rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:教育( 3 )
お姉様の卒業式
b0119705_719714.jpg


Löjtnanten製の卒業祝いケーキ
Yohsikoさん
素敵なケーキありがとう!!!

随分遅れてしまいましたが…
先週の金曜日6月11日はお姉様の卒業式でした。


b0119705_895637.jpg

P様も参加の記念写真
晴れの日の帽子です。
首にプレゼントのお花やぬいぐるみ、シャンパンをかけてもらいます。

b0119705_739425.jpg

こんなプラカードを持って、校庭で卒業生を出迎えます。
式には親も出席できません。
しかも朝からシャンパンブレクファストというシャンパンで祝う朝食があり、
卒業式がどのように行なわれたかは知るよしもなし。。。
その後はスモルゴストータという飾り付けたサンドイッチのケーキをお祝いにいただくそうです。
勿論親はなにも見る事ができませんから、どんなだったかは?ですが。。。
それから外にでて出迎える親のもとに走るわけですが、
いっぱいのなかから親を捜すのはこのプラカードのみ。
みんな幼い頃の写真を用意して(子どもは知らない)このようにデコレーション等を施し
卒業生を驚かすということになっているようです。

オットーさんの頃はこういう事はなかったようで、
私もいろいろ調べてそれなりに…作りました。


b0119705_6552575.jpg

卒業式の後はクラスごとにトラックをチャーターし、飾り付けて街中を凱旋…ではありませんが
お酒を飲み、歌い、踊り、騒音をまき散らして走り回ります。
もうすでにシャンパンを飲んでる人が…

殆ど全員が18歳なので成人として飲酒はゆるされていますから・・・



それにしても厳粛な日本の卒業式とはほど遠い…

ま、いいっか。


ということで、
その後のパーティの準備に飛んで帰った親でした。


そして、その後のパーティー

b0119705_720263.jpg

b0119705_7204622.jpg

b0119705_7211463.jpg

b0119705_86778.jpg

一応、スウェーデン料理のヘラジカのミートボールもだしといて、、、


無事に終わり…
ほっと一息。




今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2010-06-15 08:07 | 教育 | Trackback | Comments(8)
学校給食
日本では学校の給食代を払わない親がいるらしいですね。それも昔の事情とは違い、お金がないからと言う理由ではなく、義務教育だから払わなくてもよいという考えだってー!
なんと言う贅沢なことをおっしゃるのでしょう。。。。
こちらでは今違った意味で学校給食が話題になっています。
先日は床に落ちたパスタを容器に戻しているところを携帯のカメラ(たぶん...)で撮った画像がスクープされた。
この事は我が家の娘達は知っているかどうかは知らないが母はあえて話題にしなかった。
何故かというと...
そうでなくても、毎日毎日「給食がまず〜い!」といって帰ってくる娘達にこんな事をいったら、もう何にも食べないで帰って来るにちがいないから!
「今日もまずかったから、パンにバターぬって食べただけ〜」と帰ってくる日も少なくない。。。( ´△`)アァ-
朝は必ずお腹の足しにといって果物(たいていは林檎)を持っていき、帰ってくるなりお腹空いたよ〜といっておやつ(たいてい甘いもの)を食べる、だから食事の時間がおそくなったり、あまり食べなかったりする日もある。
さらに夕食は和食がいい〜というから、母はいつも子どもの食事の事ばかりに追われる日々、未だに。。。

今日はまた給食に金属の破片が入っていたというニュースが載っていたが、もう記事を読む気もしない。
だって、気が滅入るだけだもん。。。。

給食費1食たしか350円くらいだったかな、うちの子達が通ってる頃は。
給食試食会に出た事のある私は栄養士さんや、調理師さんの心のこもったお仕事に本当に頭が下がる思いでこころから感謝しておりました。
日本の皆さん、350円くらいであんなに美味しい栄養のバランスのとれた給食が食べられる子ども達はとっても幸せなのですよ〜。どうか文句言わず払ってやってくださいな。
ただっていっても食べられないようなものをだされるのだったら、お金を払うからもうちょっといいものを食べさせてやりたいと、きっと多くの人が思っているのではないだろうか...ね。

ちょっと前、イギリスでも給食の質の悪さがとわれ、The Naked Chefで有名な
Jamie Oliverが"Jamie´s School Dinners" という番組から“もっと美味しいものをたべさせてー”という運動に発展させた。
ブレア首相まで動かせたというからすごい!
この国にもすこしはそういう動きも出てきてはいるのだけれど、まだまだ時間がかかりそうですね。

そういう事もあり、来る日も来る日も食事作りに精をだす母です。


b0119705_21153412.gif

*ツナサラダ

b0119705_21162367.gif

日曜日は子ども達が寝坊したり、朝は食欲が内というので、どうしてもブランチになってしまいます。
お野菜もいっぱい食べてもらいたいし、いろんなお野菜いっぱいでつくりました。
入っている野菜はレタス、キャベツ(例のとんがりキャベツが手にはいりました!)、大根、セロリ、きゅうり、人参、紫玉葱、ルッコラ等々。
マヨネーズをメインにレモン汁と塩、胡椒とオリーブオイルでガーッと混ぜていただきます。この日もモリモリ食べて足りないくらいでした。

おやつは
b0119705_17475525.gif

抹茶ドーナッツ

こちらのレシピを参考にさせて頂いて作った抹茶チャンクドーナッツ(でいいのかな?)
半分はココアの分量を抹茶にかえて2種類つくりました。
チョコのほうはチョコが溶けてでてしまったので、油が茶色になってしまいました。。。これって温度が低かったのかしら?
結構濃厚な味で美味しかったです!


そして、夕飯は早くも夏〜の気分で・・・エスニック〜

b0119705_21412126.gif

*タイ風サテーと魚のすり身で作ったタイ風さつま揚げ(何ていうのかな?)

フィッシュソースの香りもコリアンダーの香りも子ども達はちょっと苦手だけど、
お姉様は完食! P様はさつま揚げは一口だけで後はコリアンダー抜きで。。。
仕方がないか、私も若い頃は食べられなかったんだもんね。

さて、明日は節分ですね。
恵方巻にかぶりつかなくては・・・

えーっと、今年の恵方はどっちだっけ?
ネットで調べてみよ〜、便利、便利!


おいしいご飯が食べたくなったひと〜
こちらからクリックよろしくね☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
5PHOTO 写真&イラスト投稿
[PR]
by roriecocco | 2009-02-02 22:02 | 教育 | Trackback | Comments(6)
お姉様の学校
学校が始まって1週間が経ち、すっかり秋の気分になってしまいました。
こちらがこの秋からお姉様の通っている高校
b0119705_1852333.jpg

b0119705_18371710.jpg

b0119705_18691.jpg

創立300年以上で、建物は百数年前に立て替えられたそうです。
スウェーデンでは高校から進路が分れていてお姉様は志願の美術系のコースにはいることができました。
この学校は理科系2クラス,文化系社会2クラス,言語2クラス、芸術系,美術-1クラス、演劇-1クラス
で1クラスは30人程度で構成されていて結構大きな学校です。
なんだかコースにわかれるのは早すぎるような気もするのですが、出業率の高いこの国、(特に若い世代の)早くから自分の道を見つける事を要求されるからかしら...
でも、やり直しもきくところがいいとこかな。

去年こっちに引っ越してきてから驚いた事に日本が”漫画”というサブカルチャーでとてつもなく有名になっていて、なんだかKOOL! なお国になってしまっているのです。
子ども達は悪い気はしないけど、妙に複雑な気持ちのようです。
7年前は日本が中国の一部であると思われたり、中国も韓国も日本もごっちゃ混ぜになっていたのに...

当然お姉様の学校でも日本の話題はつきず、日本大好き人間が結構いて驚くほど色んな事を知っているようです(それもちょと複雑な心境のよう)。
ジャニーズやビジュアル系のアーティストなんかも人気があるみたいです。

変な、意味のわからない日本語や漢字がプリントされたTシャツもよくみかけるし、
地下鉄の中央駅では原宿にいるような娘たちもたむろしてたりするからビックリです。
インターネットの普及って、すごいんだな〜。
こうして文化が変化していくんだ・・・・
そのうち文化の違いなんて国と国の間ではなくなっていくんだろうな。
[PR]
by roriecocco | 2007-08-24 19:46 | 教育 | Trackback | Comments(2)