rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:fashion( 4 )
Jean Paul Gaultier展
b0119705_203966.jpg

マドンナの衣装、尖りおっぱいのコルセット衣装でも有名なファッションデザイナー
ジャン・ポール・ゴルティエ展です。


b0119705_20383983.jpg



エントランスの展示ブースは話題のプロジェクションマッピングを使用
b0119705_20384475.jpg

不思議な空間になっています。
b0119705_20392564.jpg

b0119705_20384920.jpg

プロジェクトマッピングがどういうものかご覧になりたい方は
こちらでもっと観れます。




そして、
お馴染みのコルセット衣装には
ゴルティエの特別な思想がこめられているのです。
b0119705_20393264.jpg

象徴的なフレグランスのボトル


パンクファッションもひとつのテーマですが、
そこにもこだわりがあり、ゴルティエらしさを感じます。
b0119705_20393589.jpg




もうひとつ、びっくりしたのは彼のファッションイラストの上手さ。
70年から80年代に活躍したアントニオ・ロペスを思わせるタッチのイラストでした。


b0119705_2039169.jpg



それから、
一見、大胆なプリントに見える生地も実は…
繊細な手仕事の業でした!
b0119705_20393779.jpg

驚く程の数のビーズやスパンコールが縫い付けられてあります。
洋服に施されたこれらの手仕事は数百時間、数千時間もかかるそうです。

ファッション誌や、キャットウォークの動画では見れない細かいディテールが思う存分に至近距離で観察出来ます。
b0119705_20395182.jpg




Absolut Vodka の広告用衣装等
スウェーデンからインスピレーションを得た作品もあります。
b0119705_2040693.jpg


そして今年スウェーデンで開催されたユーロビジョン・ソングコンテストのフィナールで、総合司会を努めたPetra(ペトラ)が着た衣装も公開されています。
b0119705_22251697.jpg



レース、チュール、スパンコール、ビーズ、羽根、
どれも乙女心をくすぐる乙女チックな素材だけど、
そんな素材で、女性の力強いパワーを表現した洋服がゴルチェの作品。


そしてなによりも驚いたのは彼の原点
b0119705_20391244.jpg

7歳(だったかな?)の時に作った、
熊のぬいぐるみにつけた最初のコルセットの作品。
ゴルティエデビュー作!
祖母のクロゼットから見つけた古い女性のコルセットが、その後も彼の原点になったのですね。

彼の才能がすでに幼い頃に芽生えていて祖母がそれに気付いていたというのも凄いです。

アーキテクトムミュージアムでは子供用に
自由に洋服を制作できるブースが準備されていました。

子どもたちにも、普段からアートを身近に感じさせるよう、イベントが考えられているのは
いつも感心させられる美術館企画です。
とくに夏休みや長い休暇の時期にはどこの美術館博物館でもあります。

見どころ満載で今ストックホルムでイチオシの展覧会ですよ。

ゴルティエ展はStockholm Arkitektur Museet建築博物館で、9月22日まで開催中です。

*入場料に含まれた無料の展覧会ガイドは木曜日(英語)と日曜日(スウェーデン語)に実施中。

この展覧会は世界色々な所を回る予定だそうです。
Petraが着た衣装とスウェーデン関連の展示は、ここだけの展示だそうです。

日本での開催の予定はきいていませんが、きっとあるでしょうね。
その際は日本の皆さん、お見逃しなく〜
[PR]
by roriecocco | 2013-08-22 20:14 | fashion | Trackback | Comments(2)
不思議な商品が販売されました!
昨年10月にテレビで見てびっくりした新商品。
ブログでも紹介しましたが、予定どおり売り出されました!

先日商品発表のファッションショウなるもののお誘いを頂いたにもかかわらず、
うっかり日にちを1日間違えて見逃してしまいました・・・

その商品とはこちら
普段はマフラーかちょっと大きめのカラーのようにもみえますが、
衝突の衝撃を受けるとairbagのように一瞬にして膨らみ
首や頭をカバーし衝撃から守るというもの。
すごい優れものですが、
ちょっとお高いのが…気になります。

予定の3万円を越え4万円以上もしますが、生命保険料を考えれば…
こんなもんかもしれません。。。

b0119705_9431147.jpg


Design torget デザイントリエットにて販売しています。

あ〜、実際に機能する瞬間を見たかったな。。。
何たる失態  Σ( ̄Д ̄;)
[PR]
by roriecocco | 2011-11-14 09:51 | fashion | Trackback | Comments(0)
nail art
b0119705_1943231.gif

P様が施してくれたネイルアート。

ど〜うしても、一回やってあげたい!母の指を美しくしてあげたい!
という兼ねてからのお願いだったので、ま、いいっかなって思って委ねてみた。色々と材料費がかかるというので50kr(550円程度)で手をうった母のネイルの出来上がり。
なんかちょっと雑なような気もするが...
施術中はなんだか派手〜って思ったけど...
離れて見ると結構綺麗にみえるかも? ねっ!
ちなみに右手と左手は微妙に色が違ってました。。。( ̄o ̄;)!?

しかしネイルチップをつけたのは初めてなので、というかこんなに長い爪(しかもすべての爪が)はもうどれだけ久しぶりだろ〜、邪魔になって仕方がない...
結局1日で右手親指は外れてしまい、そして今日は中指...と無惨な指になったままの母の手はちっとも美しくはないではないか!


ということで、昨日作った夕飯はラーメンと炒飯。

私の帰りも遅かったのと、お姉様がクラス旅行の資金集めの為、学校のコンサート会場でケーキとコーヒーを売ったりして帰りが遅くなったのと、P様は疲れて6時頃から寝てしまったのとが重なって、恐ろしく夕食が遅くなり写真を撮ってるどころではなかった昨夜でした。
[PR]
by roriecocco | 2009-02-06 19:54 | fashion | Trackback | Comments(0)
気になるファッション
珍しく今日はファッションのおはなしです。

b0119705_111227.gif

先日銀座にもOpenしたスウェーデンのブティックH&M(ヘネス・マウリッツ)の今日の広告。Comme des Garçonsで知られる日本人デザイナー川久保怜さんとのコラボで話題をあつめている、その商品が今日売り出されると言う事で新聞の全面にも...
b0119705_125031.jpg
<Metroより>

数ヶ月前に話を聞いてから、それはそれはとても気になっていた。というのも、何を隠そうその昔"からす族"と呼ばれる一味だった私(今でも・・・?)
80年代ファッションよ戻ってこい!と常日頃つぶやいている私にとって、ここはやっぱり朝から出かけるしかないか...と行ってきました。1昨年はMadonnaをデザイナーに起用したり、その前はかの有名な、これまた私好みのカール・ラガーフェルトとのコラボで発売日にはすごい行列が出来、商品は午前中に完売だったという。
今日もそんな行列だったらあきらめて帰ろう...ってくらいの弱気で(昔に比べると随分と意欲も衰えました)でかけたら

こんな感じで・・・


b0119705_155990.gif

びっくりするくらいの普通の人混みで拍子抜け、商品も売り切れてはいなかった!
しかし考えてみれば平日の午前中だから普段ならこんなに人はいないのだろうな〜。


銀座ではどうだったのだろう...と気になるところで、
ついでに値段も調べてみたら、夏以来のクローナ安のおかげか、こちらで買ったほうが随分と安かったヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ
Comme des Garçonsのブティックでは手も足も出ないくらいお高い(あくまでも今の私の視点からですから...)ファッションがここでは⅓〜¼くらいのお値段で買えちゃうから、、、
私?
そりゃ、買っちゃいましたよ!


気になるお方はこちらをどうぞ。
[PR]
by roriecocco | 2008-11-13 22:49 | fashion | Trackback | Comments(0)