンとレモンの皮1個分と
b0119705_553571.jpg

ニワトコの花を一緒にボウルに入れ待機します。

b0119705_553020.jpg

皮の部分も使うので、
エコロジーな無農薬なものを使用したほうがいいでしょう。
それでも、綺麗に皮は洗ってくださいね。

鍋に0.5ℓのお水と5.5dℓのお砂糖を入れ沸かし、

それを
b0119705_554350.jpg

さっきのボウルに注ぎ込みます。
少し冷めたらレモン汁1個分も入れ、
後は冷蔵庫で3日程寝かせて出来上り!

冷蔵庫から出し時々混ぜてあげると、なお良いでしょう。











b0119705_554040.jpg

さあ、出来上がりました!
これを布巾で濾します。
b0119705_55486.jpg

布巾がなければ、キッチンペーパーでも大丈夫!

熱湯で消毒した容器に入れ、冷蔵庫で保管。
小分けにして冷凍すればもっと長持ちしますよ。

この量だと1ℓ弱なので、今年は飲み干しそうです。

今日はサッパリとソーダマシーンを使って
自家製ニワトコのソーダ水を作りました。
b0119705_555192.jpg

シュワ、シュワ〜っとサッパリ!
28度まで温度が上がった今日のストックホルム。
さわやかなソーダーでクールダウンできました。

今年のは成功したようです!
[PR]
by roriecocco | 2013-07-08 05:57 | food | Trackback | Comments(0)
ルバーブのパイ
b0119705_7491222.jpg

うっとりするような赤い色のルバーブが出回ってきました。

b0119705_7491710.jpg

緑色の部分は生唾がでてきそうなくらい酸っぱそうだけど、
なぜか赤い色にだまされます。
でもこれが、本当に酸っぱいんです!

コレをざくざくと切って、片栗粉を少し混ぜたお砂糖をまぶします。
お砂糖の量で甘さを調整できますが、
少しすっぱいくらいのほうが私は好きです。

うちでは、いつも一番簡単なクランチパイです。


b0119705_7492711.jpg

小麦粉にオートミールとココナッツフレーク、それにバターとお砂糖を手で混ぜて捏ねていきます。
ぽろぽろになった生地を、オーブン型にいれたお砂糖を絡めたルバーブの上にぱらぱらと振りかけ、そのままオーブンに入れて焼くだけの、本当に簡単なパイです。
b0119705_7492123.jpg


アツアツのパイとバニラクリームソースかバニラアイス、またはホイップクリームと一緒に頂くのが最高です!
b0119705_7493726.jpg




レシピは後程・・・
[PR]
by roriecocco | 2013-05-28 08:50 | food | Trackback | Comments(0)
やっぱり、サーモン!?
b0119705_22293723.jpg

鮭はらすの炙り寿司

ちょっと(随分かな?)前に買ったブリュレ用バーナーをやっと使いました。。。
ブリュレ用なので火力は少々小さめだけど
焼き目をつけた香ばしい皮が、
脂ののったはらすと解け合って、美味しかった〜

b0119705_22294234.jpg

なにぶん、素人寿司なので…汗。。。
握る前にバーナーで焼いたら身割れしてしまいました。。。あ〜 /(´o`)\
次回のリベンジに期待して、今回はまあまあ。

こちらの寿司屋ではほとんどがサーモンで、サーモンだけのお寿司を注文する人も少なくないのは分かる気もします。他には美味しい魚なかなか手に入りませんから。

実はわが家も…
冷凍庫の中にはサーモンしかなかったーーー。

で、やっぱりサーモンづくし。
ロールもアボカドとサーモンでシンプルに。
b0119705_22294471.jpg


それでも久々のお寿司に娘たちは大喜び〜


北欧サーモンはやっぱり美味しいね!
[PR]
by roriecocco | 2013-05-26 23:11 | food | Trackback | Comments(0)
春の野草で
b0119705_58844.jpg

土筆の卵とじつくったよ〜

ここ数年、ずっと土筆を取り損ねていましたが・・・
今年はやっとありつけました!

毎年『土筆、つくし』と探しまわっている私を想ってか、
友人が「土筆、みつけたよー!」って、私を連れて行ってくれました!

b0119705_575928.jpg

今日はこんなに採れました! 
っていうか、友人の分も頂きましたので…(・・;) 

幼い頃から大好きで、
特別美味しい、というものでもないのかもしれませんが、
私にとっては幼い頃の春の思い出の味。
春の陽射しのなかで母と一緒に袴をとった思い出。
お醤油と味醂で煮付けているあの香り。
卵でゆるくとじた出来たてのアツアツを、ご飯と一緒に頬張ったあの日々が
無性に懐かしくて、毎年食べたくなるのです。。。

日本でも地域によって食べる習慣のないところもあるようですが、
こちらでも一部の人はこれでお茶をつくるそうです。
なんでもミネラルは豊富に含まれているとか。
因みにスウェーデン名はÅkerfräken(オーケルフレーケン)


それからもうひとつの本日の収穫はこちら。

b0119705_581225.jpg

『岩ミツバ』
Kirskål(キシュコール)


いつものように、天ぷらで頂きました。
b0119705_581134.jpg

本当にミツバの香り〜


春ですね。




レシピはこちらから☟

Här är receptet ☟☟☟

土筆の卵とじのレシピはこちら☟☟☟
[PR]
by roriecocco | 2013-05-14 05:42 | food | Trackback | Comments(0)
はりはり漬け oishii
b0119705_4472472.jpg

最近はまっているお漬け物
『はりはり漬け』というらしいけど、
はりはりはパリパリという音からきたそうな。
なんとも歯ごたえのある美味しいお漬け物が出来上がりました!


b0119705_4472191.jpg

大根を拍子切りにし、2日ほど天日干しにしてから
三杯酢に漬けこむそうですが、
私は、すし酢+しょう油+蜂蜜+昆布+鷹の爪で漬けました。

b0119705_4472985.jpg

ちょっと漬け汁が少なかったので…
時々ひっくり返して冷蔵庫に保存してあります。
3日目くらいが丁度いい漬かり具合かも・・・

こちらでは日本食材屋店に日本から輸入された沢庵が売られていますが、
兎に角高い!
それに時々漬かりすぎて食感が全く違ったものになっていることも…

普通のスーパーでも簡単に手に入る大根で簡単に美味しいお漬け物できますよ〜

試してみてくださ〜い!
[PR]
by roriecocco | 2013-05-13 05:03 | food | Trackback | Comments(4)
sill(シル)と strömming(ストロミング)
b0119705_4571312.jpg

Stekt strömming(ステークト・ストロミング)

昨日は strömming(ストロミング)の日だと聞いて、
うちでも作ってみました。

もうちょっと飾りに色気が欲しかったのですが…
あり合わせの野菜で作りました。
ディルもきらしていたものですから、
スウェーデン色、ちょっと薄くなりました。。。

ところでこの魚、sill(シル)? strömming(ストロミング)?
イマイチわからない違い…

酢漬けにしてあるのが『シル』
でこんな風に焼いてあるのが『ストロミング』だと
私の中では認識していましたが、ちがうかな「(゚ペ)
魚自体は同じような感じでもあり、そうでもないような。。。

地方によって呼び方が違うと言うお話も聞きましたが、どうでしょう。

日本では『鰯』と『鰊』は別の魚だそうで、
見たところ大きさだけでなく、色や模様が違うのですぐに違いも分かります。

こちらでは、酢漬けにするのは大きめの魚『鰊』のような気がしないでもなく、
普通お魚コーナーの頭付きで売られているのは、ちょっと小ぶりの『鰯』のようでもあります。

ま、どちらでもいいのですが・・・

このStekt strömming(ステークト・ストロミング)
いわゆる『鰯のパン粉焼き』はスウェーデンの代表料理でもあります。

普通は鰯2枚の間にマスタードとディルをはさんで、パン粉をつけ焼きます。
付け合わせはマッシュポテトにコケモモジャムですが、
この日は私流に作ってみました。

これをKnäckebröd(クネッケブロード)という乾燥硬パンにのせて食べたり、バーガーバンズに挟んで頂いても美味しいですよ。

ストックホルムには美味しい屋台でこういうのが頂けます。



鰯が手に入ったら、是非お試しあれ!

レシピはこちらでどうぞ☟☟☟☟

鰯のステーキ・スウェーデン風
[PR]
by roriecocco | 2013-05-11 06:19 | food | Trackback | Comments(0)
春の野菜料理
b0119705_6572366.jpg

グリーンアスパラとポロネギのマヨネーズグラタン

グリーンアスパラは今では1年をとおして、世界中のどこからかやって来ますが、
やっぱりこの時期になるとヨーロッパ産のものが増え、お値段も少し安くなってきます。
スウェーデンでも収穫はできるのですが、スウェーデン産は他のと比べ少々高め。
それに短い期間しか手に入りません。

アスパラはすぐに火が通るので、生のまま使います。
マヨネーズに生クリームとパルメザンチーズをまぜてソースをつくります。
アスパラと細切りにしたポロネギにソースをからめ、さらに上から残りのソースをかけてから、パルメザンチーズとパン粉少々を振りかけオーブンで焼くだけです。
とっても簡単!

マヨネーズのかわりに味噌を混ぜると和風にもなります。
勿論、マヨも一緒に混ぜてもいいですが、その場合は塩加減に注意してください。

これだけだと、付け合わせっぽいけど、
アスパラの下に茹でたポテトの輪切りを敷いてから焼くと
立派なベジの1品になりますよ〜。
[PR]
by roriecocco | 2013-04-12 07:12 | food | Trackback | Comments(4)
春の食卓に!
b0119705_23363744.jpg

まて貝のからし酢みそ和え

ちょっと前にイタリアンのレストランで食べたパスタが美味しかったので、
試しに買ってみました。

b0119705_23363344.jpg

こっちでは、貝類は良くネットに入って売っているのですが、
量がすごい!
うちのような女子3人で、一回の食事ではなかなか消化しきれません。。。
そこで、
先ずは酒蒸しにして
それからガリックバター炒め
そしてこのからし酢みそ和え(こちらはほぼ一人で消費しました。。。)

酒蒸し、ワイン蒸しにしてから、身をとって冷凍にしておくのもいいでしょうね。


からし酢みそでちょっと春っぽい食卓になりました!


以前にこんなのも作っていました。

これも!からし酢みそで食べていました。

うちの春の定番かな。。。汗
[PR]
by roriecocco | 2013-04-11 00:01 | food | Trackback | Comments(0)