rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

今年も素敵な夏のスウェーデン!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
いかがお過ごしですですか
b0119705_2025197.jpg


ロンドンオリンピック開催中のなか、
今年のヨーロッパの涼しい気候はもうすでにご存知のことと思います。

6月から7月半ばまでほとんどといっていい程毎日降る雨りました。
日本の梅雨がこちらに来たのか…っておもうほど。
おかげで程よい湿気もあり、気温がさほど上げらなくても蒸し暑いと思う事すらあります。

今週はお天気が良くなる!
といっても25℃になればいいほうでしょう。。。

いよいよ8月
日本ではこれからが夏休みですね。
こちらでは6月から8月の間に時期をずらして取るのですが、
7月に休む人が多く、学校も8月半ばには新学期(秋学期)が始まります。

日本はとても暑く熱中症の方も多く出ているときいています。
皆様、くれぐれもご自愛くださいますよう。

スウェーデンから、少し涼しい風がとどきますように!



今日もまた雷が鳴り響いてきました・・・
オイラは部屋のどこかに隠れているようです。
可哀想に…
今年はどれだけ恐い思いをするんでしょう。。。


おまけの画像

b0119705_2055696.jpg

[PR]
by roriecocco | 2012-07-31 20:57 | グリーティング | Trackback | Comments(0)
Green Hotelの食事
b0119705_7162888.jpg

ホテル創業の年が刻まれているワイングラス。
素敵です!

b0119705_7164931.jpg


昨日紹介したダーラナ、テルベリーにあるGreen Hotelの食事です。

3品のコースメニューのみですが、
地元の食材を使って丁寧に心を込めて作られたお料理でした。

この日のメニューはこちら

b0119705_7163736.jpg

前菜/
マッチェシルタルタル、レモンとサワークリーム添え
(鰊の酢漬けのタルタル)
硬い乾燥パン(クネッケブロード)と一緒にいただきます。

酢漬け鰊もこうして頂くとワンランクあがりますね。
今度試してみます!


b0119705_7164483.jpg

メイン/
鹿肉のフィレのグリーンペッパーソース、ヴェステルボッテンチーズのポテトグラタンとスナップえんどう添え

焼き具合が最高! スパイスはそれほど聞いていないのに、お肉の味が凄くお美味しかった。
肉自体のクオリティーが高いのでしょう。
グレービーソースにはペッパーが効いていて、これまたバランスの良い味の組み合わせ。

もう一切れ、あってもよかったかな...なんて食いしん坊です(・・;) 


b0119705_7165519.jpg

デザート/
マンゴーソルベのラズベリーソース、自家製ミューズリーかけ

なんでもないマンゴーシャーベット、甘酸っぱいベリーのソースと歯ごたえのあるミューズリーを
組み合わせると、またひと味ちがった美味しさを引き出せますね。

これもやってみよ…っと。


そしてコーヒー
…は、撮り忘れ。。。


b0119705_717711.jpg

ホテルで働いている人たちはみんな民族衣装を着ていらっしゃいます。


こんな素敵ないでたちで給仕してくださるのですよ。

b0119705_717390.jpg


ダーラナはやっぱり違うな・・・


古き良きスウェーデンをずっと守り続けているひとたちの素晴らしさに
今年も出会い、心から癒された旅行になりました。
[PR]
by roriecocco | 2012-07-27 07:16 | | Trackback | Comments(2)
Green Hotel
b0119705_5555239.jpg

まずは、ぐぐーっと1杯。
自分たちで勝手に…ですが
ウェルカムドリンク!

こんなに可愛いお部屋の鍵。
ダーラナ地方を代表する工芸品ダーラへストにくっついています。

b0119705_5561426.jpg


Tällberg には古いホテルがいくつかありますが、今回私達が泊まったのは
Green Hotel
この辺りでは一番大きなホテルのようです。

そして高台から見渡せるシリアン湖は最高の眺めです。


b0119705_5563839.jpg


あいにく到着した時に雨が降り始めたので、止むなく散歩は諦め窓からの景色を暫し楽しんでおりました。

b0119705_5571543.jpg

歴史を感じるインテリア

b0119705_6445397.jpg

フロントにはこんな古い自転車も飾ってありました。
が、
ロビーの画像がなぜかない ( ̄Д ̄;;

そして
至る所にペイントされているクルビッツ模様!

b0119705_5573863.jpg


上段左:レストランの天井 右:古い郵便箱
下段左:ホテル内のドア 右:別館のホテルルームのドアについた明り取りのガラス。

このホテルの建物は1917年に建築され、その後持ち主が変わり
1947年からホテルとして開業しているそうです。


私たちが泊まったのはこちらの別館

b0119705_5564869.jpg


カールラーションインテリアの部屋や、カールラーション風の可愛い二階建てベッド付きファミリールームもあるようです。

冬場はスキーを楽しむ宿としても人気があるようです。
白銀の世界もまた幻想的で素敵だろうな……。


明日はお食事です。

お楽しみに!
[PR]
by roriecocco | 2012-07-26 06:11 | | Trackback | Comments(2)
Dalarna Tällbergの景色
b0119705_8563725.jpg


ダーラナ地方、テルベリーの駅

駅舎はないけど時計と看板だけ。

ダーラナ地方のほとんどの家は
ここで作られる『ファールンレッド』と呼ばれる赤い塗料で塗られた
伝統的な建物です。

そしてDalahäst(ダーラへスト)と呼ばれる木彫りの馬にも描かれている『クルビッツ模様』も至る所で目にします。

b0119705_8564823.jpg

看板にもついていました!


さて、ここからは先日宿泊したホテルから野外コンサート会場Dalhallaに向うバスの車窓からの景色です。

お昼にホテルに到着したときにはしとしとと雨が降っていたけど、
会場に向かうバスに乗る頃にはすっかり晴れ

b0119705_8513934.jpg

不思議な雲が大空に広がっていました。

b0119705_851477.jpg

先月の夏至祭のなごり・・・
ポールに飾られた白樺の葉っぱとお花はすっかり枯れていましたが
メイポールがあちこちに立っていました。

b0119705_8515378.jpg

b0119705_8515976.jpg


b0119705_852335.jpg

シリアン湖に浮かぶ白樺の葉っぱが太陽の光に照らされキラキラと輝いています。


そして、
コンサートの帰り、雲の合間から光が漏れ、あまりに美しかったので
思わずシャッターを押したら…
b0119705_852821.jpg


こんな不思議な『絵』が撮れました(笑)


明日はホテルの紹介です。
お楽しみに!
[PR]
by roriecocco | 2012-07-24 06:00 | | Trackback | Comments(0)
憧れのコンサートホールで・・・
b0119705_7254379.jpg

15年以上前に作られてからずーーーと行きたかった野外コンサートホール
Dalhalla(ダールハッラ)
ストックホルムから少し北西にあるダーラナ地方にあります。
ダーラナ地方には銅の採石でも有名な鉱山がありますが、
ここは古い石灰岩の採石場を利用して作られたとてもユニークな会場です。

b0119705_7255834.jpg


こういう山頂から切立った崖を岩はだを見ながら降りて行きます。
最後のほうは階段だけど、それまでは普通の道です。

b0119705_7255966.jpg


会場のバックを山頂あたりから見た感じ。
コバルトブルーは石灰岩が作る自然の色だそう。
幻想的です。

b0119705_7255161.jpg






そしてコンサートはこの人

b0119705_726636.jpg

Norah Jones

b0119705_7261156.jpg

 
最高のロケーションで甘い歌声に酔いしれました。。。

b0119705_7261211.jpg



以外と年齢層が高かったのには驚き

b0119705_815165.jpg



会場の上にはレストランもあります。
コンサートとセットでディナーも楽しめることもできる、
なかなか粋な計らいです。

但し残念ながら会場内にはお酒類の持ち込みは禁止。
当然か・・・(・・;) 
え?でもSADEの時は中で売ってたような・・・

でも、開演前にしっかりほろ酔い気分でした(笑)


まだまだ明るいダーラナ地方の夏。
コンサートが終わった夜11時でも薄明るい〜
白夜の夜は楽しまなきゃね!


b0119705_7261910.jpg

帰り道、山頂あたりから人のいなくなった客席をみたところ。


ダーラナ地方にいらっしゃる方は是非コンサートをチェック!
ここでもオペラや演劇も素敵ですよ。

こちらからもっと美しい画像をどうぞ!
[PR]
by roriecocco | 2012-07-23 08:18 | イベント | Trackback | Comments(0)
夏至祭の食卓
b0119705_6505178.jpg

いつものお料理で、恐縮ですが…

酢漬け鰊

b0119705_6505588.jpg


茹でた新じゃがに酢漬け鰊をのせ、Grädfill(サワークリームとヨーグルトの中間みたいなもの)と紫玉葱とチャイブでトッピング。
これをゆで卵と一緒にいただきます。

b0119705_6505924.jpg

skagenröra (スカーゲンローラ)とは、
茹でた甘海老をCreme fraiche(クレーム・フレッシュ)というGrädfillと似た少し生クリームが混ざったような乳製品とキャビアで混ぜたもの。スウェーデン料理独得のハーブ、ディルも一緒に、私はレモン汁もたっぷりと混ぜ、トーストしたパンの上にのせて頂きます。

1年に2〜3回くらい食べる我が家の伝統的スウェーデン料理です。
[PR]
by roriecocco | 2012-07-15 07:10 | food | Trackback | Comments(0)
オットーさんのラザーニャ
b0119705_824062.jpg

先週から滞在中のオットーさんが作ってくれたラザーニャ。
レパートリーが少ない・・・と恐縮しているようですが、
私としては帰宅して夕食が準備されているというだけで、
もう充分、贅沢な気分ですから。。。

b0119705_825023.jpg

オットーさんの18番のこのお料理は我が家の肉じゃがのようなもの。

なんでスウェーデン人がラザーニャ?
とお思いでしょうが…
今やパスタ料理はスウェーデン家庭料理の常連。
日本の餃子のような存在です。

この日のラザーニャはミートソースとパスタとホワイトソースのバランスが
とっても良い、うんま〜いラザーニャでした。

b0119705_89523.jpg


レシピ?

ないそうです。。。悪しからず。


暫く家族団欒の日々が続きます。
[PR]
by roriecocco | 2012-07-14 08:16 | food | Trackback | Comments(0)
茗荷といっしょに ”つるつるっ”
b0119705_5332076.jpg

 
夏はやっぱり、”つるつるっ”がいいですね!

とはいえ、それほど暑いわけでもありませんが・・・

頂いた茗荷を充分に楽しめるようにと
冷やしうどんを作りました。

b0119705_5333199.jpg

コリアンダーや、大葉とおなじように
若い頃は「ちょっと苦手」な香味だったものが、
いつしか「なくてはならない」引きたて役の香草になっています。



最近ちょっとコツを得て、
いい気になって作っている温泉卵ものせて

b0119705_5332536.jpg


b0119705_5333573.jpg


お友達から頂いた、こんなスパイスを効かせたら

b0119705_5333882.jpg


つるつるっと…
ヤミツキになりそうな美味しいさです ^^;


香りって、恐ろし。。。
[PR]
by roriecocco | 2012-07-11 06:12 | food | Trackback | Comments(3)
夏真っ盛り・・・
b0119705_5362122.jpg

いかがお過ごしですか?

こちらスウェーデンにも真夏がやってきました!
例年にない降水量で日本のような気候です。
25℃でも蒸し暑く感じるって、本当に珍しい夏です。
でも、夜は窓を開けて眠ると涼しい風が入ってきて心地いい。
こんな日がせめて1ヶ月続いてくれると、
この国も住みやすいんだけどなぁ。。。

ということで、夏至祭に行ったSkansenの続きです。

b0119705_5364481.jpg

ストックホルム中の人と観光客が全部ここに集まってきたんじゃないか…
っていうほどの人出。
広場の真ん中にはこんな高いメイポールも立っていました。

芝生の上では何処もかしこもピクニックする人でいっぱい!

b0119705_5374924.jpg

至る所にお花の冠が作れるよう、白樺の枝が置かれていました。

b0119705_537573.jpg

ほとんどの…という程の人がお花の冠を被っていました。

特別設置されたステージでは民族衣装を来た人たちによるパフォーマンスが、
フォークミュージックとともに始まります。

b0119705_5384797.jpg

b0119705_538535.jpg

b0119705_5385718.jpg


カール・ラーションの絵の世界のようでした。


それからカフェでFika(フィーカ)!
b0119705_539154.jpg


もちろんシナモンロールと一緒にね♡
b0119705_5392025.jpg



おまけはこちら↓

b0119705_6112333.jpg

偶然であったお友達のお嬢さんの桃ちゃんが見つけた『てんとうむし』
[PR]
by roriecocco | 2012-07-10 06:15 | グリーティング | Trackback | Comments(0)
Moderna Museetの展示
b0119705_644637.jpg

9月9日までの期間限定の展示 Explosion!
まさに、芸術は爆発! です。

b0119705_6441822.jpg

ドロのプールからブクブクーと爆発しています。

b0119705_6444864.jpg

こちらも何かが爆発。

b0119705_6442219.jpg

ぶら下がっているロープに体を縛り付け、その動きによって描かれた線。


日本人の作家の作品も数多くありました。
b0119705_7465882.jpg

こちらはShiraga Kazuo画伯の作品。
盛り上げた絵具の上に飛びのり跳ねを作ったそうです。

b0119705_645322.jpg

草間彌生さんの作品は
立体の水玉模様。
いや、もっと深い意味をもつのでしょう。


現在オノ・ヨーコさんの展示もあります。

b0119705_6451939.jpg

グレープフルーツの意味が解らなかった… (・・;) 

b0119705_6452633.jpg

昨日の記事に書いたWish Treeもオノ・ヨーコさんの作品のでした。



こちらはミュージアム所有の作品の中から、この夏の展示


b0119705_6454059.jpg

b0119705_6454220.jpg

右側の四角い窓は本当の窓。
外に見える景色と壁面に映された映像のコントラストは計算されたものなのでしょうか・・・

b0119705_6455570.jpg

久しぶりに大好きなマティスの作品を拝む事ができ、
暫く見かけていなかったので、凄く得をした気分でした。

b0119705_6472553.jpg

こんなのが家の玄関にあったら素敵だろうなぁ…と。

現代アートは理解が難しく、いつも複雑な気持ちで帰ってくるのですが、
作品そのものよりも、その思想と過程にあるものなのだな…と
ぼんやりと理解したつもりになりました。
[PR]
by roriecocco | 2012-07-09 06:51 | culture | Trackback | Comments(0)