rieさんちの北欧姦し生活
roriecocco.exblog.jp

しばらくはスウェーデンから少し離れて日本から発信します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
link
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
RIEKOさま H..
by jinko at 12:10
お帰りなさ~い!(^^)..
by チャッピー at 13:44
〉チャッピーさん また..
by roriecocco at 12:08
〉naotanさん 帰..
by roriecocco at 12:06
いよいよ、ですね。スウェ..
by チャッピー at 18:01
わーわーお帰りなさい、が..
by naotan at 17:58
*Cindraさん そ..
by roriecocco at 17:25
SandsoppはSte..
by Cindra at 03:26
*Chindra さん ..
by roriecocco at 15:54
Sandsoppは乾燥さ..
by Cindra at 14:44
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
姫と王子が 横浜へ・・・..
from 仙台ダイアリー。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
GastrologikとSpeceriet
b0119705_16441347.jpg

こちらはオープンして2年になるレストランGastrologik(ガストロロギーク)
素材にこだわって、近郊農家から取り寄せたオーガニック食材を丁寧に料理してくれます。
その日一番いいものを仕入れるということで決まったメニューがないようです。。。

そういうのって、どうも気軽に入りにくい…
ですよねー。
そのうえ予約でいっぱいだそう…。

でも大丈夫!
昨年、隣接して、ビストロ風カジュアルレストランSpeceriet(スペセリエット)がオープンしました。
こちらはちょっと狭いですが、予約なしで入れます。


こちらはレストランgastrologikのほうです。
b0119705_16442016.jpg

Östermalmエステルマルムの一角軍事博物館のすぐそばにあります。
Nybrokajenニーブロカイエンからも歩いてすぐ。

b0119705_16442641.jpg

洗練された北欧らしいインテリアが素敵です!
ちょっと温かみに欠ける?
う〜ん、私はこういうの好きだな。。。

b0119705_16442915.jpg


b0119705_16443892.jpg

実は私、こちらでお食事したことがありません。。。
で、お高いレストランはいつものランチ。


こちらがビストロ・スペセリエットのほうです。
b0119705_1645821.jpg

鯖のグリル
温野菜のうえにど〜んと北欧の鯖半身が乗っているので、
結構お腹いっぱいになります。

b0119705_16451540.jpg

グリルチキン
こちらも若鶏、真っ二つに切った半分、そのまま乗ってます〜。
ビジュアルもなかなかな迫力で、がっつり頂けるランチです。

ランチのメニューは少ないのですが、満足の味と質と量。
お薦めレストランです!

店内にはオリジナルの食品も売られています。
お野菜やお肉類があったりもします。
b0119705_16451089.jpg



*****レストランの情報******

gastrologik

住所
Artillerigatan 14
11451 Stockholm
08-662 30 60
info@gastrologik.se
http://www.gastrologik.se/

火〜土 19時〜午前1時


SPECERIET

住所はgastrolokgikと同じ

ランチ
火〜金 11:30 - 14:oo

ディナー
月〜日 17:00 - 22:00





今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
# by roriecocco | 2013-09-03 06:46 | Restaurant & Café | Trackback | Comments(0)
この夏話題のレストラン OAXEN
b0119705_6323444.jpg

Oaxen(オアクセン)島にあった予約がなかなか取れないと言われた
人気レストラン"OAXEN"


2年前に閉店したあと、Södermalm(セーデルマルム)のMaria torget(マリアトリエット)にデリカテッセンのお店Skafferiをオープンしたのが一昨年の冬。
そして今年の夏、やっとDjurgården(ユールゴーデン)にレストランがオープンしました!


b0119705_6324228.jpg

ロケーションは最高!
ストックホルムならではの海辺に建つレストランです。
b0119705_6322216.jpg

船の倉庫らしき建物にあったインテリアは、そこから見える景色に溶け込んでいて、これがまた素敵です!

b0119705_6323741.jpg

こちらはエントランス
矢印が可愛い!

こちらは気軽に入れるビストロ風のレストランSLIPのほうです。


b0119705_632395.jpg

高い天井からぶら下がっているカヌーやヨット
b0119705_6323281.jpg

古い劇場の椅子も…
b0119705_6323080.jpg

照明器具も
素敵です!


ビストロSLIPのほうでは
数人で分け合いながら頂けるようになっています。
b0119705_6322415.jpg

ランチメニューも豊富です。
お薦めはやはりソーセージ等お肉料理ですが、シーフードも美味しいそうですよ。
b0119705_6322777.jpg

この日私たちが注文したのは子牛のクリームシチューでした。
お箸で崩れそうなくらい柔らかい(お箸はおいてありませんが…)しっとりと、なんとも美味しいお肉でした。

b0119705_6324474.jpg

夏期は海に面したテラス席は最高に気持がよさそう。

冬場は雪に覆われ、それはそれでまた素敵な景色を楽しみながらお食事できそうですね。

ビストロとはいえ、お安くないお値段ですが…
KROGのほうは更にお値段が上がって、
ちょっと特別な時にしか行けない、トップクラスのレストランです。

いつか行ってみたいけど…


ということで、今回は友人たちが、ストックホルムを離れる私の為にアレンジしてくれた、おそらく最後になるだろうちょっと豪華なランチ会でした。


ストックホルムもこの数年でびっくりする程お洒落なレストランが増えました。
まだまだ行っていないレストランがいっぱいだけど…
また今度来た時の楽しみに取っておきましょう。

あともう少し、素敵なレストランの紹介できるかな・・・・?


OAXENの情報

住所
Oaxen Krog & Slip
Beckholmsvägen 26
115 21 Stockholm
+46(0)8 551 531 05
info@oaxen.com

*地下鉄中央駅セルゲル広場地上階から
トラムDjurgården(ユールゴーデン)行きに乗り、Skansen(スカンセン)下車
徒歩2分

map


営業時間
SLIP
ランチ
火〜金 12:00-14:00

ブランチ
土 & 日 12:00-14:30*

ディナー
火〜金  17:00-21:30*
日〜月 17:00-21:00*


KROG
火〜土  18:00-21:00

10品コースのラストオーダー 20:00




今日もこちらから応援のクリックをよろしくね☟☟☟☟☟

ファイブスタイル ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへb0119705_755736.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
[PR]
# by roriecocco | 2013-08-30 07:56 | Restaurant & Café | Trackback | Comments(0)
Jean Paul Gaultier展
b0119705_203966.jpg

マドンナの衣装、尖りおっぱいのコルセット衣装でも有名なファッションデザイナー
ジャン・ポール・ゴルティエ展です。


b0119705_20383983.jpg



エントランスの展示ブースは話題のプロジェクションマッピングを使用
b0119705_20384475.jpg

不思議な空間になっています。
b0119705_20392564.jpg

b0119705_20384920.jpg

プロジェクトマッピングがどういうものかご覧になりたい方は
こちらでもっと観れます。




そして、
お馴染みのコルセット衣装には
ゴルティエの特別な思想がこめられているのです。
b0119705_20393264.jpg

象徴的なフレグランスのボトル


パンクファッションもひとつのテーマですが、
そこにもこだわりがあり、ゴルティエらしさを感じます。
b0119705_20393589.jpg




もうひとつ、びっくりしたのは彼のファッションイラストの上手さ。
70年から80年代に活躍したアントニオ・ロペスを思わせるタッチのイラストでした。


b0119705_2039169.jpg



それから、
一見、大胆なプリントに見える生地も実は…
繊細な手仕事の業でした!
b0119705_20393779.jpg

驚く程の数のビーズやスパンコールが縫い付けられてあります。
洋服に施されたこれらの手仕事は数百時間、数千時間もかかるそうです。

ファッション誌や、キャットウォークの動画では見れない細かいディテールが思う存分に至近距離で観察出来ます。
b0119705_20395182.jpg




Absolut Vodka の広告用衣装等
スウェーデンからインスピレーションを得た作品もあります。
b0119705_2040693.jpg


そして今年スウェーデンで開催されたユーロビジョン・ソングコンテストのフィナールで、総合司会を努めたPetra(ペトラ)が着た衣装も公開されています。
b0119705_22251697.jpg



レース、チュール、スパンコール、ビーズ、羽根、
どれも乙女心をくすぐる乙女チックな素材だけど、
そんな素材で、女性の力強いパワーを表現した洋服がゴルチェの作品。


そしてなによりも驚いたのは彼の原点
b0119705_20391244.jpg

7歳(だったかな?)の時に作った、
熊のぬいぐるみにつけた最初のコルセットの作品。
ゴルティエデビュー作!
祖母のクロゼットから見つけた古い女性のコルセットが、その後も彼の原点になったのですね。

彼の才能がすでに幼い頃に芽生えていて祖母がそれに気付いていたというのも凄いです。

アーキテクトムミュージアムでは子供用に
自由に洋服を制作できるブースが準備されていました。

子どもたちにも、普段からアートを身近に感じさせるよう、イベントが考えられているのは
いつも感心させられる美術館企画です。
とくに夏休みや長い休暇の時期にはどこの美術館博物館でもあります。

見どころ満載で今ストックホルムでイチオシの展覧会ですよ。

ゴルティエ展はStockholm Arkitektur Museet建築博物館で、9月22日まで開催中です。

*入場料に含まれた無料の展覧会ガイドは木曜日(英語)と日曜日(スウェーデン語)に実施中。

この展覧会は世界色々な所を回る予定だそうです。
Petraが着た衣装とスウェーデン関連の展示は、ここだけの展示だそうです。

日本での開催の予定はきいていませんが、きっとあるでしょうね。
その際は日本の皆さん、お見逃しなく〜
[PR]
# by roriecocco | 2013-08-22 20:14 | fashion | Trackback | Comments(2)
憧れのファッションイラストレーターの展示
b0119705_1151669.jpg

ファッション全盛期の80年代から変わりなく活躍し続ける
ファッションイラストレーター、マッツ・グスタフソン Mats Gustafsonの展覧会は、Millesgården ミーレスゴーデン美術館のKonsthallenアートホールにて開催中です。

b0119705_1152460.jpg

日本でもお馴染みのスウェーデン、ファッションブランドH&Mでの
初期の仕事も見れます。
タイトル文字は見覚えのある筆跡でしょ?!
そう、H&Mの手書きのロゴタイプも彼の作品のひとつです。

b0119705_1152763.jpg

開場はこんな感じ

b0119705_1153045.jpg

やっぱり、エレガントなファッション全盛期は今でも大好き!

b0119705_1153365.jpg

切り絵の作品もありました。
どれも無駄のないシンプルな形と線と色。。。

それが北欧らしさなのかもしれない。

b0119705_154457.jpg

Elleや Vogueなどのファッション誌は、洋服への興味も深かったけれど、
そのなかのイラストが欲しくて買った事も度々。


今回の展示ではクリエーターの似顔絵や身近な人の似顔絵もありました。
b0119705_117111.jpg


数年前からは岩や石、木や白鳥などの自然のモチーフをテーマに描いていらっしゃいます。残念ながら私はいけなかったのですが、日本でも昨年こちらで展覧会がおこなわれました。

『侘び寂び』の心が通じるアーティストではないかと、強く思います。


おしゃれな気持や感覚が随分鈍ってきたような…
ちょっと引き締めてみたくなったり…
またファッションイラストが描きたくなったり…

やっぱり刺激された展示でした。

この美術館は彫刻家であったMillesのアトリエと広い庭のある個人宅であったそうです。

b0119705_154885.jpg


前回は真冬の写真展を観に行きました。
その様子はこちら

この美術館は彫刻の美術館としても有名。
今回はあいにくのお天気と時間がなかったので…
画像がありませんが、
冬の景色はこちらでどうぞ!



お天気のよい日は彫刻に囲まれた庭でゆっくりランチを味わうのもいいですね。
ちょっと時間のあるかたには、お薦めの癒し系スポットです。

マッツ・グスタフソンの展示は9月22日まで

住所: Herserudsvägen 32, 181 34 Lidingö
電話:08-446 75 80
営業時間:
5月1日〜9月30日 毎日11:00〜17:00
10月1日〜4月30日 火〜日 11:00〜17:00
*クリスマスイブは休館

交通機関
地下鉄レッドラインRopsten行きで終点まで
バス201,202,204,205,206でTorsviks torgまで、その先は徒歩。
または207のバスでMillesgårdenまで。

地図

FB
[PR]
# by roriecocco | 2013-08-17 03:07 | culture | Trackback | Comments(0)
夏のご挨拶
b0119705_721354.jpg


日本の皆様
暑中お見舞い申し上げます。

暑さがさらに厳しい日々だと聞いております。
どうぞお体にお気をつけおすごしくださいませ。

こちらは数年ぶりに素晴らしかった夏も、そろそろ終盤の気配がしてまいりました。
後もう一週ぐらい、暑さがぶり返してくれるのでは…
という密かな期待を持ってはいるのですが。。。

只今帰国を控え身辺整理の真っ最中。
それでも…
残り少ない日々を充分楽しみたいと思います。

そして、もう少し(いえ、出来る限り)
Stockholmの素敵な所を紹介しますので、ご期待ください〜。
[PR]
# by roriecocco | 2013-08-10 07:23 | グリーティング | Trackback | Comments(4)
ザリガニ食べよ〜
b0119705_20465984.jpg

Kräftskiva(クレフトフィーヴァ)

8月7日は今年のザリガニパーティー、Kräftskivaの日です。

ザリガニ漁が規制されていた頃、毎年8月の最初の水曜日が解禁日だったそうです。
1994年には規制も解けたのですが、この日を記念日として
『ザリガニパーティー』を開きます。

Kräftはスウェーデン語でザリガニ、skivaは宴の意味です。
つまりザリガニを食って、飲んで騒ぐというわけ!

この宴では勿論ザリガニがメインで、他にはチーズのパイやサラダ類のみ
後はアルコール度の高いスナップス、アクアビットというお酒を飲みます。

白夜の夜もそろそろ終盤になるこの頃は9時くらいから薄暗くなり、
不気味な顔の絵が書かれたスウェーデン風提灯が庭やバルコニーに掲げられ
そろそろ終わる夏を惜しむ感じでちょうどいい雰囲気になるのです。

数年前に娘のお友達が来たときには、わが家でもこういう感じで頂きました。

家ではザリガニ好きもいなく、あまりこういうお祭りはしないのですが、
今日はHaskräftor海のザリガニという、もう少し海老に近いものでお祝いでもしますか。。。
[PR]
# by roriecocco | 2013-08-07 21:22 | culture | Trackback | Comments(4)
ガーデンカフェでFika!
b0119705_9402945.jpg

夏のお薦めガーデンカフェ
Zetas trädgårds kafé(セータス・トレーゴーズカフェ)


びっくりするくらいたくさんの種類の花や樹木が売られている
ガーデンブテックZetasの一角に
ひっそりと、おされーな佇まいのカフェがあります。

まるで自宅の庭にいるようにのんびりと時間を過ごせるスペースは
アパート暮らしの者には嬉しいものです。
夏のお天気の良い日には、最高!

そこで…あるお天気の良い日、
私も友人と行って来ました!

カフェ特製のランチもありますが、
この日は結局、やっぱり。。。Fikaする事に。

手づくりのケーキ類やクッキー類が並んでいるなかからひとつだけ選ぶっていうのも至難の技。
いつものように友人と分け合おうと、別々に選んだケーキがこちら!
b0119705_7495330.jpg

ナッツがいっぱいのったケーキ+バニラソース

と、
b0119705_7495640.jpg

ベリーのタルト+バニラソース

両方ともホイップクリームとバニラソースのどちらかを選べます。
ケーキがかなり甘めなので、ホイップクリームを選んだほうが良いかもしれません。
スウェーデンのホイップクリームはほとんどの場合、お砂糖が入っていません!


カフェの建物は一見、日本風の建物にも見えました。
b0119705_7494273.jpg


植物類は広い敷地の中で種類ごとのコーナーで売られていますが、
ブテックの建物の中にも、素敵な備品や鉢植えが売られています。
b0119705_7494696.jpg


大好きなクレマチスと、
敷地内の小さな池に植えられた蓮の花。

やっぱりちょっと和風なところ、感じました。
モネも好きだった日本庭園って、ヨーロッパの人にも人気があるようですね。
b0119705_7495020.jpg


この夏ストックホルムを訪れる方。
IKEA Kungens Kurva からも近いですから、少し足をのばして
FIKAするのもいいのでは?


Zetas trädgårds kafé(セータス・トレーゴーズカフェ)の情報

CAFÉの営業時間

Vardag kl 10.00 - 16.30
Lördag kl 10.00 - 15.30
Söndag kl 10.00 - 15.30


住所&連絡先

Blombacken 2
(G:a Södertäljev. 194)
141 70 Segeltorp
Kungens Kurva

Tel: 08-646 03 91
e-mail: info@zetas.se


交通機関

バス (buss) Fruängen(フルーエンゲン)から 707 、173番
バス( buss)  Skärholmen(シェールホルメン)から  707、173 、 710番
停留所 buss 707 och 710: Juringe Allé(ユーリンゲ アレー)
停留所 buss 173: Jägerhorns Väg(イェーイェルホーンシュ ヴェーグ)

地図はこちら

IKEA Kungens Kurva から歩いて行けますよ〜!
[PR]
# by roriecocco | 2013-08-05 08:50 | Restaurant & Café | Trackback | Comments(0)
Ska vi fika?
b0119705_2310456.jpg

Fika(フィーカ)とは…

スウェーデン語のコーヒータイムのこと。

そして、Ska vi fika? (スカヴィ フィーカ)というと
「お茶しな〜い?」ということになります。

もう、何回も説明したかもしれませんが・・・

それに、北欧ブームがしっかり定着した日本でも
時々目にすることがありますよね。


この素敵なカップは、お馴染みのBerså
日本では「ベルサ」でとおっていますが…実は「ベルショー」と発音します。
スウェーデンの老舗窯Gustavsberg(グスタフスベリー)のヴィンテージのコーヒーカップ。
Stig Lindberg(スティーグ・リンドベリー)
によるデザインで1961〜1974年に製造されたものです。

因みに友人宅でのFikaです。
私はまだ持っていません。。。



ここスウェーデンでは食事よりもこのFikaのほうが食文化の中で占める割合が大きいような気もします。
お料理をあまりしない人でも、お菓子やパンはよく焼くという人も多いくらいだから…。

まあ、そういう文化の中にいると、
当然Fikaもし、甘いものもついつい口にしてしまいます…汗。


で、言い訳から始まりますが…
ここのところ暫くお菓子も作っていなかったので、
久しぶりに友人と一緒にシュークリームを作りました。

今回はスウェーデンスウィーツでなくてすみません。。。


b0119705_23101637.jpg

生地をかき混ぜるのはかなりパワーも必要で、大変すが…
こんなに綺麗に焼けると、ちょっと嬉しくなりますね。

b0119705_23102342.jpg


そして、季節のフルーツ甘酸っぱいイチゴをいれると
甘さと酸っぱさの具合がちょうど良く、大満足のシュークリームに出来上がりました!

b0119705_23101957.jpg


こちらのレシピでばっちりです!


さて、次回は外Fikaのお話ですよ〜。
[PR]
# by roriecocco | 2013-07-24 06:59 | culture | Trackback | Comments(2)
最近の週末の楽しみ・・・
b0119705_9571456.jpg

そう、Loppisです!

夏になるとあちらこちらで週末の蚤の市が開催されます。
スウェーデン語でこの蚤の市を"Loppis"(ロッピス)といいます。

日本では随分前からスウェーデンブームでのヴィンテージの家具や食器は大人気ですね。
ここスウェーデンでも、2年前に雑誌RETROが発刊され、その頃からさらにこのレトロ熱が急上昇している気がします。

b0119705_10205875.jpg

最近では、そうそう掘り出しモノに出会ううことは少なくなりましたが、それでも見たこともない可愛いものたちをとおし、暫しその昔にタイムスリップするのも楽しいものです。

b0119705_9574549.jpg

ここはHötorget(フュートリエット)に続くく街中の新しいスポット、
Blasieholmstorg(ブラジエホルムストリー)のロッピスです。
場所はKungsträdgården(クングストレーゴーデン/王立公園)のすぐ近く、ブルーラインのKungsträdgården駅の出口からすぐのところで、夏の間、毎週土曜に開催されます。


それからもうひとつ、今年初めて行った大きなロッピスはこちら。

ストックホルム郊外Täby(テーヴィー)で開催されるTäby gallop
夏の間の週末に行なわれる規模の大きなロッピスです。
ここはスカンジナビアで最大の競馬場だそうで、
なるほど、納得のいく駐車場の広さです。

b0119705_10234565.jpg

その広い敷地の一部で、
ご覧のとおり車のトランクを開けて店開き!
ドライブインロッピスです。
Baklucke Loppis/バックハッチロッピスとも言われています。

お天気の良い夏の日の週末を過ごすにはには最高の場所です。


さて、今回も。。。
引っ越しを控え
泣く泣く諦めた『と〜っても欲しかったもの』をご紹介。


まずは
b0119705_10215348.jpg

ずっと前から欲しいな…って思ってた、フースクウォーナ製(スウェーデン)の50年代のミシン。
だが、1000krとはちとお高いのでは?


そして春のロッピスでも見つけたArla(アーラ社)の木製貯金箱。
b0119705_10215616.jpg

少し剥げた色の具合と木の温もりが可愛いんだけど、
こちらも400krとか。高すぎですねぇ。。。

調べてみたら、ネットオークションではかなりお安い値段で始まっているのですが…
それもつり上げられていくのでしょうか?


それから人気のGustavsberg(グスタフスベリー)製の陶器
b0119705_10215971.jpg

こちらはStig Lindberg(スティーグ・リンドベリー)の
H55シリーズ "Domino" の灰皿。
1955年にスウェーデンの都市ヘルシンボリーで開催されたヘルシンボリー国際博覧会出店のために制作されたもの。
う〜ん、なかなか私の好みなんだな。。。

こちらは250krだから、もしかしてお買い得だったかも…


そしてまた機械好きの私の目に留まったもの。
b0119705_1022329.jpg

キャンプ用ガスコンロ。
黄色い色がなんともキッチュ!


キッチン用品は、これまたすぐに手が出ちゃうアイテム。
危ない、危ない…
b0119705_1022615.jpg

vaffel järn(ワッフェル・ヤーン) ワッフルを焼く鉄製フォルム。

昔からスウェーデンのワッフルはハート形に焼けるようです。
古い電気製のワッフル器も可愛いんだけど、ちょっとかさばるし、
こっちのほうが可愛いかもと思えてきた1品。
鋳物とあって、どっしりと重いので…諦めました。。。

でも、やっぱり欲しかったかな ( ̄□ ̄;)!!

だって、たったの50krだったから・・・

こんなのでワッフルを焼いたら、さぞカリカリでサクサクの美味しいのができるんだろうなぁ。

こちらのワッフル・ヤーンは一緒に行った友人が購入。
で、そのうち後馳走になります!

ということで、ほぼ見るだけロッピスで終わったこの週末でしたが
楽しかった〜。


そしておまけの画像

大抵こういうロッピスでは手書き文字の看板があります。
b0119705_10212038.jpg

左側は愛犬用Bar だそうです。
喉が渇いたら、こちらで潤してくださいって。
愛犬を連れて外出する機会が多いスウェーデンでは結構見かけます。

そういえば25度以上にも気温が上がり晴天だったこの日、トランクでおりこうさんでいたワンちゃんたちがハァハァ言ってました。


みんなちゃんとお水もらえたのかな…


もうひとつのおまけ!
b0119705_7221691.jpg

ロッピスに来ていたお客さんの車ですが
1930年代のフォード車がピッカピカで驚きました!
[PR]
# by roriecocco | 2013-07-15 10:25 | デザイン | Trackback | Comments(1)
真夏の自家製 Fläderblom soda
b0119705_551860.jpg

昨日に引き続き今日も信じられない暑さの一日でした。

そんなときには…

そうそう、先日仕込んでおいたアレがあった〜!

ニワトコの花の濃縮ジュースです。
Fläderblom フレーデル・ブロームとは、スウェーデン語でニワトコの花のこと。

一昨年はいっぱい作ったのにイマイチだったのか、あまり消費されないままで、
少々、めげてしまい…昨年は作りませんでした。
そこで、今年は再度別レシピで挑戦しました!

因みに、一昨年のはこちら

先ずは、ニワトコのお花を15輪(っていうのかな?)ほど
b0119705_552444.jpg

今年も、
ニワトコのお花はお散歩途中にその辺で頂いてきました〜。

お家にこの木が無い人は結構こうして取っているようで、
どの木も下のほうの手の届くところのお花は少なくなっています。

お花に虫がついていることがあるので、良くふるい落とし
お水で綺麗に洗います。
ザルにあげ、水気がきれたら
b0119705_552626.jpg

輪切りにしたレモンとレモンの皮1個分と
b0119705_553571.jpg

ニワトコの花を一緒にボウルに入れ待機します。

b0119705_553020.jpg

皮の部分も使うので、
エコロジーな無農薬なものを使用したほうがいいでしょう。
それでも、綺麗に皮は洗ってくださいね。

鍋に0.5ℓのお水と5.5dℓのお砂糖を入れ沸かし、

それを
b0119705_554350.jpg

さっきのボウルに注ぎ込みます。
少し冷めたらレモン汁1個分も入れ、
後は冷蔵庫で3日程寝かせて出来上り!

冷蔵庫から出し時々混ぜてあげると、なお良いでしょう。











b0119705_554040.jpg

さあ、出来上がりました!
これを布巾で濾します。
b0119705_55486.jpg

布巾がなければ、キッチンペーパーでも大丈夫!

熱湯で消毒した容器に入れ、冷蔵庫で保管。
小分けにして冷凍すればもっと長持ちしますよ。

この量だと1ℓ弱なので、今年は飲み干しそうです。

今日はサッパリとソーダマシーンを使って
自家製ニワトコのソーダ水を作りました。
b0119705_555192.jpg

シュワ、シュワ〜っとサッパリ!
28度まで温度が上がった今日のストックホルム。
さわやかなソーダーでクールダウンできました。

今年のは成功したようです!
[PR]
# by roriecocco | 2013-07-08 05:57 | food | Trackback | Comments(0)