rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ファッション ( 3 ) タグの人気記事
憧れのファッションイラストレーターの展示
b0119705_1151669.jpg

ファッション全盛期の80年代から変わりなく活躍し続ける
ファッションイラストレーター、マッツ・グスタフソン Mats Gustafsonの展覧会は、Millesgården ミーレスゴーデン美術館のKonsthallenアートホールにて開催中です。

b0119705_1152460.jpg

日本でもお馴染みのスウェーデン、ファッションブランドH&Mでの
初期の仕事も見れます。
タイトル文字は見覚えのある筆跡でしょ?!
そう、H&Mの手書きのロゴタイプも彼の作品のひとつです。

b0119705_1152763.jpg

開場はこんな感じ

b0119705_1153045.jpg

やっぱり、エレガントなファッション全盛期は今でも大好き!

b0119705_1153365.jpg

切り絵の作品もありました。
どれも無駄のないシンプルな形と線と色。。。

それが北欧らしさなのかもしれない。

b0119705_154457.jpg

Elleや Vogueなどのファッション誌は、洋服への興味も深かったけれど、
そのなかのイラストが欲しくて買った事も度々。


今回の展示ではクリエーターの似顔絵や身近な人の似顔絵もありました。
b0119705_117111.jpg


数年前からは岩や石、木や白鳥などの自然のモチーフをテーマに描いていらっしゃいます。残念ながら私はいけなかったのですが、日本でも昨年こちらで展覧会がおこなわれました。

『侘び寂び』の心が通じるアーティストではないかと、強く思います。


おしゃれな気持や感覚が随分鈍ってきたような…
ちょっと引き締めてみたくなったり…
またファッションイラストが描きたくなったり…

やっぱり刺激された展示でした。

この美術館は彫刻家であったMillesのアトリエと広い庭のある個人宅であったそうです。

b0119705_154885.jpg


前回は真冬の写真展を観に行きました。
その様子はこちら

この美術館は彫刻の美術館としても有名。
今回はあいにくのお天気と時間がなかったので…
画像がありませんが、
冬の景色はこちらでどうぞ!



お天気のよい日は彫刻に囲まれた庭でゆっくりランチを味わうのもいいですね。
ちょっと時間のあるかたには、お薦めの癒し系スポットです。

マッツ・グスタフソンの展示は9月22日まで

住所: Herserudsvägen 32, 181 34 Lidingö
電話:08-446 75 80
営業時間:
5月1日〜9月30日 毎日11:00〜17:00
10月1日〜4月30日 火〜日 11:00〜17:00
*クリスマスイブは休館

交通機関
地下鉄レッドラインRopsten行きで終点まで
バス201,202,204,205,206でTorsviks torgまで、その先は徒歩。
または207のバスでMillesgårdenまで。

地図

FB
[PR]
by roriecocco | 2013-08-17 03:07 | culture | Trackback | Comments(0)
憧れの・・・COCO
b0119705_605731.jpg

昨日に引き続き映画です。実はこの映画マイケルの前日に観ていました。

ずーっと楽しみにしていた Audrey Tautouの、COCO CHANELの映画!

オードレイは期待どおり、いえ、
もしかしたら実際のCOCOよりチャーミングすぎたかも… 失礼、COCO様!
COCOが着ていた洋服はどれも素敵で、抜きん出たセンスの持ち主だったことがよくわかります。
それにしてもオードレイの歌が可愛くって、
フランス語ってやっぱり素敵〜〜〜。

ん? なんだかべた褒めしてるじゃない…私。

でも、期待が大きかったせいか、COCOの生い立ちやストーリーも知っていたせいか
映画としては焦点がはっきりしなかったかなって感じ。
ちょっとばかし物足りなかったかな。。。

辛口コメント? ではありますが、あくまでも私の視点です。。。

素敵なシーンもいっぱいなので、ご覧下さい。

b0119705_612840.jpg

ピカソも着ていた、お馴染みのバスクシャツ

あの時、インスピレーションを得たのね・・・ 勝手に納得(。_。)ウンウン

そうだ、タンスの中から引っ張りだして着てみよう! な〜んて密かに思った私。


b0119705_8374877.jpg

こんなCOCOファッションが大好き!


b0119705_835443.jpg

b0119705_843059.jpg

オードレイがCOCOに見えるじゃない!?


b0119705_8361059.gif


凛としたCOCOはやっぱり私の憧れ〜。




こちらのクリックをよろしくね!☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
5PHOTO 写真&イラスト投稿
[PR]
by roriecocco | 2009-10-31 08:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)
Parisの旅日記4
b0119705_5505445.jpg

R. de St. Honoré サントノレ通りで見つけた素敵なお店。ANNE FONTAINE
実はすでに東京にもお店があるようです。
私好みの白いシャツが色々ありました。ちょっとデコラティブすぎるのもあったけど、、、
ゆっくり試着する時間もなく、泣く泣くお店を後にした。
ここもまた次回、来れるかな・・・? それまで趣味も変わってないといいけど…

b0119705_612363.jpg

こんなスパまであるんですって!
気がつきませんでした。。。



それからここは憧れの・・・

b0119705_5594852.jpg


そう、”CHANEL”
こちらも店内はお金持ちのアジア人だらけ、、、自分もそうだけど、お金持ちではありません、残念ながら。。。
私なんかには手の届かないお値段のお洋服ばかり・・・

CLHOÈの頃から大好きなデザイナー、KARL LAGERFELD(カール・ラガーフェルト)がCHANELを担当してからはCocoの時代が甦ったようで一段と好きになったデザイナーのひとり。
Cocoは女性をコルセットから解放し、マニッシュなスーツを着て自由をこよなく愛した女性。
シャネルスーツって一時期おばさんっぽいイメージがあったけど、当時は斬新なお洋服だったのです。
カール・ラガーフェルトは、そんなCocoが現在いたらきっとこんな作品を作っていただろうと思わせる、本来のCHANELのイメージを取り戻したとも言えると私は思います。

いつか、着こなせる人になりたいな・・・な〜んて。そんな日が訪れるのだろうか...


そいうえば、あの『アメリ』の女優 Audrey Tautou(オードレイ.トトゥ)がCocoを演じる映画『CoCo Before Chanel』がもうすぐ上映される。これは是非観たい映画です。
エッ!もうイギリスでは上映されてるって!?
こっちはまだです。。。

b0119705_705928.jpg


『ダ・ヴィンチ・コード』は映画自体がイマイチだったからパッとしなかったけど、『アメリ』ではとっても素敵だった彼女、きっとこのCoCoの映画でも素敵にちがいないわ!
オードレイはCHANEL No.5のイメージキャラクターにも抜擢され、コマーシャルでも彼女が登場する事になるから楽しみです。

映画の監督はAnn Fontaine
といっても、上のブティックのデザイナーとは別人で同姓同名の女性。
なんだか、不思議なつながりですね。

余談…

『CoCo Before Chanel』はその名のとおりデザイナーとしてのココ・シャネルになるまでのお話ですが、今年はもう一つシャネルの映画があるそうです。
シャーリー・マックレーンが演じる『COCO CHANEL』
こちらはデザイナーとしてのココ・シャネルが描かれています。
続いて観ると面白いかも・・・
[PR]
by roriecocco | 2009-07-29 07:04 | | Trackback | Comments(2)