rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:デザイン( 12 )
お気に入りの牛乳パック
b0119705_18292455.jpg


どこの国にいってもスーパーを覗くのは楽しみのひとつですね。

そこで、スウェーデンに行かれる方に私がお薦めするのは乳製品コーナー。
乳製品の充実度は、長年住んでいても関心するほど。
どこが違うんだろう‥‥と、売り場でよーく比較してみることも度々。
毎年のように新しい製品が増え、ますます買い物の時間が長くなりそうです。

パッケージもさすがのセンス! 見ているだけで充分楽しくなります。
でも、このパッケージデザインは単に格好よくて、美しいというだけではないのです。
沢山ある商品の中から選びやすいよう、実に合理的にデザインされています。

1991年からストライプのパッケージでお馴染み、アーラ社の牛乳パックがその代表。
基本的に牛乳は脂肪分のパーセントで4種類に分けられ
3%は赤、1、5%が緑、0、5%が青、0、1%が黄色と
それぞれのパッケージがストライプの色で区別されています。
色だけではなく、脂肪分の多いものから少ないものへと
ストライプの幅も細くなっていています。
なんとも理解しやすいデザインに仕上がっています!

牛乳だけでなく、ヨーグルトや他の乳製品も同じように区別されています。
だから、お買い物を頼む時も「緑の牛乳を買って来て〜」とか
「赤いバターね!」という会話になります。
恐らくどこの家庭でもそうじゃないかと‥‥思うのですが。

このパッケージのデザインは10グルッペンのデザイナーのひとり
Tom Hedkvist/トム・ヘッドクウィストさんによるものです。
ストライプは彼のトレードマークと言っていいほどのパターンですが、
それぞれ微妙な色の違いや線の太さに深いこだわりがあるそうです。

牛乳パックはその可愛さのあまり、捨ててしまうのが惜しくなり
ついつい色々と再利用してしまいます。

上のイラストのように花やハーブを育てたり
そのままキッチンの窓辺において使えそうですね。

実は我家の冷蔵庫の中でも、細かい物の仕切りとして活躍しております。
冷蔵庫を開けるのが、素敵なデザインに出会える楽しい瞬間にもなるのです。




今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2014-05-30 20:50 | デザイン | Trackback | Comments(0)
Mazetti Ögon cacao マゼッティのココア
b0119705_1711307.jpg

ホットココアが恋しい季節になりました。
スウェーデンでは温かいココアはホットチョコレートと呼ばれています。

ココアの粉は昔、こんな素敵な缶に入っていたんですって!
今でもÖgon cacao(オーゴンカカオ)は、おそらくどこの家庭にもある、一番人気のココアでしょう。

そして、この素敵な缶のデザインは、スウェーデンを代表するグラフィックデザイナー、
Olle Eksell(オーレ・エクセル)によるもの。
オーレ・エクセルのことは以前にも紹介しましたが、1956年にMAZETTI(マゼッティ)社のロゴマークをはじめ、商品パッケージや企業イメージ全般を総合的に手掛け一躍有名になりました。
四角い枠の中で見張った目は、なんともインパクトの強いロゴマークですね。
この目はココアの品質をしっかり見張っているという意味があるそうです。

丸い缶は今ではロッピス(蚤の市)などで見つける以外には手にはいらない貴重なものとなりました。
私も未だに気に入ったコンデションのものと出会った事がありません。
復刻版がでてもいいかな…と願うと同時に、ビンテージの本物の香りのほうが
やっぱり素敵だなと思たりもするのです。


b0119705_17114815.jpg

マゼッティ社はフィンランドのFazer(ファッツェル)社に買収されてしまい
残念ながら今はもうこういうパッケージはありません。。。

現在売られているココアは昔と同じ四角い紙の箱入りなのですが、
デザインが少し変わりました。
ファッツェルの青いロゴが目立ち過ぎ…
私には少々残念です。。。

こちら☟
以前の記事から


あ、最近は更に変わってしまい‥‥
ほとんど面影がなくなってしまいました。。。泣。。。

こちら☟
現在



可愛いオーレ・エクセルのイラストはココアアイズとともにポスターになって販売されていますが、私が見つけたなかでも一番目を惹いたのは、
上のイラストに描いた3Dメガネ!
映画館でみんなこれをつけてるところ想像したら、嬉しくなっちゃいました。



さて、お話のついでにちょっと足をのばしてみましょう!

素敵なデザイナー オーレ・エクセル氏の追っかけ、
してみませんか?!
といっても、氏は2007年にすでにこの世を去っておられますので、
残されたデザインを追っかけましょう。

目指す先はスウェーデン南部の地Malmö(マルメ)
ここににある、旧ファッツェル社の建物はチョコレート工場も含めそのままの姿を残しています。
現在、文化施設として使われていますが、当時のままあのココアアイズが至る所に残されていて、それはそれは素敵です。
マルメに行かれる方にイチオシのお薦めスポットですよ〜

私もちょうど1年前に訪れたマルメを思い出しました。


b0119705_1711757.jpg

メインエントランスかな(?)
どーんとココアアイズがお迎えしてくれます!

b0119705_17112370.jpg

ここにチョコレート工場もあったようで、大きな建物の一角にはちっちゃな博物館とカフェがあります。
ビール工場もあって、試飲つきで見学ができるそうです。

b0119705_17113245.jpg

カフェの中に古いチョコレート用製菓器具や、古い缶が陳列されています。
ここで、暖かいホットチョコをいただいて一息ついたら、更にお土産も調達できますよ。
可愛い昔のポスターや絵はがきも買えます。

b0119705_17105837.jpg

ビルの中には、あっちにもこっちにもココアアイズだらけ・・・

b0119705_1711734.jpg

門扉にも!

マゼッティ社はなくなったけど、こんな風にオーレ・エクセル氏の作品が大事に残されてるって、やっぱり凄いと思います。 そしてなにより嬉しい!!! 
いつまでも壊さないでね、と願うばかりです。






おまけはストックホルムから乗った電車の車窓からの景色。

寒い冬の景色はなんともいえず幻想的です。
b0119705_2021987.jpg

b0119705_20211221.jpg

b0119705_20211556.jpg

そういえば、3時間以上も電車が送れ
散々な旅でした。。。
[PR]
by roriecocco | 2014-01-27 16:31 | デザイン | Trackback | Comments(0)
最近の週末の楽しみ・・・
b0119705_9571456.jpg

そう、Loppisです!

夏になるとあちらこちらで週末の蚤の市が開催されます。
スウェーデン語でこの蚤の市を"Loppis"(ロッピス)といいます。

日本では随分前からスウェーデンブームでのヴィンテージの家具や食器は大人気ですね。
ここスウェーデンでも、2年前に雑誌RETROが発刊され、その頃からさらにこのレトロ熱が急上昇している気がします。

b0119705_10205875.jpg

最近では、そうそう掘り出しモノに出会ううことは少なくなりましたが、それでも見たこともない可愛いものたちをとおし、暫しその昔にタイムスリップするのも楽しいものです。

b0119705_9574549.jpg

ここはHötorget(フュートリエット)に続くく街中の新しいスポット、
Blasieholmstorg(ブラジエホルムストリー)のロッピスです。
場所はKungsträdgården(クングストレーゴーデン/王立公園)のすぐ近く、ブルーラインのKungsträdgården駅の出口からすぐのところで、夏の間、毎週土曜に開催されます。


それからもうひとつ、今年初めて行った大きなロッピスはこちら。

ストックホルム郊外Täby(テーヴィー)で開催されるTäby gallop
夏の間の週末に行なわれる規模の大きなロッピスです。
ここはスカンジナビアで最大の競馬場だそうで、
なるほど、納得のいく駐車場の広さです。

b0119705_10234565.jpg

その広い敷地の一部で、
ご覧のとおり車のトランクを開けて店開き!
ドライブインロッピスです。
Baklucke Loppis/バックハッチロッピスとも言われています。

お天気の良い夏の日の週末を過ごすにはには最高の場所です。


さて、今回も。。。
引っ越しを控え
泣く泣く諦めた『と〜っても欲しかったもの』をご紹介。


まずは
b0119705_10215348.jpg

ずっと前から欲しいな…って思ってた、フースクウォーナ製(スウェーデン)の50年代のミシン。
だが、1000krとはちとお高いのでは?


そして春のロッピスでも見つけたArla(アーラ社)の木製貯金箱。
b0119705_10215616.jpg

少し剥げた色の具合と木の温もりが可愛いんだけど、
こちらも400krとか。高すぎですねぇ。。。

調べてみたら、ネットオークションではかなりお安い値段で始まっているのですが…
それもつり上げられていくのでしょうか?


それから人気のGustavsberg(グスタフスベリー)製の陶器
b0119705_10215971.jpg

こちらはStig Lindberg(スティーグ・リンドベリー)の
H55シリーズ "Domino" の灰皿。
1955年にスウェーデンの都市ヘルシンボリーで開催されたヘルシンボリー国際博覧会出店のために制作されたもの。
う〜ん、なかなか私の好みなんだな。。。

こちらは250krだから、もしかしてお買い得だったかも…


そしてまた機械好きの私の目に留まったもの。
b0119705_1022329.jpg

キャンプ用ガスコンロ。
黄色い色がなんともキッチュ!


キッチン用品は、これまたすぐに手が出ちゃうアイテム。
危ない、危ない…
b0119705_1022615.jpg

vaffel järn(ワッフェル・ヤーン) ワッフルを焼く鉄製フォルム。

昔からスウェーデンのワッフルはハート形に焼けるようです。
古い電気製のワッフル器も可愛いんだけど、ちょっとかさばるし、
こっちのほうが可愛いかもと思えてきた1品。
鋳物とあって、どっしりと重いので…諦めました。。。

でも、やっぱり欲しかったかな ( ̄□ ̄;)!!

だって、たったの50krだったから・・・

こんなのでワッフルを焼いたら、さぞカリカリでサクサクの美味しいのができるんだろうなぁ。

こちらのワッフル・ヤーンは一緒に行った友人が購入。
で、そのうち後馳走になります!

ということで、ほぼ見るだけロッピスで終わったこの週末でしたが
楽しかった〜。


そしておまけの画像

大抵こういうロッピスでは手書き文字の看板があります。
b0119705_10212038.jpg

左側は愛犬用Bar だそうです。
喉が渇いたら、こちらで潤してくださいって。
愛犬を連れて外出する機会が多いスウェーデンでは結構見かけます。

そういえば25度以上にも気温が上がり晴天だったこの日、トランクでおりこうさんでいたワンちゃんたちがハァハァ言ってました。


みんなちゃんとお水もらえたのかな…


もうひとつのおまけ!
b0119705_7221691.jpg

ロッピスに来ていたお客さんの車ですが
1930年代のフォード車がピッカピカで驚きました!
[PR]
by roriecocco | 2013-07-15 10:25 | デザイン | Trackback | Comments(1)
グスタフスベリーのロッピス kawaii
Loppis (ロッピス)とはスウェーデン語で『蚤の市』のこと。
昨日に続いてグスタフスベリーのロッピスのご報告です。
今日は買ったものではなく、目に留まった素敵なものをご紹介。
b0119705_7404693.jpg

スウェーデン土産としても有名なダーラヘスト
(日本ではダーラホースともよばれているそうですが)
スウェーデン中部のダーラナ地方で昔から彫られていた木製の馬のおもちゃ。
色鮮やかに施された模様は、ダーラナ地方に古くから伝わる『クルビッツ模様』と言われるものです。
ハンドメイドの味わい深いダーラヘストは、色々と集めたくなりそうですね。

ダーラナヘストのこと、クルビッツ模様のことをもっと知りたい方は
こちらでどうぞ!


そして日本でも大人気の陶芸家リサ・ラーションの作品。
日本人向け?って思うほど、たくさん売っているお兄さんがいました。
b0119705_7405791.jpg

最近はこちらでも結構値段がつりあげられてきているようです。。。
b0119705_741011.jpg

3年前に行ったリサ・ラーション展で見たものもたくさんありました。


ずらっと並んだ風刺似顔絵風の彫刻は思わず笑みが浮かびます。

b0119705_741859.jpg

これは有名人の風刺似顔絵風の彫刻で知られるUrban Gunnarsson(ウルバン・グンナルソン)のもので、前国王を描いたものだそうです。

こういう彫刻家はスウェーデン国内に数人おられるとか。
中には結構古いものもありました。



そして、不思議なフォルムのこれ。 
b0119705_743359.jpg

何かと思ったら…
古い紅茶のポットだそうです。
今でもあってもいいのになって感じの、なかなか面白い構造でした。


それから
格好良過ぎ、な古いガスコンロも発見!
b0119705_7411342.jpg

これが一番欲しかったかも。。。


最後に、ちょっと面白いものも見つけました。
b0119705_7474891.jpg

古いシルバーのカトラリーで作られたアクセサリー。
ピアスはちょっと大きめだけど、ネックレスはありかな。


買物しなくても、色々楽しめるロッピスはやっぱり楽しいですね!
[PR]
by roriecocco | 2013-05-31 09:16 | デザイン | Trackback | Comments(2)
Loppisの勝利品
b0119705_6334661.jpg

先週末に行ったGustavsbergs loppmarknadグスタフスベリーの蚤の市で買ったもののひとつ、ジャムポット。
スウェーデン語で『ジャム』のことを言う Sylt と書かれています。
蓋がついていたはずなんですが、コレは蓋なしで売られていました。
なので破格なお値段120krで手にいれました。
因みに蓋付きは500kr以上もしていました。

またいつか蓋がみつかればいいか。。。
なしでも使えるしね。
 
b0119705_6341151.jpg

スウェーデンの老舗の窯Rörstrand(ローシュトランド) 製
Marianne Westman(マリアンヌ・ウェストマン)デザインの
AROMというシリーズ。
1969年から81年にかけて製造されたものだそうです。

このシリーズは、以前にもスパイス入れを2個購入したことがあって、
結構なお気に入り。


その他に買ったものはこちら。
b0119705_6335218.jpg

しめて3点。

b0119705_634115.jpg

この美しい手桶のようなものは、バターを作るのに使ったものだそうだけど、
水汲みのようでもあります。
お花を飾るのにいいなと思い即決、買っちゃいました。
だって、たったの10krだったから。

曲げわっぱのような技術でつくられていて
くぎなんかは一切使用されていません。
なんだか木の肌の感じとかフォルムが素敵です。
手仕事の温かみが伝わってくる手桶は、
私の中ではこの日一番の勝利品。
大事に使おっと^^


そしてこちらはゼリーとかムース用の銅製の型
b0119705_63441.jpg

模様はお花なのか…蝶なのか…?
こちらは30kr


この日のお買い物は160kr(約2560円)なり。
こんなものでしょう、蚤の市のお買い物って。


夏になってくるとあちらこちらで蚤の市が開かれます。
自宅のガレージで行なわれるものから、
このグスタフスベリーのような大規模なものまで
毎週末Loppis(ロッピス)巡りをしても回りきれない程!


夏に観光に来られる方は是非、事前に調べて、
普通のお店が閉まる週末の楽しみにしてみては?
[PR]
by roriecocco | 2013-05-30 06:44 | デザイン | Trackback | Comments(0)
Nendoのプロダクツ
b0119705_7161838.jpg


佐藤オオキ氏率いるnendoが今年のファニチャーフェアーのエントランスのインスタレーションを担当されました。
佐藤氏は9年前早稲田大学の学生グループとして『グリーンハウス』で作品を展示し、それがきっかけとなり、スウェーデンはもとより、現在は日本とミラノを拠点としヨーロッパでも大活躍されています。

エントランスを飾ったインスタレーションは雪を被った山々をイメージしたもの。
プレゼンテーションボードをレーザーでカットしたものを広げて作られています。
b0119705_7163329.jpg

雪女が表れそうな…幻想的な世界です。

中段右はインタビューに応えている佐藤氏。



Pop upコーナーではプロダクツも販売されていました。
b0119705_7162881.jpg

繊細さとシャープさを兼ね備えた
遊び心に溢れたものばかり!

セミナーではとても興味深いお話も聞く事ができました。
今後のご活躍を楽しみにしています!
[PR]
by roriecocco | 2013-03-14 07:48 | デザイン | Trackback | Comments(0)
Stockholm Furniture Fair 2013-1
もう1ヶ月以上も前になってしまいましたが、ストックホルムで開催されたファニチャー&ライトフェアーです。

こちらはJan Rudgren氏による『スカンジナビアン・カラー&マテリアルトレンド』のブース
b0119705_344668.jpg


同じくJan Rudgren氏がスタイリングしたトレンド展示
b0119705_3441377.jpg


暗く長い冬を越すスカンジナビアの人たちにとって、照明はとても大事なアイテムです。
b0119705_3443515.jpg

居心地のいい優しい灯りは、同時にインテリアの一部としても大きな役割を果たします。

b0119705_3443569.jpg

ナチュラルな素材でできた照明
蚕の繭や羽根を使った珍しいものもありました。

b0119705_3444361.jpg

シンプルで機能的なデザインが北欧デザインの特徴。



この言葉ひとつで北欧デザインを表現できますね!
b0119705_3444942.jpg


そして、欠かせないもうひとつのテーマは「エコロジー」
こちらはRe make ではなく Re Design!

b0119705_3445473.jpg


STUDIO RE DESIGN による展示
Re Design とは…
様々なジャンルの業界からの残った資材を使用して
新しく創作する(デザインする)ことだそうです。
 
なるほど…
前回紹介したRe makeの商品とは少し違うテイストです。


毎年、新人デザイナーが発表するブース『グリーンハウス』は夢がいっぱい詰っています!

b0119705_3455569.jpg

b0119705_3452845.jpg

b0119705_346117.jpg

[PR]
by roriecocco | 2013-03-14 07:14 | デザイン | Trackback | Comments(0)
FORMEX2013-2
随分時間がたってしまいましたが・・・
デザインフェアーFORMEXの報告の続きです。

b0119705_1110962.jpg


トレンドコーナーより
テーアカラーのイエローとピンクで春のトレンド "RE-FRESH"

b0119705_11103636.jpg

RE MAKE
RE PAIR
RE USE 
はここのところ毎年のテーマ
b0119705_11105976.jpg

セカンドハンドショップのStads missonen からは RE MAKEの子供服
刺繍が施されたシーツとキッチンの布巾で作られた子供服は、
リメイクだとは気がつかない程可愛い!

b0119705_11982.jpg

現場ではStads missonen のスタッフがパフォーマンス(作業を)しておられました。

b0119705_119652.jpg

カップケーキ用の紙で作られた照明器具

b0119705_1191235.jpg

こちらもリメイク商品!

b0119705_11111760.jpg


b0119705_11113670.jpg

いつもディスプレイの新鮮さに驚かされます。



ということで、今年の春も楽しくなれそうですね!
[PR]
by roriecocco | 2013-02-20 11:24 | デザイン | Trackback | Comments(0)
春を告げるデザインフェアーFORMEX
b0119705_5512011.jpg

秋のFORMEXでノミネートされた中から選ばれたDesign Formidable賞が決定しました。

チューリップを飾るとこんな感じ
大降りの花や枝ものが似合いそうなモダンな花瓶です。

この春のFORMEXのテーマは "FRESH"
春らしい新しい息吹が感じられる展示でした。

目の冴えるようなイエローとピンクがテーマカラーとして使われています。

b0119705_6224611.gif


エントランスには人気スタイリストのTinaさんによる Oh Sunny Day! というスペースが設けられています。
b0119705_6243638.jpg


春のインスピレーションを得られる空間

b0119705_6315374.jpg

右下に写っているのがTinaさんです。

b0119705_632781.jpg


ディスプレイスペースの周りはサークルのベンチのようになっていて、
吊るされたヘッドホーンから流れてくる鳥のさえずりを聞きながら、春のインスピレーションを感じることができます。

b0119705_632495.jpg

チューリップと桜の花はやっぱり春の一番の人気者です。

エコとリサイクルもテーマの一部になっています。
この "Oh Sunny Day!" に使用されているロゴはエコフォントだそうです!
そういうのがあるのですね。。。



そしてテーマカフェは秋と同じOdd birdsが手がけたOddcoloni(オッドコロニー)
コロニーとは市民農園のこと。サマーハウスや広い庭をもたない都市に生活している人のためにつくられた小さいスペースの農園。


b0119705_610130.jpg

おかれたテーブルや椅子はガーデン用のもので、
春の庭にいるような気分になります。
草木が芽吹く 春を表現するにはとても相応しいシチュエーションですね!
b0119705_6104716.jpg

b0119705_6112639.jpg

b0119705_6113727.jpg

春はピクニック、サイクリング、ルンルンとした気持ちになります。
b0119705_6442792.jpg

チューリップが球根ごと吊るされています・・・
本当に、吊るすのが好きな民族のようです。


Oddcoloniの中にもミニショップのような形で展示されています。

b0119705_6115122.jpg

そして、ここでは講演も行なわれます。


こちらはランチメニュー

ビュッフェになっていますが、
半端ないお肉の量で1皿でも食べきれません。。。
前菜、メイン(ビュッフェ形式)、デザート(コーヒーか紅茶付き)

b0119705_6125899.jpg


デザートは画像なし・・・あしからず…


続きはFORMEXでみつけた可愛いものたちです。
[PR]
by roriecocco | 2013-01-21 07:05 | デザイン | Trackback | Comments(0)
今年の夏至祭 koneta
b0119705_7595723.jpg

6月22日は1年で一番明るい日、夏の到来を祝う夏至の前夜祭。

もう、すっかり1週間も経ってしまいましたが…
遅ればせながらの報告です...汗。

毎年決まったように、夏至祭には『雨』が降るといわれていますが、
今年は梅雨のように毎日降り続いた雨が、なんと夏至祭にはカラッと晴れ
思いもよらない最高のお天気でした。

今年は十数年ぶりにSKANSEN野外博物館に行って来ました。

ここは東京か…って思う程、大勢の人がSkansenに集まっていたようで、
入り口から長蛇の列。
やっと入った入り口からメイポールが建つ場所までまっしぐら(ー。ー)フゥ 
思いのほか良い場所で撮影ができました!

メイポールが建つ広場にはすでに白樺の葉っぱを巻き付けたポールが横たわっていました。
b0119705_8189.jpg


国旗をもって民族衣装を着た人たちが音楽と共に登場。
そしてポールに花を飾っていきます。

b0119705_801647.jpg

ここでは白い花と青紫の花でメイポールが飾られます。

b0119705_812924.jpg

色とりどりの民俗衣装が素敵です。

b0119705_813363.jpg

ダーラナ地方の模様らしき鮮やかな花で刺繍された帽子も可愛い!

b0119705_813721.jpg

昔は赤い色がとても高価だったとか、
だから赤が効いた衣装は当時から華やかで貴重だったようです。

さあ、飾り付けられたメイポールが立てられます。

b0119705_814854.jpg

すーっと立つものだと思ってたら、これが以外。結構時間がかかるのです。
少しずつ、少しずつ、つっかえ棒を移動させながらの作業だったとは驚き!

b0119705_815154.jpg

5〜6回の移動作業の後、やっと立ちました。

動画はこちらでどうぞ。



b0119705_7593832.jpg

青空にそびえるメイポールは夏空に凛とした姿でした。

寒いこの国での短い夏は、特別な特別な季節。
だからこの夏至祭は、クリスマスと同じくらいとっても大切な行事なのです。
[PR]
by roriecocco | 2012-07-05 06:47 | デザイン | Trackback | Comments(6)