rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:景色 ( 70 ) タグの人気記事
お知らせ
b0119705_21114462.jpg


今年の夏は最高のお天気で、秋になった今もすばらしい晴天の日々が続いています。
お天気の良い夏は世界中のどこよりも美しく素晴らしい都市だと思います。
でも時々は期待を大きく裏切り、夏中20度にも達しない気温であったり、
雨ばかりで数週間お日様がみれない夏もあったりします。
そんな事情だから、この国の人は夏の間に長いお休みをとって
短い夏を思いっきり楽しみます。
そしてその夏の間にしっかり充電した力で、寒く暗く長い冬を耐え生きていきます。
だからこの国の人は怠け者ではありません。(そんな人がいるかもしれませんが…)
オンとオフをはっきり区別しているということなのかもしれません。
現に死ぬ程働く日本人と比べても一人当たりのGDPは高いのです。
これってどういうことなのでしょう。。。

個人主義がいき過ぎて、時として冷たく感じることもありますが…
日本人と似ていてシャイなところもあり、共感する部分も多々あります。

国民は自然が大好きで、そのせいか環境保護の意識も高い。
一昨日訪問されたオバマ大統領のスピーチでも
シリア戦争以外の話題では一番大きかったのは、
新エネルギーの開発や再生可能な持続する社会の構築。
環境先進国として世界でもトップを走るスウェーデン。
国民はそういう国に誇りをもっています。
日本の進むべき道のヒントがこの国にはたくさんあるのではないか…と思います。

と、まあ…
ここに住んで感じた事、学んだ事はたくさんあります。

さて今度は暫く離れていた母国に戻り、
感じること、思う事も以前とはちょっと違うのかな…。
不安と期待の入り交じった今の気持です。

という事で、
7年間住んだスウェーデンから帰国することになりましたが、
ストックホルムやスウェーデンについてお伝えしたいこともまだまだあるので
また、違った形で発信していきたいと思います。

これからも時々覗いてみてください。

b0119705_21115183.jpg

ストックホルムのシンボルは、やっぱり3つの王冠がてっぺんで輝いているこの塔。
ノーベル賞受賞晩餐会の行なわれる市庁舎Stadshuset(スタッツフーセット)ですね。
そしてメーラレン湖に面した街ならではの行き交う船。
大好きな綺麗な街と暫くおわかれで〜す。


Vi ses!!!



さあ、荷造り荷造り!
出発まであと数日。。。汗。汗。汗。



今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
by roriecocco | 2013-09-06 17:17 | 未分類 | Trackback | Comments(5)
夏のご挨拶
b0119705_721354.jpg


日本の皆様
暑中お見舞い申し上げます。

暑さがさらに厳しい日々だと聞いております。
どうぞお体にお気をつけおすごしくださいませ。

こちらは数年ぶりに素晴らしかった夏も、そろそろ終盤の気配がしてまいりました。
後もう一週ぐらい、暑さがぶり返してくれるのでは…
という密かな期待を持ってはいるのですが。。。

只今帰国を控え身辺整理の真っ最中。
それでも…
残り少ない日々を充分楽しみたいと思います。

そして、もう少し(いえ、出来る限り)
Stockholmの素敵な所を紹介しますので、ご期待ください〜。
[PR]
by roriecocco | 2013-08-10 07:23 | グリーティング | Trackback | Comments(4)
 今年の夏至祭もスカンセンで
b0119705_4111959.jpg

先週の21日に行なわれた夏至祭前夜(ミッドサマーイヴ)のお祭り
スウェーデン語ではMidsommarafton(ミッドソンマルアフトン)といいます。
どこに行こうか…と色々悩んだ挙句、
結局昨年に続き今年もまた野外博物館スカンセンSkansenに行って来ました。

毎年この日は決まってお天気が悪くなるというのがジンクスですが、昨年に続きなぜか…今年も良いお天気に恵まれました。

午前中からすでに、ゆっくりピクニックを楽しんでいる人たちでいっぱいでした。

さて、民族衣装をまとって、フォークミュージックを奏でながらの入場です。
b0119705_4113731.jpg

色々な地方の民族衣装がみられますが、色鮮やかでどれも素敵です。

b0119705_453463.jpg

一昨年尋ねたダーラナ地方ダーラフローダのものでしょうか。
見覚えあるお花の刺繍が素敵です。



b0119705_4115257.jpg



白樺の枝で覆われたメイポールにスウェーデンの国旗の色、青と白と黄色のマーガレットが飾り付けられます。

b0119705_4121264.jpg

少しずつ少しずつ、メイポールが持ち上げられていき、
建ちあがった時には観客からの大きな歓声があがりました!

b0119705_4122988.jpg


長い冬を越した人たちにとって、夏の到来は特別なものです。
そんな喜びの気持ちを表すかのような
真っ青な空にそびえ立つメイポール。

さあ、メイポールが建ったら、その回りを歌って踊ります。
b0119705_4123991.jpg

ここは場所柄、観光客も多いのでちょっとイベントっぽい感じもしますが、
夏至祭とはそれぞれの地方で、古くから伝わる踊りや音楽でお祝いし、ピクニックをしながらのんびりと夏の到来を喜びあうの地元のお祭りです。


b0119705_4124817.jpg

スカンセンでは地元ストックホルム在住の人たちも、ここに来てピクニックを楽しみます。

b0119705_413854.jpg


今年も良いお天気でよかった〜

皆さんもよい夏至を過ごされましたように!

夏至祭の様子はこちらから他の画像も見れます。

明日は夏至祭のお花の冠のお話で〜す。
[PR]
by roriecocco | 2013-06-25 05:15 | イベント | Trackback | Comments(2)
桜が咲いたよ!
b0119705_7444782.jpg

やっと春がやって来ました!
咲き乱れるという言葉がぴったりなこの咲き様。

b0119705_7444927.jpg

ストックホルムの街の真ん中にあるKungsträdgården(王立公園)の桜の木々は
1998年に日本から贈られ、植樹されたそうです。
15年の間に立派に育った木は、今年も見事に花を咲かせましたよ。

毎年ここで行なわれる日本人会主催の「桜まつり」は、残念なことに大抵はほとんど桜が咲いていない時期に開催されます。
特に今年は例年にない長い冬で、「桜まつり」が開催された4月20日には一輪も咲いていませんでした。。。

先週ここを訪れた時もほとんど堅い蕾のままだったのに、
ここ数日の夏のような暖かさにびっくりしたかのように、
突然満開になってしまいました。
今日あたりが満開でしょう。

年々大きくなる木と共に桜を愛でる人たちも増え、
今ではストックホルムの春の名所となっています。
日本人だけでなくこの国の人たちもここの桜が咲くと
「やっと春がきた〜」と実感するようです。



こちらが先週末の Lumaparkenの様子。
b0119705_744569.jpg

一分咲き程度?
見落としてしまうくらいの僅かなお花だけが申し訳なく咲いているだけでした。
ストックホルム・シルバー会主催のお花見が行なわれたHammarby sjöstad にある Lumaparkenという公園にもたくさんの桜の木が植えられています。


そしてこちらが昨日のKungsträdgårdenの様子。
b0119705_745195.jpg

圧巻されるほどです。

春の陽射しを受けながら桜の下でゆったり時間を過ごす人たちで賑わっていました。
b0119705_745632.jpg



おまけは先週のお花見でご注文いただいたお弁当

b0119705_8522434.jpg


と、野点でいただいた美味しいお抹茶。
b0119705_8522899.jpg



あ〜、やっぱり桜はいいな〜

遠い母国に思いを馳せて春の一日を堪能しました。

Stockholmの春をもっとご覧になりたい方は
こちらからどうぞ〜
[PR]
by roriecocco | 2013-05-10 09:26 | 自然 | Trackback | Comments(3)
Uppsala郊外の景色
b0119705_9292952.jpg

Övergrans kyrka

親戚宅のすぐ前にある教会の門構え

すっかりストックホルムの郊外だと思っていたら、実はウプサラ県のHåbo(ホーボー)コミューンに属しておりました (・・;) 

b0119705_9292665.jpg

b0119705_9292474.jpg

現在に至るまで数回改築、増築されたそうですが、オリジナルの部分は12世紀のものだそうです!

b0119705_9293353.jpg

Ryssvikenというメーラレンの湾のひとつに面しています。
ということは…ストックホルムと同じ水で繋がっているのです。

b0119705_9294269.jpg



そして暗くなると

b0119705_929679.jpg

幻想的な世界です。。。

b0119705_9284177.jpg



b0119705_9284636.jpg

お隣さんも撮らせていただきました:)


一昨日は少し気温が上がり、雪が解けぐちゅぐちゅになったと思ったら、
昨日はまたマイナスになり解けた雪がカチカチの氷状態に固まってしまいました。
今日はそこら中がスケートリンクのようになっています ( ̄Д ̄;;
ブーツを履くより、スケート靴を履いたほうがいいんじゃないの!?
って感じで、私も5~6回滑りそうになりました…汗。
私の場合、スケート靴を履くと更に大変なことになりますので。。。


冬は美しいだけではないのです。。。
いっその事、春まで雪が解けないほうがいいなぁ。。。

さて、今年もあとわずか。
新年までカウントダウンです。

皆様、良いお年をお迎えください!
[PR]
by roriecocco | 2012-12-30 10:33 | 自然 | Trackback | Comments(2)
ダーラナの思い出5
b0119705_632612.jpg

あっという間に1年が経ってしまい、
今年の夏もそろそろ終わり・・・

真夜中まで日が暮れなかった日々も
10時にはすっかり暗い幕を閉じてしまう空。

長い冬を耐え忍ぶエネルギーを、夏の間に充分蓄えて
学校や仕事場に戻る季節になってしまいました。

今度はいつダーラナを訪れることができるのかな
って想いながら…素敵だったダーラナをまた思いだしてみました。


b0119705_6332915.jpg

スウェーデンの国旗のブルーとイエローは
この青い空と黄色い菜の花畑を象徴しているんですって。


b0119705_6335953.jpg

のどかな羊たちをみていると
時間を忘れてしまうほど、ゆったりとした気持ちになります。

b0119705_6334487.jpg

『ダーラナ』とは『沢山の谷』を表す言葉
その言葉のとおり谷が沢山ありました。
b0119705_6334174.jpg



b0119705_6324894.jpg

日が暮れない夜は独特の光りとかおり。

b0119705_6334967.jpg

地平線に沈みきらない太陽も夏の夜だけの特別な光り


b0119705_6335436.jpg

白夜を楽しむイヴェントはそこでも、ここでも
老若男女が集うひととき・・・



北欧に来られる方のほとんどは首都ストックホルムを1日か半日でまわるという
大急ぎの旅をされるそうです。
もし、時間にゆとりがあったり、もう一度訪れるるチャンスがあるのなら、
その時はゆっくりと地方を旅行するのもまた素敵だと思います。
とりわけ、ダーラナは伝統的なスウェーデンを体験できる地方。
是非訪れてみてください!
[PR]
by roriecocco | 2012-08-15 07:28 | | Trackback | Comments(4)
ダーラナの思い出3…Floda Hemslöjdといろいろ。
b0119705_8505288.jpg

Floda hembygdsgård にあった古いミシン
横においてある手袋にはこの地方独特のpåsömと呼ばれている刺繍が施されています。


Floda hemslöjd(フローダ・ヘムスロイド)の可愛いショップの外装と店内の様子

b0119705_98370.jpg

ヘムスロイドとはスウェーデン語で、工芸・民芸という意味です。
先日ののホテルの給仕さんが着ていたような衣装もありますね。

b0119705_851574.jpg

民族衣装のエプロンにつけるポシェットのようなもの。
påsöm(ポセーム)とはウールの糸で刺繍されたもので、
特にこの地域フローダは花などのカラフルな自然のモチーフをかたどったもので
スウェーデンの中でも一番華やかだと言われています。

b0119705_972279.jpg

これはずーっと昔から残っている刺繍の模様の型紙だそうです。
入っている箱もまた可愛い!



そのあと行ったFloda hembygdsgård(フローダ・ヘムビュグスゴード)施設
ここはこの地域の民族博物館のようなものですが、
村の行事等にも使用されるようです。
ここには200年も前の生活を再現してあり、当時の生活を覗く事ができます。


b0119705_85134100.jpg




b0119705_8514116.jpg


上左:一般の家庭の食事の様子 右:花嫁衣装
下:壁に描かれた10年ごとの人生の階段
(ここにもクルビッツ模様が描かれています)



b0119705_8521071.jpg


花嫁衣装につける飾り
スウェーデンの民族衣装とは思えない…彩り。
赤い染料はその昔、とても高価だったそうです。
だから正装には必ず黒い衣装に赤い色で装飾されたものをつけたようです。
赤がステータスカラーだったのですね。




ダーラフローダは 小さな町ですが、
この辺りのアンテークショップには本当に素敵なものが沢山あります。


ちょっと覗いたこのお店にはオリジナルのクルビッツ模様が描かれたドアがありました。
オリジナルは色が結構地味だったそうですよ。


b0119705_8521868.jpg

ドアにぶら下がったシャベルにはメッセージが…
『すぐ戻ります!』って。


別のドアにはキッチンツールがこんなふうにディスプレイされていました。

b0119705_8522191.jpg



オーナーさんは夏の間だけここでのんびりしながらお店をやっているそうです。
ここでもゆっくりした時間が流れています。



最後に
ちょっとお邪魔させて頂いた友人の知りあいのお宅をご紹介。

b0119705_8523189.jpg

さすが…
ダーラへストがこんなにも!


b0119705_8523834.jpg


タペストリーやクッションカバーにも見事な刺繍が施されています。
多くのお宅では織り機があり、
こちらもオリジナルの織物です。


b0119705_8524644.jpg

前日行ったカール・ラションの家にもあった模様が壁にペイントされていました。
カーテンにしてある刺繍もダーラナらしい色使いと模様ですね。

そして、こんなロケーション!


b0119705_8525699.jpg


絵本から抜け出たような景色です。



都会暮らしのほうが好きな私ですが、
こんなところを見てしまうと、
こういう生活も素敵だな…と
心が動いてしまいます。


ダーラナの旅、まだまだ続きます。
[PR]
by roriecocco | 2012-08-05 05:59 | | Trackback | Comments(2)
ダーラナの思い出3…ダーラフローダ
b0119705_7163591.jpg

プチホテル Värdshus Dala-Flodaの近所の様子です。

こんな歴史のある建物で環境で生活できるって、素晴らしいなぁ。
ここの人たちは皆、自分たちの文化を大切にしっかりと守っているのですね。


b0119705_717424.jpg


まるでスカンセンにいるよう…
って、スカンセンがそれだけ上手く再現できてるってことですが…(・・;) 

ここでは時間が止まっているように感じます。


標識からも暖かさが伝わってくるようです。
b0119705_7164982.jpg


手書きのほうにはこう書かれています。
『ゆっくり走れ!!いたずら好きの子どもたちに注意!』


そしてホテルの裏側の湖畔
b0119705_7163926.jpg



夜にはこういう風になります。
b0119705_716780.jpg


もうちょっと前に来ていれば、夕日の落ちるところが見られたかも・・・


とにかく素敵なところです。
スウェーデンを旅行される方は是非訪れてみてくださいね!
[PR]
by roriecocco | 2012-08-04 00:07 | | Trackback | Comments(0)
去年のDalarnaの思い出
b0119705_7185366.jpg

ダーラナではこういう風に植物を乾燥させるようです。



去年行ったダーラナの報告が、途中で途絶えておりました。。。
1年も経ってしまいましたが…
綺麗だったダーラナの旅を思いだしてみました。


ダーラナ地方のFalunファールンの郊外にあるLinnés bröllopsstuga

b0119705_71958.jpg

スェーデンを代表する18世紀の植物学者 Carl von Linné(カール・フォン・リネー)が結婚式を挙げた場所として知られています。
当時は義父の持ち物だったそうです。

『リネーが結婚式を挙げたスチューガ(ちいさな建物)』とそのまんまの名前です。

広い敷地内にはいくつもの建物があります。

b0119705_71916100.jpg

さて、どの建物が結婚式を挙げた建物なのか…
確か…中央の赤い建物がそうだと思います。
って、確認するのを忘れておりました(汗)
この日はなかったけど、ガイドもあったと思います。


b0119705_7194863.jpg

やっぱり、ここもあの“ファールンレッド”と呼ばれる赤い塗料で塗られています。


b0119705_0314119.jpg


そしてこの建物の隣の庭には綺麗なお花や美味しそうなお野菜がいっぱい植えられていました。

b0119705_7203527.jpg

スイトピーのお花が咲いていましたが、この後鞘エンドウができるのでしょうね。
右はレッドカラント。

b0119705_7195630.jpg

マーガレットも咲き乱れていました。

こんな立て札も可愛い! 
b0119705_720780.jpg



こんなところにオリーブが・・・

b0119705_7201854.jpg



電気ブレーカーかなんかの部品のようですが、
ゴミが芸術に変身しています。
抜群のユーモアに脱帽!

   
まだまだダーラナの素敵なところ続きます。
[PR]
by roriecocco | 2012-08-02 00:21 | | Trackback | Comments(0)
Green Hotel
b0119705_5555239.jpg

まずは、ぐぐーっと1杯。
自分たちで勝手に…ですが
ウェルカムドリンク!

こんなに可愛いお部屋の鍵。
ダーラナ地方を代表する工芸品ダーラへストにくっついています。

b0119705_5561426.jpg


Tällberg には古いホテルがいくつかありますが、今回私達が泊まったのは
Green Hotel
この辺りでは一番大きなホテルのようです。

そして高台から見渡せるシリアン湖は最高の眺めです。


b0119705_5563839.jpg


あいにく到着した時に雨が降り始めたので、止むなく散歩は諦め窓からの景色を暫し楽しんでおりました。

b0119705_5571543.jpg

歴史を感じるインテリア

b0119705_6445397.jpg

フロントにはこんな古い自転車も飾ってありました。
が、
ロビーの画像がなぜかない ( ̄Д ̄;;

そして
至る所にペイントされているクルビッツ模様!

b0119705_5573863.jpg


上段左:レストランの天井 右:古い郵便箱
下段左:ホテル内のドア 右:別館のホテルルームのドアについた明り取りのガラス。

このホテルの建物は1917年に建築され、その後持ち主が変わり
1947年からホテルとして開業しているそうです。


私たちが泊まったのはこちらの別館

b0119705_5564869.jpg


カールラーションインテリアの部屋や、カールラーション風の可愛い二階建てベッド付きファミリールームもあるようです。

冬場はスキーを楽しむ宿としても人気があるようです。
白銀の世界もまた幻想的で素敵だろうな……。


明日はお食事です。

お楽しみに!
[PR]
by roriecocco | 2012-07-26 06:11 | | Trackback | Comments(2)