rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
イースターの夕餉 Påskmat
b0119705_3265993.jpg

イースターには欠かせない卵料理の代表はこれ
スタッフドエッグ。(スェーデン語ではfyllda äggで同じ意味)
詰め物はエシャロット、マヨネーズ、crème fraiche、塩、こしょう、レモン汁、パセリ。
トッピングはオーブンでドライにした生ハム、キャビア、チャイブ、ディルと紫玉葱。
巣にみたててアルファルファを下に敷きました。

でも…
実はこれ、ちょっと前から今年はこれでいこう!と考えていたにもかかわらず、
当日すーっかり忘れてしまい  ( ̄Д ̄;;
食べ終わってから気がついた!
相当に抜けていた私でした。
写真はその翌日の昨日、意地でつくったもの。

来年は卵の殻付きでつくろう!
もっと巣っぽく見えてストーリーを感じるもの。
忘れていいなければ・・・


こちらがイースターイヴの日の食卓に上がったもの。

b0119705_3272063.jpg

な〜んか物足りないな…って思っていましたが… 泣


それからスウェーデン料理を代表するこの1品
b0119705_3274198.jpg

ニシンの酢漬け(スウェーデン語ではsill/シルといいます)
普通は茹でたてのジャガイモと一緒にお皿に盛りつけますが、
一口で食べやすいよう、小ぶりのジャガイモを半分に切ってそのうえに全部のっけちゃいました。
gräddfilというサワークリームとヨーグルトの中間くらいのクリームをかけ、
ゆで卵と一緒にいただきます。

ニシンの酢漬けも種類はいっぱいありますが、一番のお気に入りはこちら
b0119705_328075.jpg

Matjessill(マッチェシル)
こちらも種類はいくつかありますが、
この日はスパイシーバージョンしかなかったので。


そして、今年初めてみかけたのはこちらの話題のハーブトーン入り
b0119705_328886.jpg

カチアさんのハーブトーンシルだって。
ハーブトーンとは木の実の一種で、ビタミンが豊富に含まれていて、抗酸素効果があるそうです。
瓶の中にみえるオレンジ色の実がそうです。

うちはあまり消費しないのでいつも市販のものをつかいますが
自家製だともっと美味しいかもね・・・



それから今年はこんなのもつくりました。

b0119705_32959.jpg

レシピではパルメザンチーズをおろして作るとかいてあったけど、
うちにあったスウェーデンのチーズの王様västerbottensostでつくりました。

粗く削ったチーズをフライパンで焦げ目が付く直前まで焼いて少しさまし、グラスを逆さにした上にのせ型をつける。


この容器に詰めてできた1品はこちら

b0119705_3285926.jpg

茹でた甘海老(こちらでは冷凍で売っています)の皮を剥き、
スモークサーモンとキャビアと一緒にcrém fraiche とマヨネーズ、レモン汁、塩、ディルを混ぜたクリームで合える。
要はこっちでつくったToast skagenをちょっとアレンジしたもの。

さて、メインは普通ラム肉なのですが、
我が家はサーモン(また・・・)

b0119705_3292450.jpg

塩こしょうしたサーモンにマヨネーズをぬり、アーモンドをくっ付けて焼く。
ちょっと焦げてしまったけど…

b0119705_3291485.jpg

付け合わせのポテトサラダはスウェーデン風。
マヨネーズであえるのではなく、またあのcrém fraicheも一緒にまぜま〜す。
レモン汁を搾ってシンプルにポテトと紫玉葱だけでつくります。
付け合わせには味が主張していなくてちょうどいいかも。


ちなみに…
一昨年とその前はサーモンバーガーでした。



しかし…
春はまだかいな「(゚ペ)
[PR]
by roriecocco | 2012-04-10 04:01 | food | Trackback | Comments(6)
イースター前の金曜日
聖金曜日とも受難日とも呼ばれるこの日、
スウェーデンではイエスが十字架にかけられ堪え難く長い一日であったことを追悼し
Långfredag(長い金曜日)と呼ばれます。

この国では、今は宗教的な意味よりも春の訪れを祝う意味のほうが強くなったようです。

が、、、、

b0119705_7453724.jpg

こんな一日でした。。。

ま、ま、まさかの雪、氷柱( ̄□ ̄;)!!


なんだかルンルン気分もなくなって、ダラーっとのんびりと過ごした今日は、
お料理を作るのも億劫になってしまい、
手頃なところでこういうのにしました。

b0119705_7454320.jpg

サーモンのたたき

サーモンは国民的食材ということで記念日のお料理には丁度いい。
実際、どの行事にもサーモンは必ず出て来ます。

和食びいきのうちの食卓にはやっぱり、こんな感じになります。
たたき風に表面を軽く炙って(といってもフライパンで焼きましたが…)
ポン酢に胡麻油を混ぜたドレッシングでいただきました。

メインはこちら
b0119705_7454657.jpg

春の行事ということで、ぼちぼち出回って来た春キャベツを使ってロールキャベツ。
春キャベツといっても例のとんがりキャベツですが…

今日の詰め物はチキンのミンチ、コンソメ味でさっぱりとしあげました。
付け合わせのお野菜は根菜いろいろ
レッドビーツ、イエロービーツ、人参、ポテト。
アイオリソースがあればもっと美味しいのですが、
我が家はCrèmfraicheにガーリックと塩こしょうを混ぜたので済ませました。

明日はイースター料理
頑張れるか、、、私?
[PR]
by roriecocco | 2012-04-07 08:27 | food | Trackback | Comments(0)
イースター前の木曜日
b0119705_7245022.jpg



今日は聖木曜日と呼ばれ、復活祭前の木曜日はイエスが弟子たちと最後の晩餐を祝った日。
この日イエスは弟子たちの足を洗ったと記されている事から『洗足木曜日』ともいわれるそうです。
スウェーデン語ではSkärtorsdag(シェールトーシュダーグ)といいます。

今日の午後から復活祭の休暇にはいります。
学校も明日から1週間おやすみです。

スウェーデンではイースターバニーよりも
イエスが死から甦った日をお祝いするということで、
新しい生命の誕生を象徴する卵とひよこがモチーフになります。

私も今日はこんなかわいいひよこのお菓子をいただきました!
b0119705_6435174.jpg

去年飾っていた卵の飾りと一緒のショット。

街の中は卵だらけ…
b0119705_6442837.jpg

こんな卵形のケースにお菓子をいっぱい詰めてプレゼントします。

この時期はお菓子の消費が半端でないという…
本当にこちらの人は甘い物がお好きなようです。

当然、お菓子やさんのディスプレイにも、この時期『力』が入ってます。
b0119705_6451738.jpg

b0119705_6452975.jpg

b0119705_6453927.jpg


そして
お花屋産は黄色一色!
b0119705_646077.jpg

b0119705_6445255.jpg

b0119705_6445670.jpg

b0119705_6443630.jpg


冬が長いこの国の『春』は、やっぱり特別なもの。
心の底から春の到来をお祝いします。

今年はあいにくのお天気で、春がまた遠くへ行ってしまったようなここ数日ですが、
気持ちはすっかり春です!

ルン、ルン、ルン。。。


昨年のイースターの様子はこちら


みなさん、たのしいイースターをお過ごしくださ〜い!

Glad Påsk!
[PR]
by roriecocco | 2012-04-06 07:31 | グリーティング | Trackback | Comments(3)
LondonでみつけたEaster Egg kawaii
春が来た〜♪
ってウキウキしていた私を… いえ、私だけではないと思いますが…
打ちのめすような、ここ数日のお天気。
冬が舞い戻ってきて、雪。。。。
でも、さすがに春の雪は午後には解けてしまいます。

さあ、今週末はイースターです!


ストックホルムの街の中は色とりどりに染められた羽根でかざられた枝や
イースターリリーと呼ばれる黄色い水仙の花で、そこら中が黄色、黄色、黄色!

ですが、

Londonでは
b0119705_2303470.jpg

こ〜んな大きなイースターエッグが・・・

街をあげてイースターエッグハンティングのゲームが繰り広げられているようです。
アーティスト達がペイントした200個以上のBig Eggsは街中に飾られていて、それぞれにキーワードがひそんでいるようです。
勝利者には、ゴールドやダイヤモンド等、100ポンド相当の商品が贈られるんですって!

2週間前に行ったLondonで、私が見つけたBigg Eggたちです。

b0119705_2302169.jpg

Dover Street近辺で見つけたBig Egg

b0119705_2304092.jpg

バルーンに混じって上からつるされているのもありました。
ウエストエンド界隈では100個ものBigg Eggsが飾られているそうです。

b0119705_2304527.jpg

St Christopher's Placeには一番たくさんあったかも。

b0119705_251545.jpg

車のショールームで見つけたイースターエッグ

b0119705_2515835.jpg

South Molton StreetのBigg Egg


さすが、Londonスケールが大きいです!


お次はロンドンの食べ歩きをご紹介しま〜す。
[PR]
by roriecocco | 2012-04-03 03:29 | | Trackback | Comments(0)