rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:シーフード ( 55 ) タグの人気記事
ザリガニ食べよ〜
b0119705_20465984.jpg

Kräftskiva(クレフトフィーヴァ)

8月7日は今年のザリガニパーティー、Kräftskivaの日です。

ザリガニ漁が規制されていた頃、毎年8月の最初の水曜日が解禁日だったそうです。
1994年には規制も解けたのですが、この日を記念日として
『ザリガニパーティー』を開きます。

Kräftはスウェーデン語でザリガニ、skivaは宴の意味です。
つまりザリガニを食って、飲んで騒ぐというわけ!

この宴では勿論ザリガニがメインで、他にはチーズのパイやサラダ類のみ
後はアルコール度の高いスナップス、アクアビットというお酒を飲みます。

白夜の夜もそろそろ終盤になるこの頃は9時くらいから薄暗くなり、
不気味な顔の絵が書かれたスウェーデン風提灯が庭やバルコニーに掲げられ
そろそろ終わる夏を惜しむ感じでちょうどいい雰囲気になるのです。

数年前に娘のお友達が来たときには、わが家でもこういう感じで頂きました。

家ではザリガニ好きもいなく、あまりこういうお祭りはしないのですが、
今日はHaskräftor海のザリガニという、もう少し海老に近いものでお祝いでもしますか。。。
[PR]
by roriecocco | 2013-08-07 21:22 | culture | Trackback | Comments(4)
やっぱり、サーモン!?
b0119705_22293723.jpg

鮭はらすの炙り寿司

ちょっと(随分かな?)前に買ったブリュレ用バーナーをやっと使いました。。。
ブリュレ用なので火力は少々小さめだけど
焼き目をつけた香ばしい皮が、
脂ののったはらすと解け合って、美味しかった〜

b0119705_22294234.jpg

なにぶん、素人寿司なので…汗。。。
握る前にバーナーで焼いたら身割れしてしまいました。。。あ〜 /(´o`)\
次回のリベンジに期待して、今回はまあまあ。

こちらの寿司屋ではほとんどがサーモンで、サーモンだけのお寿司を注文する人も少なくないのは分かる気もします。他には美味しい魚なかなか手に入りませんから。

実はわが家も…
冷凍庫の中にはサーモンしかなかったーーー。

で、やっぱりサーモンづくし。
ロールもアボカドとサーモンでシンプルに。
b0119705_22294471.jpg


それでも久々のお寿司に娘たちは大喜び〜


北欧サーモンはやっぱり美味しいね!
[PR]
by roriecocco | 2013-05-26 23:11 | food | Trackback | Comments(0)
sill(シル)と strömming(ストロミング)
b0119705_4571312.jpg

Stekt strömming(ステークト・ストロミング)

昨日は strömming(ストロミング)の日だと聞いて、
うちでも作ってみました。

もうちょっと飾りに色気が欲しかったのですが…
あり合わせの野菜で作りました。
ディルもきらしていたものですから、
スウェーデン色、ちょっと薄くなりました。。。

ところでこの魚、sill(シル)? strömming(ストロミング)?
イマイチわからない違い…

酢漬けにしてあるのが『シル』
でこんな風に焼いてあるのが『ストロミング』だと
私の中では認識していましたが、ちがうかな「(゚ペ)
魚自体は同じような感じでもあり、そうでもないような。。。

地方によって呼び方が違うと言うお話も聞きましたが、どうでしょう。

日本では『鰯』と『鰊』は別の魚だそうで、
見たところ大きさだけでなく、色や模様が違うのですぐに違いも分かります。

こちらでは、酢漬けにするのは大きめの魚『鰊』のような気がしないでもなく、
普通お魚コーナーの頭付きで売られているのは、ちょっと小ぶりの『鰯』のようでもあります。

ま、どちらでもいいのですが・・・

このStekt strömming(ステークト・ストロミング)
いわゆる『鰯のパン粉焼き』はスウェーデンの代表料理でもあります。

普通は鰯2枚の間にマスタードとディルをはさんで、パン粉をつけ焼きます。
付け合わせはマッシュポテトにコケモモジャムですが、
この日は私流に作ってみました。

これをKnäckebröd(クネッケブロード)という乾燥硬パンにのせて食べたり、バーガーバンズに挟んで頂いても美味しいですよ。

ストックホルムには美味しい屋台でこういうのが頂けます。



鰯が手に入ったら、是非お試しあれ!

レシピはこちらでどうぞ☟☟☟☟

鰯のステーキ・スウェーデン風
[PR]
by roriecocco | 2013-05-11 06:19 | food | Trackback | Comments(0)
春の食卓に!
b0119705_23363744.jpg

まて貝のからし酢みそ和え

ちょっと前にイタリアンのレストランで食べたパスタが美味しかったので、
試しに買ってみました。

b0119705_23363344.jpg

こっちでは、貝類は良くネットに入って売っているのですが、
量がすごい!
うちのような女子3人で、一回の食事ではなかなか消化しきれません。。。
そこで、
先ずは酒蒸しにして
それからガリックバター炒め
そしてこのからし酢みそ和え(こちらはほぼ一人で消費しました。。。)

酒蒸し、ワイン蒸しにしてから、身をとって冷凍にしておくのもいいでしょうね。


からし酢みそでちょっと春っぽい食卓になりました!


以前にこんなのも作っていました。

これも!からし酢みそで食べていました。

うちの春の定番かな。。。汗
[PR]
by roriecocco | 2013-04-11 00:01 | food | Trackback | Comments(0)
今夜はこれで暖まろ・・・
b0119705_2023104.jpg

鮭入りかす汁

具は:大根、人参、蓮根、絹さや、鮭、こんにゃく

b0119705_20231464.jpg

クリスマスに買っておいた(いわゆる残り物…)スモークサーモンで
和風スモークサーモンのサラダ

私はお醤油ベースのドレッシングでいただきましたが、
味噌ドレでも美味しそう!


それから
b0119705_20231978.jpg

大根のお漬け物

今ではいつでもどこでも(?)手にはいる大根を薄切りにし
塩で軽くもみ水だししてから、すし酢に漬けます。
蜂蜜少々、鷹の爪(またはチリ)、柚子の皮(あれば)を少々+するとさらに美味しくなります。
柚子胡椒をまぜてもいいかも…
ちょちょっとできるけど、2日目くらいが一番美味しい。



それからまた
b0119705_20351854.jpg

お赤飯 :)


ご馳走さま〜
[PR]
by roriecocco | 2013-01-11 20:45 | food | Trackback | Comments(0)
Första adventアドヴェント第1週目
b0119705_21533688.jpg

さて、いよいよクリスマスの行事が始まりました。
昨日2日の日曜日はアドヴェント第1週目で1本目のキャンドルに灯がともりました。

クリスマスのパンLussekatterルッセカッテル(またはルッセブッラル)と呼ばれているサフランパンも、
もうとっくにお店には出ていますが、この日に間に合うよう…汗;
やっと焼けました。。。

b0119705_22906.jpg


b0119705_21535082.jpg



b0119705_21534663.jpg


黄色い色のこんな形のパンはいつ見ても可愛いです。
サフランの香りもプ〜ンと部屋中に漂い。クリスマス気分が盛り上がります。
本当はジンジャークッキーも焼くのですが。。。
どうも、間に合いませんでした。

サフランパンのレシピはこちら!

夕食にもサフランを使って…と思ったのですが、
結局人参を一杯つかって黄色くなったお魚のスープに致しました。
b0119705_2153556.jpg



さてさて、日本では『師走』と言われる12月ですが、
こちらでもやはり忙しい12月です。
クリスマス関連の行事も目白押し、
週末にはクリスマスマーケット回りもしたいし、
スパイスを利かせた暖かいワイン『グロッグ』でパーティーを開いたり、
10日には今年も日本では話題になるでしょう、ノーベル授賞式、
13日にはルシア祭と、慌ただしく、忙しい月です。


先週から気温もぐっと下がり寒さも本格化してきました。
クリスマスまで、風邪をひかないよう元気に過ごしましょう!
[PR]
by roriecocco | 2012-12-03 22:23 | イベント | Trackback | Comments(0)
簡単イタリアン
ちょっと前の夕飯

b0119705_10371669.jpg



カッペリーニのアラビアータ

b0119705_10421265.jpg

鰯のイタリア風パン粉焼き

バルト海に面しているストックホルムだけど、ここは淡水と海水が混じった海なので
あまり沢山の種類のお魚は捕れません。

サーモン、鱈、鰯くらいかな…大抵いつも普通のスーパーの魚売場にあるのは。

だからうちの食卓にもよくのぼります。

付け合わせは
細めのカッペリーニをチリが効いたシンプルなトマトソースで和えました。
あとはお好みのサラダを添えるだけで簡単ワンプレートディナーです。

b0119705_1037237.jpg


私はルッコラの入ったグリーンサラダに、グリルしたパプリカを添えて
色もイタリアンのワンプレートディナーにしました。

b0119705_10372836.jpg


焼きパプリカのサラダは特別な味付けをしないほうが美味しい気がします。

冷たく冷やしておくと絶品の夏の一皿!
黄色やオレンジのパプリカと混ぜるとワンランクアップ。
オリーブオイルでカリカリに焼いたガーリックをトッピングしても、ぅんまそ〜

って、シンプルがいいって言ったばかりなのに(・・;) 

レシピはこちら↓↓↓↓
[PR]
by roriecocco | 2012-08-19 06:23 | food | Trackback | Comments(2)
”酢漬け鰊のタルタル”作ったよ〜
b0119705_61792.jpg


先日ダーラナのホテルで食べた前菜
『マッチェシルのタルタル』を再現してみました。

ちょっと見かけは違いますねぇ… 
でも味はこんな感じかな。。。

ちょっと材料が揃わなかったり、勘違いしたり…で (・・;) 

チャイブの代わりに葱の小口切り。

クレームフレッシュを泡立てるはずが…
代用して泡立たなかったグレッドフィール。

本来シルを食べるときはこのグレッドフィールと一緒に食べるのですがね。。。
同じ乳製品なのに…やっぱり違うんですね ( ̄Д ̄;;


シルとはスウェーデン料理を代表する『酢漬け鰊』
ことあるごとに出て来ます。

例えば、こんな時も食べています(汗)

食材のレパートリーが少ないですね・・・


作り方を調べてみて、ちょっとアレンジしてみました。

レシピはこちら☟☟☟ 下のほうからクリックすると入れます。

”マッチェシルのタルタル”のレシピはこちらから☟☟☟
[PR]
by roriecocco | 2012-08-01 07:13 | food | Trackback | Comments(0)
夏至祭の食卓
b0119705_6505178.jpg

いつものお料理で、恐縮ですが…

酢漬け鰊

b0119705_6505588.jpg


茹でた新じゃがに酢漬け鰊をのせ、Grädfill(サワークリームとヨーグルトの中間みたいなもの)と紫玉葱とチャイブでトッピング。
これをゆで卵と一緒にいただきます。

b0119705_6505924.jpg

skagenröra (スカーゲンローラ)とは、
茹でた甘海老をCreme fraiche(クレーム・フレッシュ)というGrädfillと似た少し生クリームが混ざったような乳製品とキャビアで混ぜたもの。スウェーデン料理独得のハーブ、ディルも一緒に、私はレモン汁もたっぷりと混ぜ、トーストしたパンの上にのせて頂きます。

1年に2〜3回くらい食べる我が家の伝統的スウェーデン料理です。
[PR]
by roriecocco | 2012-07-15 07:10 | food | Trackback | Comments(0)
Londonの美味しい思い出-3
b0119705_5515825.jpg

1日目の夕食は友人のお薦め、SOHOにあるSeafoodレストラン
『Randall & Aubin』

b0119705_552692.jpg

イギリスでシーフードって大丈夫か…
と、心のどこかで信じていなかったんだけど、
通りから見えるガラス張りのショウウィンドウには美味しそうな魚介類がびっしり!
うんと食欲をそそりました。

b0119705_5521019.jpg

クラブ?
みたいな店内は音楽もガンガンで、
ちょっと食事をする雰囲気ではありませんが・・・

以外に美味しい
いえ、なかなか美味しいSeafoodを頂きました!

まずはキリッと冷えた白ワインとオイスターでスタート

b0119705_5524557.jpg


鱸のムニエル風

b0119705_5523669.jpg


ここは!と欲張った私が注文したロブスター。

b0119705_5524089.jpg


誰が注文したのか、忘れちゃった…鮪のステーキ

b0119705_5524916.jpg


いえいえ、こんなに小さなポーションではありません。
こちらは一口いただいた私のお皿。

どれも、美味しくてちょっと驚き!
どちらかというとフレンチの洗練された美味しさ
雰囲気と味がちょっとマッチしない不思議なレストランでした。

そしてやっぱりイギリス

b0119705_5525518.jpg

フレンチフライはありました!

10年前に来たときはFish & chips のまずさに驚愕したけど、
ここのフレンチフライはパリパリで美味しかった〜

最近は美味しいレストランも増えたそうです。

イギリスもなかなかやるな・・・

さて、次回はこのあと寄ったもう1件のお店に続きます。

ご期待を〜
[PR]
by roriecocco | 2012-05-29 06:35 | | Trackback | Comments(0)