rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:デザイン ( 7 ) タグの人気記事
お気に入りの牛乳パック
b0119705_18292455.jpg


どこの国にいってもスーパーを覗くのは楽しみのひとつですね。

そこで、スウェーデンに行かれる方に私がお薦めするのは乳製品コーナー。
乳製品の充実度は、長年住んでいても関心するほど。
どこが違うんだろう‥‥と、売り場でよーく比較してみることも度々。
毎年のように新しい製品が増え、ますます買い物の時間が長くなりそうです。

パッケージもさすがのセンス! 見ているだけで充分楽しくなります。
でも、このパッケージデザインは単に格好よくて、美しいというだけではないのです。
沢山ある商品の中から選びやすいよう、実に合理的にデザインされています。

1991年からストライプのパッケージでお馴染み、アーラ社の牛乳パックがその代表。
基本的に牛乳は脂肪分のパーセントで4種類に分けられ
3%は赤、1、5%が緑、0、5%が青、0、1%が黄色と
それぞれのパッケージがストライプの色で区別されています。
色だけではなく、脂肪分の多いものから少ないものへと
ストライプの幅も細くなっていています。
なんとも理解しやすいデザインに仕上がっています!

牛乳だけでなく、ヨーグルトや他の乳製品も同じように区別されています。
だから、お買い物を頼む時も「緑の牛乳を買って来て〜」とか
「赤いバターね!」という会話になります。
恐らくどこの家庭でもそうじゃないかと‥‥思うのですが。

このパッケージのデザインは10グルッペンのデザイナーのひとり
Tom Hedkvist/トム・ヘッドクウィストさんによるものです。
ストライプは彼のトレードマークと言っていいほどのパターンですが、
それぞれ微妙な色の違いや線の太さに深いこだわりがあるそうです。

牛乳パックはその可愛さのあまり、捨ててしまうのが惜しくなり
ついつい色々と再利用してしまいます。

上のイラストのように花やハーブを育てたり
そのままキッチンの窓辺において使えそうですね。

実は我家の冷蔵庫の中でも、細かい物の仕切りとして活躍しております。
冷蔵庫を開けるのが、素敵なデザインに出会える楽しい瞬間にもなるのです。




今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2014-05-30 20:50 | デザイン | Trackback | Comments(0)
Mazetti Ögon cacao マゼッティのココア
b0119705_1711307.jpg

ホットココアが恋しい季節になりました。
スウェーデンでは温かいココアはホットチョコレートと呼ばれています。

ココアの粉は昔、こんな素敵な缶に入っていたんですって!
今でもÖgon cacao(オーゴンカカオ)は、おそらくどこの家庭にもある、一番人気のココアでしょう。

そして、この素敵な缶のデザインは、スウェーデンを代表するグラフィックデザイナー、
Olle Eksell(オーレ・エクセル)によるもの。
オーレ・エクセルのことは以前にも紹介しましたが、1956年にMAZETTI(マゼッティ)社のロゴマークをはじめ、商品パッケージや企業イメージ全般を総合的に手掛け一躍有名になりました。
四角い枠の中で見張った目は、なんともインパクトの強いロゴマークですね。
この目はココアの品質をしっかり見張っているという意味があるそうです。

丸い缶は今ではロッピス(蚤の市)などで見つける以外には手にはいらない貴重なものとなりました。
私も未だに気に入ったコンデションのものと出会った事がありません。
復刻版がでてもいいかな…と願うと同時に、ビンテージの本物の香りのほうが
やっぱり素敵だなと思たりもするのです。


b0119705_17114815.jpg

マゼッティ社はフィンランドのFazer(ファッツェル)社に買収されてしまい
残念ながら今はもうこういうパッケージはありません。。。

現在売られているココアは昔と同じ四角い紙の箱入りなのですが、
デザインが少し変わりました。
ファッツェルの青いロゴが目立ち過ぎ…
私には少々残念です。。。

こちら☟
以前の記事から


あ、最近は更に変わってしまい‥‥
ほとんど面影がなくなってしまいました。。。泣。。。

こちら☟
現在



可愛いオーレ・エクセルのイラストはココアアイズとともにポスターになって販売されていますが、私が見つけたなかでも一番目を惹いたのは、
上のイラストに描いた3Dメガネ!
映画館でみんなこれをつけてるところ想像したら、嬉しくなっちゃいました。



さて、お話のついでにちょっと足をのばしてみましょう!

素敵なデザイナー オーレ・エクセル氏の追っかけ、
してみませんか?!
といっても、氏は2007年にすでにこの世を去っておられますので、
残されたデザインを追っかけましょう。

目指す先はスウェーデン南部の地Malmö(マルメ)
ここににある、旧ファッツェル社の建物はチョコレート工場も含めそのままの姿を残しています。
現在、文化施設として使われていますが、当時のままあのココアアイズが至る所に残されていて、それはそれは素敵です。
マルメに行かれる方にイチオシのお薦めスポットですよ〜

私もちょうど1年前に訪れたマルメを思い出しました。


b0119705_1711757.jpg

メインエントランスかな(?)
どーんとココアアイズがお迎えしてくれます!

b0119705_17112370.jpg

ここにチョコレート工場もあったようで、大きな建物の一角にはちっちゃな博物館とカフェがあります。
ビール工場もあって、試飲つきで見学ができるそうです。

b0119705_17113245.jpg

カフェの中に古いチョコレート用製菓器具や、古い缶が陳列されています。
ここで、暖かいホットチョコをいただいて一息ついたら、更にお土産も調達できますよ。
可愛い昔のポスターや絵はがきも買えます。

b0119705_17105837.jpg

ビルの中には、あっちにもこっちにもココアアイズだらけ・・・

b0119705_1711734.jpg

門扉にも!

マゼッティ社はなくなったけど、こんな風にオーレ・エクセル氏の作品が大事に残されてるって、やっぱり凄いと思います。 そしてなにより嬉しい!!! 
いつまでも壊さないでね、と願うばかりです。






おまけはストックホルムから乗った電車の車窓からの景色。

寒い冬の景色はなんともいえず幻想的です。
b0119705_2021987.jpg

b0119705_20211221.jpg

b0119705_20211556.jpg

そういえば、3時間以上も電車が送れ
散々な旅でした。。。
[PR]
by roriecocco | 2014-01-27 16:31 | デザイン | Trackback | Comments(0)
Jean Paul Gaultier展
b0119705_203966.jpg

マドンナの衣装、尖りおっぱいのコルセット衣装でも有名なファッションデザイナー
ジャン・ポール・ゴルティエ展です。


b0119705_20383983.jpg



エントランスの展示ブースは話題のプロジェクションマッピングを使用
b0119705_20384475.jpg

不思議な空間になっています。
b0119705_20392564.jpg

b0119705_20384920.jpg

プロジェクトマッピングがどういうものかご覧になりたい方は
こちらでもっと観れます。




そして、
お馴染みのコルセット衣装には
ゴルティエの特別な思想がこめられているのです。
b0119705_20393264.jpg

象徴的なフレグランスのボトル


パンクファッションもひとつのテーマですが、
そこにもこだわりがあり、ゴルティエらしさを感じます。
b0119705_20393589.jpg




もうひとつ、びっくりしたのは彼のファッションイラストの上手さ。
70年から80年代に活躍したアントニオ・ロペスを思わせるタッチのイラストでした。


b0119705_2039169.jpg



それから、
一見、大胆なプリントに見える生地も実は…
繊細な手仕事の業でした!
b0119705_20393779.jpg

驚く程の数のビーズやスパンコールが縫い付けられてあります。
洋服に施されたこれらの手仕事は数百時間、数千時間もかかるそうです。

ファッション誌や、キャットウォークの動画では見れない細かいディテールが思う存分に至近距離で観察出来ます。
b0119705_20395182.jpg




Absolut Vodka の広告用衣装等
スウェーデンからインスピレーションを得た作品もあります。
b0119705_2040693.jpg


そして今年スウェーデンで開催されたユーロビジョン・ソングコンテストのフィナールで、総合司会を努めたPetra(ペトラ)が着た衣装も公開されています。
b0119705_22251697.jpg



レース、チュール、スパンコール、ビーズ、羽根、
どれも乙女心をくすぐる乙女チックな素材だけど、
そんな素材で、女性の力強いパワーを表現した洋服がゴルチェの作品。


そしてなによりも驚いたのは彼の原点
b0119705_20391244.jpg

7歳(だったかな?)の時に作った、
熊のぬいぐるみにつけた最初のコルセットの作品。
ゴルティエデビュー作!
祖母のクロゼットから見つけた古い女性のコルセットが、その後も彼の原点になったのですね。

彼の才能がすでに幼い頃に芽生えていて祖母がそれに気付いていたというのも凄いです。

アーキテクトムミュージアムでは子供用に
自由に洋服を制作できるブースが準備されていました。

子どもたちにも、普段からアートを身近に感じさせるよう、イベントが考えられているのは
いつも感心させられる美術館企画です。
とくに夏休みや長い休暇の時期にはどこの美術館博物館でもあります。

見どころ満載で今ストックホルムでイチオシの展覧会ですよ。

ゴルティエ展はStockholm Arkitektur Museet建築博物館で、9月22日まで開催中です。

*入場料に含まれた無料の展覧会ガイドは木曜日(英語)と日曜日(スウェーデン語)に実施中。

この展覧会は世界色々な所を回る予定だそうです。
Petraが着た衣装とスウェーデン関連の展示は、ここだけの展示だそうです。

日本での開催の予定はきいていませんが、きっとあるでしょうね。
その際は日本の皆さん、お見逃しなく〜
[PR]
by roriecocco | 2013-08-22 20:14 | fashion | Trackback | Comments(2)
デザインフェアーFORMEX-3
先程の続きです。

ラッピングのブースで見つけた素敵なお花のアレンジ

b0119705_6102793.jpg

縒りのゆるい毛糸とフェルトを組ませたブーケ

花瓶にもぐるぐると巻き付けてあるところがまた素敵!
カラーハーモニーが秋らしく暖かいです。


b0119705_6444577.jpg


50歳のお誕生日用の飾りつけと
手かごに入れたようなブーケ風アレンジも可愛いですね。


お花をプレゼントする習慣は、多分日本よりもずっと一般的だと思います。
それだけにアレンジやラッピングのバリエーションも多いのかもしれません。
[PR]
by roriecocco | 2012-08-31 18:57 | イベント | Trackback | Comments(0)
クリスマス気分いっぱい!
b0119705_10494411.jpg

今年もクリスマスは東京ですが…
何にもないのはちょっとつまらないので、
もみの木の枝を買ってきて、少しだけクリスマス気分を楽しんでいます。

スーパーにもクリスマス用の無料クックブックがいっぱい。
デパートやブテックから送られてくるクリスマスプレゼントの広告も
力が入っています。
うちのポストに入った広告類とお店でもらってきたレシピ冊子たち
これを並べるだけで、もうクリスマス気分も充分になりますね ✌
b0119705_10495935.jpg


ブテックやスーパーの袋もこんな感じで
b0119705_10514716.jpg

11月頃からクリスマス専用に変わっています。


郵便局からは毎年11月になるとこんなものが届きます

b0119705_10571713.jpg

クリスマスカード専用の袋。

この中に入れて指定の日までに投函すると、ちゃんとクリスマスに間に合うよう
配達されるということです。

今年の切手は海外用のものが可愛くて嬉しい〜
b0119705_10463212.jpg


b0119705_10482323.jpg

特に靴下のがお気に入り!

日本にも年賀状用のこんな可愛い封等が配られると
年賀状を出す人が戻ってくるかも・・・

な〜んて考えちゃったけど、
スウェーデンでもクリスマスカードを出す人は減ってるのかしら?


さ〜、あと1日。

帰国中、ブログ更新できるかな「(゚ペ)

それでは皆さん、
楽しいクリスマスをお過ごしくださ〜い!
[PR]
by roriecocco | 2011-12-13 11:01 | culture | Trackback | Comments(5)
大好きなデザイナー
b0119705_8353772.jpg

1959年に出版されたスウェーデン語版 George Orwell 「1984」のブックカバー

このカバーのイラスト、デザインはスウェーデンデザインの巨匠ともいわれる
Olle Eksell(オッレ・エクセル)
こちらでも紹介しましたが、
ココアアイズで有名なMazetti/マゼッティ社(現Fazzer/ファッツェル社)のÖgoncacaoのパッケージのデザイナーでもあります。

上のブックカバーは私の特にお気に入りのデザインです。

Olle Eksellのことはそれほど良く知らなかったのですが、昨年お仕事を通じ彼の事をもっと知る機会ができました。そして今では尊敬するデザイナーのNo.1
彼が影響を受けたという、かの有名なPaul Randポールランドは私も以前から好きでしたが、この二人は生涯よい友人であったそうです。

そこでお薦め番組の紹介です。
東京MXテレビで1月8日から放映されている『オーレエクセルとスウェーデンデザイン』という番組シリーズ。
この番組ではOlle Eksellの楽しいアニメーションと 共に、Olle Eksellから影響を受けた現在のスウェーデンデザインの紹介をしています。興味のある方はこちらから詳細をご覧下さい。

そして日本で出版されているOlle Eksell の本

b0119705_22125044.jpg

ピエ出版から出ているこの本、日本語のまま実はスウェーデンでも売られています。


そして更に、イラストとグラフィックデザインだけに留まらず、テキスタイルまでやってのけたOlle Eksellです。

ずっと以前に10GRUPPEN/ティーオ・グルッペンで見かけて、その時は買いそびれた(その後大後悔しています…)大好きなパターン。
それからずーっと探していたのですが、遠の昔に売り切れたまま。。。
未だに復活する予定もないそうです、この生地。

b0119705_6232751.jpg

10gruppen の生地 Lena Hornという女性の名前がついています。

私が最初にスウェーデンを訪れた時一番強く印象に残った事は
美しい街と広告のセンスの良さでした。
グラフィックデザインと写真の質の高さには驚き、それ以来魅せられております。
それもこのような素晴らしい方がデザイン業界を引っ張ってこられたからでしょう。

Olle Eksellについてもっと知りたい方はこちらでどうぞ。
スウェーデンデザインの事、もっと知りた〜いという方は
こちらをどうぞ☞swedenstyle.com
長くスウェーデンデザインについて執筆、発信されている友人のサイトです。
[PR]
by roriecocco | 2011-01-25 08:23 | culture | Trackback | Comments(4)
スウェーデンデザインとチョコレート
b0119705_1849611.jpg


シンボルマークの目でも有名なココアのパッケージです。
スウェーデンを代表するグラフィックデザイナーOlle Eksell氏によってデザインされたカカオアイズは1956年から現在も変わらず品質を見守っています。

残念なことに当時の会社Mazettiは1975年にフィンランドの会社Fazerに買収され、現在はFazerのロゴマークがはいっています。

b0119705_302254.jpg

こちらはデザインされた当初のパッケージです。

私も大好きなデザイナーでもありイラストレーターでもあるOlle Eksellさんについてはこちらのサイトでどうぞ。


先日スーパーでお買い物をしていたら、こんなものをみつけました!

b0119705_18494696.jpg


只今Fazerのチョコレートかカカオを3つ買うとカカオアイズの布巾がもらえます。

ちょうどカカオを買いに行ったので、ついでにチョコも買い
しっかりとこの布巾をゲットしてきましたよ!


そこでクリスマスのお菓子をひとつご紹介。
至って簡単なチョコレートのお菓子です。

Ischoklad/イースショコラード(アイスチョコ?)

材料/
バター 75g 
ブラックチョコ 200g 
アーモンド 適宜

アーモンドをざく切りにする。
鍋でバターを溶かし、小さく刻んだチョコを入れて溶かす。
刻んだアーモンドも入れ、小さい型に流し込み、冷蔵庫で冷やす。

b0119705_5101012.jpg


アーモンドの替わりにカシューナッツやその他のナッツ類でもOK。
こちらでは直径2cmくらいのカラフルなアルミ製のフォームが売られています。
IKEAを探してみたらあるかも…ね。
[PR]
by roriecocco | 2010-12-18 05:15 | culture | Trackback | Comments(3)