rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ヴィンテージ ( 2 ) タグの人気記事
Ska vi fika?
b0119705_2310456.jpg

Fika(フィーカ)とは…

スウェーデン語のコーヒータイムのこと。

そして、Ska vi fika? (スカヴィ フィーカ)というと
「お茶しな〜い?」ということになります。

もう、何回も説明したかもしれませんが・・・

それに、北欧ブームがしっかり定着した日本でも
時々目にすることがありますよね。


この素敵なカップは、お馴染みのBerså
日本では「ベルサ」でとおっていますが…実は「ベルショー」と発音します。
スウェーデンの老舗窯Gustavsberg(グスタフスベリー)のヴィンテージのコーヒーカップ。
Stig Lindberg(スティーグ・リンドベリー)
によるデザインで1961〜1974年に製造されたものです。

因みに友人宅でのFikaです。
私はまだ持っていません。。。



ここスウェーデンでは食事よりもこのFikaのほうが食文化の中で占める割合が大きいような気もします。
お料理をあまりしない人でも、お菓子やパンはよく焼くという人も多いくらいだから…。

まあ、そういう文化の中にいると、
当然Fikaもし、甘いものもついつい口にしてしまいます…汗。


で、言い訳から始まりますが…
ここのところ暫くお菓子も作っていなかったので、
久しぶりに友人と一緒にシュークリームを作りました。

今回はスウェーデンスウィーツでなくてすみません。。。


b0119705_23101637.jpg

生地をかき混ぜるのはかなりパワーも必要で、大変すが…
こんなに綺麗に焼けると、ちょっと嬉しくなりますね。

b0119705_23102342.jpg


そして、季節のフルーツ甘酸っぱいイチゴをいれると
甘さと酸っぱさの具合がちょうど良く、大満足のシュークリームに出来上がりました!

b0119705_23101957.jpg


こちらのレシピでばっちりです!


さて、次回は外Fikaのお話ですよ〜。
[PR]
by roriecocco | 2013-07-24 06:59 | culture | Trackback | Comments(2)
最近の週末の楽しみ・・・
b0119705_9571456.jpg

そう、Loppisです!

夏になるとあちらこちらで週末の蚤の市が開催されます。
スウェーデン語でこの蚤の市を"Loppis"(ロッピス)といいます。

日本では随分前からスウェーデンブームでのヴィンテージの家具や食器は大人気ですね。
ここスウェーデンでも、2年前に雑誌RETROが発刊され、その頃からさらにこのレトロ熱が急上昇している気がします。

b0119705_10205875.jpg

最近では、そうそう掘り出しモノに出会ううことは少なくなりましたが、それでも見たこともない可愛いものたちをとおし、暫しその昔にタイムスリップするのも楽しいものです。

b0119705_9574549.jpg

ここはHötorget(フュートリエット)に続くく街中の新しいスポット、
Blasieholmstorg(ブラジエホルムストリー)のロッピスです。
場所はKungsträdgården(クングストレーゴーデン/王立公園)のすぐ近く、ブルーラインのKungsträdgården駅の出口からすぐのところで、夏の間、毎週土曜に開催されます。


それからもうひとつ、今年初めて行った大きなロッピスはこちら。

ストックホルム郊外Täby(テーヴィー)で開催されるTäby gallop
夏の間の週末に行なわれる規模の大きなロッピスです。
ここはスカンジナビアで最大の競馬場だそうで、
なるほど、納得のいく駐車場の広さです。

b0119705_10234565.jpg

その広い敷地の一部で、
ご覧のとおり車のトランクを開けて店開き!
ドライブインロッピスです。
Baklucke Loppis/バックハッチロッピスとも言われています。

お天気の良い夏の日の週末を過ごすにはには最高の場所です。


さて、今回も。。。
引っ越しを控え
泣く泣く諦めた『と〜っても欲しかったもの』をご紹介。


まずは
b0119705_10215348.jpg

ずっと前から欲しいな…って思ってた、フースクウォーナ製(スウェーデン)の50年代のミシン。
だが、1000krとはちとお高いのでは?


そして春のロッピスでも見つけたArla(アーラ社)の木製貯金箱。
b0119705_10215616.jpg

少し剥げた色の具合と木の温もりが可愛いんだけど、
こちらも400krとか。高すぎですねぇ。。。

調べてみたら、ネットオークションではかなりお安い値段で始まっているのですが…
それもつり上げられていくのでしょうか?


それから人気のGustavsberg(グスタフスベリー)製の陶器
b0119705_10215971.jpg

こちらはStig Lindberg(スティーグ・リンドベリー)の
H55シリーズ "Domino" の灰皿。
1955年にスウェーデンの都市ヘルシンボリーで開催されたヘルシンボリー国際博覧会出店のために制作されたもの。
う〜ん、なかなか私の好みなんだな。。。

こちらは250krだから、もしかしてお買い得だったかも…


そしてまた機械好きの私の目に留まったもの。
b0119705_1022329.jpg

キャンプ用ガスコンロ。
黄色い色がなんともキッチュ!


キッチン用品は、これまたすぐに手が出ちゃうアイテム。
危ない、危ない…
b0119705_1022615.jpg

vaffel järn(ワッフェル・ヤーン) ワッフルを焼く鉄製フォルム。

昔からスウェーデンのワッフルはハート形に焼けるようです。
古い電気製のワッフル器も可愛いんだけど、ちょっとかさばるし、
こっちのほうが可愛いかもと思えてきた1品。
鋳物とあって、どっしりと重いので…諦めました。。。

でも、やっぱり欲しかったかな ( ̄□ ̄;)!!

だって、たったの50krだったから・・・

こんなのでワッフルを焼いたら、さぞカリカリでサクサクの美味しいのができるんだろうなぁ。

こちらのワッフル・ヤーンは一緒に行った友人が購入。
で、そのうち後馳走になります!

ということで、ほぼ見るだけロッピスで終わったこの週末でしたが
楽しかった〜。


そしておまけの画像

大抵こういうロッピスでは手書き文字の看板があります。
b0119705_10212038.jpg

左側は愛犬用Bar だそうです。
喉が渇いたら、こちらで潤してくださいって。
愛犬を連れて外出する機会が多いスウェーデンでは結構見かけます。

そういえば25度以上にも気温が上がり晴天だったこの日、トランクでおりこうさんでいたワンちゃんたちがハァハァ言ってました。


みんなちゃんとお水もらえたのかな…


もうひとつのおまけ!
b0119705_7221691.jpg

ロッピスに来ていたお客さんの車ですが
1930年代のフォード車がピッカピカで驚きました!
[PR]
by roriecocco | 2013-07-15 10:25 | デザイン | Trackback | Comments(1)