rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:スウェーデン料理 ( 97 ) タグの人気記事
お知らせ
日本では毎日暑い日が続きますね。
帰国してもうすぐ3年が経とうとしていますが、
未だに蒸し暑い夏には慣れません・・・

さて
お知らせが遅くなってしまいましたが、
4月15日に「Fika」の本を出版いたしました!

ライターで編集者の塚本佳子さんとの共著になりますが、
とても素敵な本に仕上がりました!

スウェーデンの文化を語る上でなくてはならないコーヒータイム「Fika」(フィーカ)を
ご紹介する最高の機会ができ、本当に感謝の気持でいっぱいです。
ものすごく良いタイミングでの出会いと、
塚本さんとは、色々な部分で共鳴する事もあり、トントン拍子にお話が進みました。
出版社の担当者である橋元さんには大変骨をおっていただき、
お仕事が進めやすかった事にも感謝しています。

是非、手にとってご覧頂けると嬉しいです!!!

Tsutaya書店、ブックファースト、HMV等でも販売しています。

アマゾンはこちらから☟です!

https://www.amazon.co.jp/Fika-フィーカ-ele-king-books-塚本佳子/dp/4907276516/ref=pd_sim_14_5?ie=UTF8&dpID=5143MwakNML&dpSrc=sims&preST=_AC_UL160_SR130%2C160_&refRID=PSFS8CZ6A1NXS6C6HJEQ

本の中身をちょっとだけご紹介!
b0119705_16473677.jpg
b0119705_16472159.jpg
b0119705_16443543.jpg

[PR]
by roriecocco | 2016-08-01 16:56 | グリーティング | Trackback | Comments(0)
今年も華やかなノーベル賞授賞式
b0119705_01243427.jpeg
                       Copyright © Nobel Media AB 2013

アドベントのキャンドルも3本目に火が灯り、
いよいよあと1週間でクリスマスですね。

スウェーデンでは12月に入ると色々とクリスマス関係のイベントが目白押し。
日本と同じやはり慌ただしい月です。

ノーベル賞授賞式はクリスマスとは全く関係がなく、ノーベル財団主催で国の行事ではないのですが、世界でも最も話題に上る国をあげての行事です。
毎年12月10日のアルフレッド・ノーベル(スウェーデン語ではノベールと発音しますが…)の命日に賞授賞式と晩餐会が開催されます。
授賞式はコンサートホールで行われ、その後晩餐会は市庁舎が会場となるため、ストックホルムは各国の報道陣が増え騒がしくなります。
昨年からはイギリス国営放送BBCが宮殿の1室で受賞者を招き討論会が開かれるようになり、報道番組も充実してきました。
日本では受賞者がでない年は、まるで何もなかったかのように、
ほとんどニュースを聞く事もありませんね。

幸いスウェーデン国営放送SVTでは世界中に無料で発信していますので、日本からでも視聴できます。
残念ながらスウェーデン語のみですが、インタビューなどは英語で行っていますので、興味のある方は下のリンクからご覧ください。

こちらのリンクからどうぞ!

この日着飾った参加者のファッションも話題にあがりますが、今年はビクトリア王女がマンデラ大統領の葬儀出席のために欠席。 今年結婚された次女のマデレーンは妊娠中の身体を労ってという理由で欠席。
そのせいか少し華やかさに欠けた感じもしました。

会場を飾るお花は今年もGunnal Kaj(グンナル・カイ)氏
ファンとしては残念ですが、14年目の今年が最後になるそうです。

そして、毎年私が一番気になるのは晩餐会のメニューです。
このメニューは会場のデコレーションやエンタテーメントとともに全て、当日までテーマも極秘で内容は全く発表されません。
日本のように予測、憶測して週刊誌がすっぱ抜くというような事はなく、みんなおとなしく発表されるまでの楽しみにしています。

随分前置きがながくなってしまいましたが…
さて、今年のノーベル賞授賞受賞晩餐会のメニューはこちら!



先ずは前菜から
b0119705_01214029.jpeg
                      Copyright © Nobel Media AB 2013

・ホロホロ鶏のモザイク仕立て
・ゴットランド産の人参のテリーヌ、同じくゴットランド産トリュフ入りマヨネーズ、カンタレッル茸デュクセル添え(デュクセルとは細かく刻んだタマネギの種類だそう)


そしてメインデッシュは


b0119705_01182722.jpeg
                      Copyright © Nobel Media AB 2013


・海のザリガニ(英語ではロブスターとなっていましたが…)が詰まった、ヒラメのドーム

・ほうれん草とチーズクリームのタルト、海のザリガニのせ

・とんがりキャベツのテリーヌ、海のザリガニソースとアーモンドポテトのピュレ


*海のザリガニってこんな感じです。

http://roriecocco.exblog.jp/16127922/



デザートはノーベルの頭の中を再現


b0119705_01215156.jpeg
                  Copyright © Nobel Media AB 2013


・チョコレートシルエット ノーベルの横顔をチョコレートでかたどったもの。

・ミニミニブラウニーとハーブトーンソルベ(ここ数年話題のベリー、ハーブトーンが使われていますね)

・筒状のものはノーベルの発明したダイナマイトをチョコで再現したもの。中にはヘーゼルナッツ入りヌガーと塩キャラメルが入っているそうです。

今年のテーマ『アルフレッド・ノーベル』そのものを表現した締めくくりでした。


以前日本の報道陣が「たったの3品です!」と驚いたように報道していたのが、今でも印象的ですが…

スウェーデンでは前菜、メイン、デザートの3品が一般的なディナーメニューになります。
このような晩餐会でも質素で堅実なスウェーデン気質が出ている気がしますね。
質素とはいえ、国内でとれた食材を生かした手の込んだお料理だと思います。
出席者350人分を作る事を思えば、一大事業です。
73人のコックが4日掛かりで調理するそうです。
やはり、こころの籠ったお料理と言えるでしょう。

パフォーマンスはそれぞれのお料理の合間に披露され、晩餐会は延々3時間半にも及びます。

今年のパフォーマンスはノーベルと同じ時代に力強く生きた3人の女性を描いたオペラでした。


今年もこれがおわると、いよいよクリスマスだなと感じます。






[PR]
by roriecocco | 2013-12-17 18:46 | イベント | Trackback | Comments(1)
茸のグラタン
b0119705_742175.jpg

森で採った茸を使ったもう1品は
『ライスグラタン』

b0119705_7421422.jpg



b0119705_742860.jpg


<アバウトなレシピ> ですみません。。。

1)玉葱、人参、ガーリック、残っていたズッキーニはみじん切りにし、
茸はスライスまたは大きめのみじんぎりにして、パスタの時とおなじように、オリーブオイルとバターで水分が少なくなるまで炒める。

2)暖かいご飯を投入し塩、ブラックペッパーで味つける。(これで充分ですが、物足りない方は野菜のブイヨンか、クレイジーソルトも入れて下さい)
茸風味の海塩、岩塩などでもいいでしょう。

3)そのままプラフふうに頂いてもいいし、ゆるめのベシャメルソースをかけていただいてもいいです。
写真ように、オーブンで数分焼き色をつけてグラタン風にしても食欲をそそります。

素材がいいと、こてこてと味付けするよりシンプルに美味しさを楽しむのが一番ですね!


そして、茸を採る合間に摘んで来たブルーベリーは

b0119705_7422278.jpg

ミューズリー(シリアル)とヨーグルトと一緒にそのまま頂きました。

ミューズリーとヨーグルトは朝食の定番ですが、
おやつとして頂いてもおいしいですね。




今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-09-05 21:01 | food | Trackback | Comments(0)
茸のクリームパスタ

b0119705_7494575.jpg


カンタレラ茸

この黄色い茸が市場やスーパーに並ぶと、夏もおわりかな…って感じます。
スウェーデンで一番ポピュラアーな茸かな。
香りも味も独特で日本では杏茸と呼ばれているようです。

b0119705_934420.jpg




先日森で収穫した茸と
茸を見つけている間に、摘み取らずにはいられなかった…ブルーベリー

b0119705_934947.jpg


Mandelkremla アーモンド茸の笠の裏側。 
ひだがとっても綺麗ですが、触るとぽろぽろとすぐに崩れてしまいます。



b0119705_7495462.jpg



見かけはちょっと怪しげだけど…
なかなか美味しい、Sandsopp 砂茸

b0119705_7504282.jpg



裏側のスポンジ状の部分は取り去ってしまいます。


そして、収穫した茸を使って
クリームパスタを作りました!

b0119705_7494949.jpg



だいたいのつくり方… 
アバウトなレシピで失礼致します。。。

1)茸は丁寧にブラシで汚れを落とし(採れにくい汚れは濡れたキッチンペーパーで拭き取る)

2)ベーコンを細かく切って、カリカリなるまで焼きキッチンペーパーで脂を取っておく。

3)パスタのお湯を沸かしている間に・・・
ガーリックとポロネギをみじん切りにして、オリーブオイルとバターで水分が無くなるくらいまで、よく炒める。

4)白ワインを回し入れ、更に生クリームをたっぷり入れ、パルメザンチースも入れ、少し煮詰める。

5)塩胡椒で味を整える。
*お好みで最後にお醤油を少々垂らしても美味しいです。

6)お皿に盛ったら、カリカリにしたベーコンをトッピングする。

*パセリのみじん切りもたっぷりと入れると美味しいですが、
この日はパセリを切らしていたので、代わりに葱の小口切りをトッピングしました。

色々な茸の味が混ざっていてブイヨンなんか必要ない、味わい深いソースになりました。
自然の恵み、思う存分に楽しませて頂きました!

続いて茸を使ったお料理もう一品は、明日のおたのしみ〜。



今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-09-05 07:47 | food | Trackback | Comments(4)
GastrologikとSpeceriet
b0119705_16441347.jpg

こちらはオープンして2年になるレストランGastrologik(ガストロロギーク)
素材にこだわって、近郊農家から取り寄せたオーガニック食材を丁寧に料理してくれます。
その日一番いいものを仕入れるということで決まったメニューがないようです。。。

そういうのって、どうも気軽に入りにくい…
ですよねー。
そのうえ予約でいっぱいだそう…。

でも大丈夫!
昨年、隣接して、ビストロ風カジュアルレストランSpeceriet(スペセリエット)がオープンしました。
こちらはちょっと狭いですが、予約なしで入れます。


こちらはレストランgastrologikのほうです。
b0119705_16442016.jpg

Östermalmエステルマルムの一角軍事博物館のすぐそばにあります。
Nybrokajenニーブロカイエンからも歩いてすぐ。

b0119705_16442641.jpg

洗練された北欧らしいインテリアが素敵です!
ちょっと温かみに欠ける?
う〜ん、私はこういうの好きだな。。。

b0119705_16442915.jpg


b0119705_16443892.jpg

実は私、こちらでお食事したことがありません。。。
で、お高いレストランはいつものランチ。


こちらがビストロ・スペセリエットのほうです。
b0119705_1645821.jpg

鯖のグリル
温野菜のうえにど〜んと北欧の鯖半身が乗っているので、
結構お腹いっぱいになります。

b0119705_16451540.jpg

グリルチキン
こちらも若鶏、真っ二つに切った半分、そのまま乗ってます〜。
ビジュアルもなかなかな迫力で、がっつり頂けるランチです。

ランチのメニューは少ないのですが、満足の味と質と量。
お薦めレストランです!

店内にはオリジナルの食品も売られています。
お野菜やお肉類があったりもします。
b0119705_16451089.jpg



*****レストランの情報******

gastrologik

住所
Artillerigatan 14
11451 Stockholm
08-662 30 60
info@gastrologik.se
http://www.gastrologik.se/

火〜土 19時〜午前1時


SPECERIET

住所はgastrolokgikと同じ

ランチ
火〜金 11:30 - 14:oo

ディナー
月〜日 17:00 - 22:00





今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-09-03 06:46 | Restaurant & Café | Trackback | Comments(0)
この夏話題のレストラン OAXEN
b0119705_6323444.jpg

Oaxen(オアクセン)島にあった予約がなかなか取れないと言われた
人気レストラン"OAXEN"


2年前に閉店したあと、Södermalm(セーデルマルム)のMaria torget(マリアトリエット)にデリカテッセンのお店Skafferiをオープンしたのが一昨年の冬。
そして今年の夏、やっとDjurgården(ユールゴーデン)にレストランがオープンしました!


b0119705_6324228.jpg

ロケーションは最高!
ストックホルムならではの海辺に建つレストランです。
b0119705_6322216.jpg

船の倉庫らしき建物にあったインテリアは、そこから見える景色に溶け込んでいて、これがまた素敵です!

b0119705_6323741.jpg

こちらはエントランス
矢印が可愛い!

こちらは気軽に入れるビストロ風のレストランSLIPのほうです。


b0119705_632395.jpg

高い天井からぶら下がっているカヌーやヨット
b0119705_6323281.jpg

古い劇場の椅子も…
b0119705_6323080.jpg

照明器具も
素敵です!


ビストロSLIPのほうでは
数人で分け合いながら頂けるようになっています。
b0119705_6322415.jpg

ランチメニューも豊富です。
お薦めはやはりソーセージ等お肉料理ですが、シーフードも美味しいそうですよ。
b0119705_6322777.jpg

この日私たちが注文したのは子牛のクリームシチューでした。
お箸で崩れそうなくらい柔らかい(お箸はおいてありませんが…)しっとりと、なんとも美味しいお肉でした。

b0119705_6324474.jpg

夏期は海に面したテラス席は最高に気持がよさそう。

冬場は雪に覆われ、それはそれでまた素敵な景色を楽しみながらお食事できそうですね。

ビストロとはいえ、お安くないお値段ですが…
KROGのほうは更にお値段が上がって、
ちょっと特別な時にしか行けない、トップクラスのレストランです。

いつか行ってみたいけど…


ということで、今回は友人たちが、ストックホルムを離れる私の為にアレンジしてくれた、おそらく最後になるだろうちょっと豪華なランチ会でした。


ストックホルムもこの数年でびっくりする程お洒落なレストランが増えました。
まだまだ行っていないレストランがいっぱいだけど…
また今度来た時の楽しみに取っておきましょう。

あともう少し、素敵なレストランの紹介できるかな・・・・?


OAXENの情報

住所
Oaxen Krog & Slip
Beckholmsvägen 26
115 21 Stockholm
+46(0)8 551 531 05
info@oaxen.com

*地下鉄中央駅セルゲル広場地上階から
トラムDjurgården(ユールゴーデン)行きに乗り、Skansen(スカンセン)下車
徒歩2分

map


営業時間
SLIP
ランチ
火〜金 12:00-14:00

ブランチ
土 & 日 12:00-14:30*

ディナー
火〜金  17:00-21:30*
日〜月 17:00-21:00*


KROG
火〜土  18:00-21:00

10品コースのラストオーダー 20:00




今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-08-30 07:56 | Restaurant & Café | Trackback | Comments(0)
ザリガニ食べよ〜
b0119705_20465984.jpg

Kräftskiva(クレフトフィーヴァ)

8月7日は今年のザリガニパーティー、Kräftskivaの日です。

ザリガニ漁が規制されていた頃、毎年8月の最初の水曜日が解禁日だったそうです。
1994年には規制も解けたのですが、この日を記念日として
『ザリガニパーティー』を開きます。

Kräftはスウェーデン語でザリガニ、skivaは宴の意味です。
つまりザリガニを食って、飲んで騒ぐというわけ!

この宴では勿論ザリガニがメインで、他にはチーズのパイやサラダ類のみ
後はアルコール度の高いスナップス、アクアビットというお酒を飲みます。

白夜の夜もそろそろ終盤になるこの頃は9時くらいから薄暗くなり、
不気味な顔の絵が書かれたスウェーデン風提灯が庭やバルコニーに掲げられ
そろそろ終わる夏を惜しむ感じでちょうどいい雰囲気になるのです。

数年前に娘のお友達が来たときには、わが家でもこういう感じで頂きました。

家ではザリガニ好きもいなく、あまりこういうお祭りはしないのですが、
今日はHaskräftor海のザリガニという、もう少し海老に近いものでお祝いでもしますか。。。
[PR]
by roriecocco | 2013-08-07 21:22 | culture | Trackback | Comments(4)
真夏の自家製 Fläderblom soda
b0119705_551860.jpg

昨日に引き続き今日も信じられない暑さの一日でした。

そんなときには…

そうそう、先日仕込んでおいたアレがあった〜!

ニワトコの花の濃縮ジュースです。
Fläderblom フレーデル・ブロームとは、スウェーデン語でニワトコの花のこと。

一昨年はいっぱい作ったのにイマイチだったのか、あまり消費されないままで、
少々、めげてしまい…昨年は作りませんでした。
そこで、今年は再度別レシピで挑戦しました!

因みに、一昨年のはこちら

先ずは、ニワトコのお花を15輪(っていうのかな?)ほど
b0119705_552444.jpg

今年も、
ニワトコのお花はお散歩途中にその辺で頂いてきました〜。

お家にこの木が無い人は結構こうして取っているようで、
どの木も下のほうの手の届くところのお花は少なくなっています。

お花に虫がついていることがあるので、良くふるい落とし
お水で綺麗に洗います。
ザルにあげ、水気がきれたら
b0119705_552626.jpg

輪切りにしたレモンとレモンの皮1個分と
b0119705_553571.jpg

ニワトコの花を一緒にボウルに入れ待機します。

b0119705_553020.jpg

皮の部分も使うので、
エコロジーな無農薬なものを使用したほうがいいでしょう。
それでも、綺麗に皮は洗ってくださいね。

鍋に0.5ℓのお水と5.5dℓのお砂糖を入れ沸かし、

それを
b0119705_554350.jpg

さっきのボウルに注ぎ込みます。
少し冷めたらレモン汁1個分も入れ、
後は冷蔵庫で3日程寝かせて出来上り!

冷蔵庫から出し時々混ぜてあげると、なお良いでしょう。











b0119705_554040.jpg

さあ、出来上がりました!
これを布巾で濾します。
b0119705_55486.jpg

布巾がなければ、キッチンペーパーでも大丈夫!

熱湯で消毒した容器に入れ、冷蔵庫で保管。
小分けにして冷凍すればもっと長持ちしますよ。

この量だと1ℓ弱なので、今年は飲み干しそうです。

今日はサッパリとソーダマシーンを使って
自家製ニワトコのソーダ水を作りました。
b0119705_555192.jpg

シュワ、シュワ〜っとサッパリ!
28度まで温度が上がった今日のストックホルム。
さわやかなソーダーでクールダウンできました。

今年のは成功したようです!
[PR]
by roriecocco | 2013-07-08 05:57 | food | Trackback | Comments(0)
ルバーブのパイ
b0119705_7491222.jpg

うっとりするような赤い色のルバーブが出回ってきました。

b0119705_7491710.jpg

緑色の部分は生唾がでてきそうなくらい酸っぱそうだけど、
なぜか赤い色にだまされます。
でもこれが、本当に酸っぱいんです!

コレをざくざくと切って、片栗粉を少し混ぜたお砂糖をまぶします。
お砂糖の量で甘さを調整できますが、
少しすっぱいくらいのほうが私は好きです。

うちでは、いつも一番簡単なクランチパイです。


b0119705_7492711.jpg

小麦粉にオートミールとココナッツフレーク、それにバターとお砂糖を手で混ぜて捏ねていきます。
ぽろぽろになった生地を、オーブン型にいれたお砂糖を絡めたルバーブの上にぱらぱらと振りかけ、そのままオーブンに入れて焼くだけの、本当に簡単なパイです。
b0119705_7492123.jpg


アツアツのパイとバニラクリームソースかバニラアイス、またはホイップクリームと一緒に頂くのが最高です!
b0119705_7493726.jpg




レシピは後程・・・
[PR]
by roriecocco | 2013-05-28 08:50 | food | Trackback | Comments(0)
sill(シル)と strömming(ストロミング)
b0119705_4571312.jpg

Stekt strömming(ステークト・ストロミング)

昨日は strömming(ストロミング)の日だと聞いて、
うちでも作ってみました。

もうちょっと飾りに色気が欲しかったのですが…
あり合わせの野菜で作りました。
ディルもきらしていたものですから、
スウェーデン色、ちょっと薄くなりました。。。

ところでこの魚、sill(シル)? strömming(ストロミング)?
イマイチわからない違い…

酢漬けにしてあるのが『シル』
でこんな風に焼いてあるのが『ストロミング』だと
私の中では認識していましたが、ちがうかな「(゚ペ)
魚自体は同じような感じでもあり、そうでもないような。。。

地方によって呼び方が違うと言うお話も聞きましたが、どうでしょう。

日本では『鰯』と『鰊』は別の魚だそうで、
見たところ大きさだけでなく、色や模様が違うのですぐに違いも分かります。

こちらでは、酢漬けにするのは大きめの魚『鰊』のような気がしないでもなく、
普通お魚コーナーの頭付きで売られているのは、ちょっと小ぶりの『鰯』のようでもあります。

ま、どちらでもいいのですが・・・

このStekt strömming(ステークト・ストロミング)
いわゆる『鰯のパン粉焼き』はスウェーデンの代表料理でもあります。

普通は鰯2枚の間にマスタードとディルをはさんで、パン粉をつけ焼きます。
付け合わせはマッシュポテトにコケモモジャムですが、
この日は私流に作ってみました。

これをKnäckebröd(クネッケブロード)という乾燥硬パンにのせて食べたり、バーガーバンズに挟んで頂いても美味しいですよ。

ストックホルムには美味しい屋台でこういうのが頂けます。



鰯が手に入ったら、是非お試しあれ!

レシピはこちらでどうぞ☟☟☟☟

鰯のステーキ・スウェーデン風
[PR]
by roriecocco | 2013-05-11 06:19 | food | Trackback | Comments(0)